スマートフォン版はこちら

サイクリスト

約1カ月の旅に30万円を支給ブルーノが世界自転車旅の応援企画「第2弾」募集 若者よ輪行で旅に出よ!

  • 一覧
(ダイアテック提供)

 旅をテーマとするスイスのバイクブランド「BRUNO」(ブルーノ)が、自転車で世界を旅する若者を応援する企画「BRUNOが応援する『旅』 〜世界の自転車旅をサポート〜 若者よ旅に出よ!」の第2弾をスタートする。応募者から2人を選考し、対象者は30万円の支給や旅に関するサポートを受けることができる。募集期間は3月19日 4⽉20⽇まで。

 同企画は第1弾を昨年実施。20歳の大学生、溝口哲也さんがブルーノのバイクで、ヨーロッパを5000km走る旅にチャレンジした。第1弾では2~3カ月の旅を行うことが条件だったが、今回は期間が約1カ月と短縮され、内容も輪行旅となったことから、女性を含む、より多くのサイクリストが応募できるものになった。

第1回企画でヨーロッパを旅した溝口哲也さん。マッターホルンをバックに Photo: Tetsuya MIZOGUCHI
ブルーノ 700C ツーリング ドロップ ワールドツアー(450mm)グレースブルー (ダイアテック提供)

 自転車での世界旅が初チャレンジの29歳までが対象。世界旅に対する想いをつづった作文と、自身が撮影した写真を添えて応募する。条件はブルーノのバイクで約1カ月間の海外自転車旅行を行い、旅のレポートを期間中毎週写真を添えて提出すること。

(左から)「PAPERSKY」編集長のルーカス B.Bさん、ファッションモデルの山下晃和さん、サイクルスポットの松田吉弘さん (ダイアテック提供)

 前回同様、モデルで旅サイクリストの山下晃和さん、地上で読む機内誌『PAPERSKY』編集長のルーカスB.Bさん、サイクルスポットの松田吉弘さんが監修を担当。バイクやウェアなどの装備や、世界旅に関してアドバイスをする。

募集概要

■募集期間:2017年3⽉19⽇(日)4月20日(木)まで
■サポート内容:
・30万円の支給
・自転車、ウェアなど装備に関するレクチャー / 旅についての相談などサポートあり
■エントリーについて:
・希望国と大まかなスケジュール記載
・世界旅に対する想い、どんな旅にしたいかの1000文字以内の作文の提出
・自身で撮影した5枚の写真を添付(自分を最も表現する写真・旅を連想する写真を3枚・自転車をすでに持っている方は、その自転車と風景を交えた写真)
※上記をメールにて応募
■応募条件:
・BRUNOバイクを使用した海外への自転車旅行
※自転車、装備品購入についてはサポートあり
・旅のレポートを毎週写真を添えて提出
※最終決定は、2017年3⽉26⽇(日)4月30日(日)
■対象者:
・29歳までの方
3月末~4月 6月から夏休み期間中に出発し(相談可)、約1ヶ月 旅の期間をとれる方
・自転車での世界旅が初チャレンジの方

※主催者の意向により、募集期間、対象者の最終決定日、世界旅の期間を訂正しました。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツーリング ブルーノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載