スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2017「CANYON AEROAD CF SLX DISC」 満を持してディスク化を遂げたエアロロードの雄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのバイクブランド「CANYON」(キャニオン)は、ロードバイクのエアロード、アルティメット、エンデュレースの全3シリーズに、ディスクブレーキ搭載モデルを一挙投入し揃えた。今回試乗した「AEROAD CF SLX DISC 8.0」(エアロード CF SLX ディスク 8.0)は、エアロダイナミクスに優れたエアロードフレームをアルテグラとディスクブレーキ、そしてレイノルズのフルカーボンディープリムホイールを装備した、エアロロードとしては万全の好スペックモデルだ。

「CANYON AEROAD CF SLX DISC 8.0」(キャニオン エアロード CF SLX ディスク 8.0) Photo: Masami SATOU

CANYON AEROAD CF SLX DISC 8.0(キャニオン エアロード CF SLX ディスク 8.0)
価格:459,000円(完成車、税抜)※配送費用別途
サイズ:2XS、XS、S、M、L、XL、2XL
カラー:STEALTH – ASPHALT GREY、CHERRY PEPPER
問い合わせ先:キャニオン・ジャパン https://www.canyon.com/ja/

スペック

フレーム:CANYON AEROAD CF SLX DISC R50
フォーク:CANYON AEROBLADE SLX DISC F41
変速機:シマノ・アルテグラ(F)&(R)
ギヤ:シマノ・アルテグラ 52×36T、11-28T(11s)
ホイール:レイノルズ・ストライク ディスクブレーキ CL
重量:7.75kg(Sサイズ完成車)

多くの実績を重ねた空力性能に長けたエアロードのフレーム。このモデルはハンドル&ステムは一体型ではなくノーマル仕様だ Photo: Masami SATOU
クリアランスを広く取ったリアトライアングル。シートチューブはカウル状にタイヤに迫る Photo: Masami SATOU
前後共に12mmスルーアクスルとフラットマウント式キャリパーを採用。繊細なブレーキコントロールを可能とした Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 デビューから度々試乗してきたエアロードですが、ついにディスクブレーキ搭載となりました。

米山 うん。ロードラインナップ全体にディスクブレーキ搭載モデルが投入されて、エアロードも例外なくディスク化された。試乗車も鮮やかなレッドだけど、ブラックと組み合わせて、硬質なイメージにまとめられている。キャニオンは長らくロゴを読むのも困難な真っ黒バイクというイメージだったが、最近はカラーバリエーションも多くなってきたよね。

松尾 そうですね。ブランド全体が良い進化をしている印象です。さて、エアロードの乗り味ですが、フレーム自体はさほど変わらず、縦剛性高めというイメージでした。ディスク化によってスルーアクスルになるので、足元の硬さは目立ちます。リーチやスタックは変更点無く、ジオメトリーをディスク用に変えたとのことですが、前回「エアロード」をインプレした時の「フロントフォークのフロントセンター値が長いセッティング」に似ているフィーリングでした。

米山 ほう、なるほど。安定した走りをみせるスピード系ロードだよね。

松尾 スタビリティはノーマルのエアロードに比べると上げていますね。安定感が高く、路面を這うように加速します。荒れた路面でハンドリング、ブレーキングに真価を発揮しそうですね。

米山 とはいえ、スピード系であることは確か。ダンシングよりはシッティング中心で回していく感覚。このカッチリした走りが個人的には好みだ。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 安定志向に振ってきていますが、あくまでレーシングバイクのくくりですね! それとこのモデルにアッセンブルされたホイールの性能がマッチしていて、上りも軽快でした。リム高めのカーボンクリンチャーなのに走りが軽いです! 完成車として付属するのでお得ですね。

米山 レイノルズのホイールは、62mmのフルカーボンディープリムホイールで、チューブレス対応だって。スタートのタイヤがコンチネンタルのグランプリ4000SⅡと良品で、しかもフロントは23C、リヤは25Cというこだわりよう。そのうえ、チューブレスも使えるとなれば、さらに楽しみは広がっているね。

松尾 ええ。ディスクとフレームとの相性は良かったと思います。ディスク化に伴うエアロ性能の変化はわかりませんでしたが、走りのバランスは崩していません。バランスの整ったレーシングバイクですね。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

キャニオン バイクインプレッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載