スマートフォン版はこちら

サイクリスト

多彩な150のブースが出展見て、乗って自転車の魅力発見 「埼玉サイクルエキスポ」が開幕

  • 一覧

 自転車グッズの展示や販売、最新自転車の試乗などを楽しめるイベント「埼玉サイクルエキスポ2017」が2月25日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで初日を迎え、会場は朝から活気に包まれた。自転車ブランドをはじめ約150のブースが出展され、ステージではサイクリスト向けの講座からスポーツ自転車に乗ったことのない人でも楽しめるトークショーまでさまざまなイベントを展開している。26日も午前9時から開かれる。

「埼玉サイクルエキスポ」は朝9時の開場から多くの来場者が集まった Photo: Naoi HIRASAWA
さいたまスーパーアリーナの周辺道路に設けられた試乗コース Photo: Naoi HIRASAWA

 トレックやスコットなどさまざまなバイクブランドが行っている試乗は、サイクルエキスポの目玉の一つ。来場者は次々と試乗コースへ飛び出し、ロードバイクやミニベロ、電動アシスト付きのスポーツバイクなどの乗り心地を楽しんだ。子供乗せの電動アシスト自転車などのシティサイクル専用コースも設けられ、安心して走行を体験できる。

各種ウェアやソックスなどの小物を販売するパールイズミ Photo: Naoi HIRASAWA
オージーケーカブトのブースに展示されたヘルメット Photo: Naoi HIRASAWA

 アリーナ内にはメインステージとワークショップステージが設けられ、さまざまなイベントを展開。メインステージでは、自転車だけでなく埼玉の魅力も発信するトークショーや、安全な自転車の乗り方を学べるステージなどが開かれている。

 また、国内外のサイクリストから人気を集めるしまなみ海道や、2016年に全日本選手権ロードレースを開催し自転車振興に取り組む伊豆大島など、サイクリングにおすすめのスポットを紹介する地方自治体などのブースも全国各地から集まり、コースの魅力を知ることができる。

チームUKYOの畑中勇介選手によるペダリング講座は多くの来場者が立ち見する盛況ぶり Photo: Naoi HIRASAWA
東京都・伊豆大島のブースでは「椿の女王」 Photo: Naoi HIRASAWA

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載