スマートフォン版はこちら

サイクリスト

国内外UCIレースに集中チームUKYOは今季Jプロツアー不出場 JBCFが2017年度登録チームを発表

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」。今年は3月18日に開幕する Photo: Ikki YONEYAMA

 国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」を運営する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が3月3日、2017シーズンのJプロツアー登録チームを発表した。全21チームが登録するが、昨シーズンの団体総合優勝チーム、元F1ドライバーの片山右京氏が率いる「チームUKYO」は、今シーズンはJプロツアーに出場しないことがわかった。

 チームUKYOはCyclistの取材に対し、JBCFへの登録を見送った理由として、今シーズンチームはUCI(国際自転車競技連合)のレースを中心に走ることを挙げた。昨シーズン、チームはUCIアジアツアーでチームランキング3位。このため日本とアジアの国際レースに多くの出場予定があり、合間にも欧州でレースに出場することから、現時点ですでに年間のレース予定日数が延べ100日を超えているという。

昨シーズン、2年連続の団体総合優勝に輝いたチームUKYOだが、今季はJプロツアーに参戦せず Photo: Ikki YONEYAMA

 このためスケジュールと選手・スタッフの稼働が厳しく、ディフェンディングチャンピオンとして万全の体制で国内ツアーに臨むことが困難と判断。JBCFとも協議を重ねてきたが、今シーズンのJプロツアーへのエントリーは残念ながら見送られることになった。

 チームUKYOの辞退を受け、チーム序列は宇都宮ブリッツェンが筆頭となる。なお昨シーズン個人総合優勝したホセビセンテ・トリビオ擁するマトリックスパワータグは、UCI登録名と異なる「仁義なきマトリックスパワータグ」での登録だが、JBCFによると正式な登録名称であるという。

 Jプロツアーは3月18日、栃木県で行われる「宇都宮クリテリウム」で開幕する。

2017年度Jプロツアー登録チーム

(チームNo. / チーム名)

【TOP-P】
00 / 宇都宮ブリッツェン
01 / 仁義なきマトリックスパワータグ
02 / シマノレーシング
03 / インタープロサイクリングアカデミー
04 / 愛三工業レーシングチーム
05 / 那須ブラーゼン
06 / シエルヴォ奈良 MIYATA-MERIDA レーシングチーム
07 / KINAN Cycling Team
08 / LEOMO Bellmare Racing team
09 / イナーメ信濃山形

【P】
10 / Honda 栃木
11 / VICTOIRE 広島
12 / ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
13 / ウォークライド・シクロアカデミア
14 / VC Fukuoka・サイクルフリーダム
15 / 東京ヴェントス
16 / 群馬グリフィン・レーシングチーム
17 / FIETS GROEN 日本ロボティクス
18 / なるしまフレンド レーシングチーム
19 / ACQUA TAMA EURO-WORKS
20 / エルドラード東北

関連記事

この記事のタグ

JPT2017・ニュース Jプロツアー2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載