スマートフォン版はこちら

サイクリスト

春先の防寒、紫外線対策にも花粉やホコリをブロック スポーツ用マスク「ナルーマスク」を試してみた

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 寒さや、紫外線、暖かくなってから飛び始める花粉に悩まされるサイクリストは少なくない。自転車やランニングなど、スポーツに特化したマスク「ナルーマスク」を紹介する。優れたストレッチ性と、密な繊維が生み出すフィルター効果は快適なサイクリングをするための力強い助っ人となりそうだ。

「F5s」は顎まで覆うタイプで、高密度フィルターが花粉をブロックする

優れたストレッチ性能で顔にフィット

ナルーマスク「X5s」

 メーカー側によると、同マスクは人間工学を用いて開発されたスポーツ専用のマスクで、どのモデルも非常に優れたストレッチ性能を持っているのが特長だ。装着すると顔の形にぴったり添い、余分な空間が生まれないため、搭載するフィルターの効果を十分に発揮することができるという。

 実際に両手で生地を引っ張ってみると、縦横どちらの方向にも倍以上伸ばすことができる。驚きの柔軟性だが、フィルター部分は伸びても裏地が透けづらく、繊維密度の高さを確認できた。

 着け心地は予想以上に良く、顔に当たる生地に細かい凹凸があるため、口の動きにも追従。会話もスムーズに行うことができた。今回試した「X5」、「X5s」、「F5s」はフィルターが前後にあるリバーシブルタイプで、トレーニングなどの状況に応じて選択が可能。例えば、花粉やホコリを防止したい場合は目が細かいフィルターを、また、虫を防止したり、激しいアクティビティを行う場合には目の粗いフィルター…といった具合だ。

 今回、着用して実走した場所は杉の木が生い茂り、色づいた花粉がたわわにぶら下がっていた。筆者は重い花粉症ではないが、見ているだけで鼻がムズムズする。しかし、涙や鼻水といったアレルギー症状がまったく現れなかったのはフィルターのお陰かもしれない。山道だったため負荷をかけてアグレッシブに走ったが、呼吸をほとんど阻害されなかったのも印象的だった。

「X5」は首を覆う長さがあり、冷気の進入を防ぐ  Photo: Naoi HIRASAWA
耳かけは激しい動きにも対応。アイウェアの弦も邪魔にならない。

 まだ肌寒い春先のシーズンには防寒対策として使用ができるうえ、日差しが強くなる季節にはUV対策としても機能する。繊維がフィルターの役目を果たしているため、洗濯して繰り返し使用可能なことも嬉しい。シーズン中、ナルーマスクがスポーツ専用マスクとして活躍する時期は長いだろう。

ナルーマスク「F5s」
税込価格:3200円
カラー:ブラック、ホワイト、ブルー、グレー
サイズ:フリーサイズ(20cmX10cm)

ナルーマスク「X5s」
税込価格:1980円
カラー:ブラック、ブラック/レッド、ブラック/イエロー、ブラック/ブルー、ホワイト
サイズ:フリーサイズ(20cmX10cm)

ナルーマスク「X5」
税込価格:2980円
カラー:ブラック、ブラック/レッド、ブラック/イエロー、ブラック/ブルー、ホワイト、ブラック/オレンジ
サイズ:フリーサイズ(20cmX23cm)

関連記事

この記事のタグ

サイクルウェア パーツ・アイテムインプレッション マスク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載