スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

猪野学の“坂バカ”奮闘記<9>「坂博士」が語る‟三名坂” 激坂界の頂点は「暗峠」!

  • 一覧

 俳優業を始めて、かれこれ20年が経過しようとしている。始めた頃はまさか俳優という肩書きの前に「坂バカ」が付く事になるとは思ってもみなかった。人生とは不思議なものだ。坂バカ俳優という仕事は俳優業のかたわら自転車で坂を上る仕事だ。日本で俳優になるには、俳優だと名乗れば誰でもなれる。フランスの様に国家資格が存在する訳ではない。坂が好きで俳優なら、誰でも坂バカ俳優になれるという事だ。そしてそれで飯を食って行ければ、プロの坂バカ俳優という訳だ。大先輩の火野正平さんは坂がお嫌いらしいので、今のところ私一人だけだろうか。

“坂博士”が認定する激坂界の頂点・暗峠!

坂バカ俳優博士?坂博士バカ俳優?

「乗鞍ガールズ」に挟まれてご満悦の筆者 今回のテーマとはあんまり関係ない

 そんなプロフェッショナル・坂バカ俳優な私は、これまでたくさんの坂を上って来た。坂のことを聞かれれば、かなりの確率で体験談をまぶして解説できると思う。もはや“坂博士”と言っても過言ではない。坂バカ俳優博士。坂博士バカ俳優…並べりゃいいというものではないが、肩書きが増えるのは良いことだ。

 さて、一言に『坂』と言っても色々ある。

 自然に癒やされ、とにかく気持ち良い坂。
 変化に富んで何度登っても飽きない坂。
 あっという間に心をポッキリ折られる超激坂。

 今回は坂博士の私がそれぞれのベスト1を厳選させて頂こう。

気持ちの良い坂・剣峠

「上っていて気持ち良い坂」剣峠。神秘的な雰囲気が漂う

 まず「上っていて気持ち良い坂」のベスト1は、私の故郷三重県は伊勢神宮に入り口がある「剣峠(つるぎとうげ)」だ。ここは特別だった。自然が豊かとか、マンナスイオンがいっぱいとか、そんなレベルではなくとにかく神秘的なのだ。まさに神が宿る坂。

 よく神社などに行くと境内に入った瞬間、空気が変わる感覚を味わった事がないだろうか? まさにあの厳かな空気が剣峠にはあり、上ると自分の中の、どうやったら楽に速くなれるだろうか?など愚かなドロドロした思考がどんどん浄化され、登頂する頃には仏様の様な心持ちになる。神的な体験が出来る坂だ。南側から上ると激坂、北側(伊勢神宮側)から上れば汚れた心も洗われて澄んだ気持ちになれる、2度おいしい坂でもある。ぜひ両側から体験してみてほしい。

ラーメンでいえば“全盛り”・乗鞍峠

「何度登っても飽きない坂」乗鞍。2016年の大会でフルコースをいただいた

 そして「何度上っても飽きない坂」は、ヒルクライムの甲子園「マウンテンサイクリングin乗鞍」の舞台として名高い「乗鞍エコーライン」だ。頂上決戦のイメージばかりが先行しがちだが、乗鞍ほど変化に富んだ面白い坂は滅多にない。

 富士スバルラインの様な緩斜面から始まり、鳥海山の様な森林区間を抜け、ふじあざみラインの様な激坂を越えればラルプ・デュエズの様なつづら折り、最後は渋峠の様な絶景区間…様々な名コースの要素が一つに凝縮されている。ラーメンでいったら“全部盛り”な坂だ。そして路線バスのバス停が個性的。休暇村、東大ヒュッテ口、三本滝、摩利支天、冷泉小屋前、位が原山荘、大雪渓。これらの名所を目安にタイム計測すると、ペース配分が作りやすいのも特徴だ。

上るのが怖い!超激坂・暗峠

暗峠への挑戦を前に表情も固い筆者

 そして極めつけ、私が今迄上った中で断トツに凄かった「超激坂」は、大阪の暗(くらがり)峠だ。

 ふじあざみライン(静岡)や子の権現(埼玉)なんて可愛いものだ。脳内勾配はあっという間に破壊され、20%が平地に思えて来る。最大勾配は41%。足を付かずに上るのは無理だと云われる。

 というのも暗峠の特長は勾配15%から始まり20%、30%、 40%と上がり続けるうえに、休み処が皆無なのだ。おまけに激坂特有の、自分のペダルを踏むトルクで前輪が浮いてしまう現象も起こる。撮影のモトバイクでさえ前輪が浮きそうになり、半分ぐらい撮影できなかった程だ。

 番組で特集した時は地元チーム「つうばいつう」の皆様と挑戦させていただいた。中でもチームの中川隆司さんは伊吹山、大台が原、Mt.富士ヒルクライムで優勝してる猛者!これは恥ずかしい走りはできない。足つきなんてもってのほかだ。「猪野さんは強がった割に足をついてた」なんて情報に、きっと尾ひれまで付いて、それが延々とこの「坂バカの聖地」で語り継がれる事になるのだ。

暗峠・序盤は緩斜面と言われるが…一体どこが緩いのかわからない

 何が何でも足を付かないと誓いスタート! いきなり15%の勾配がお出迎えだ。しかしこの先には、さらに倍以上の勾配が待ち受けている。一番軽いギアを1枚残し、坦々と踏む。すると先にスタートした地元チャリダーたちが早々に足を付き、歩いている。道幅も狭く切り抜けるのがやっとだ。何とか切り抜けたところで勾配は30%。ここで既に一番軽い29Tのギヤを使い切ってしまう。

 すると信じられない光景が。…対向車だ!

数々のヒルクライムレースを制してきた浪速の猛者・中川隆司さん

 暗峠は奈良県との県境を走る国道308号線。江戸時代の石畳が残るような歴史街道で、人も暮らしていれば普通に車の往来もある。私は運良く車を避けるスペースに恵まれ「屈辱の足つき」を免れたが、暗峠を足つき無しで制覇するには運も必要なのだ。

 何とか対向車を交わしたところで、新たな試練が現れた。後方スタートの猛者・中川さんに追い付かれてしまった。見ると自分より2枚も重いギヤをゴリゴリ踏み倒している。さすが優勝経験者だ。なんとか追いすがる。こうなれば恥も外聞もない。ヨダレだろうが鼻水だろうが、垂らしまくりでフルもがきだ。

 そしてそのまま最大の難関、魔の35%ヘアピンカーブへ突入する。

暗峠名物!勾配35%のヘアピンだ
暗峠挑戦中!恐怖と歓喜と苦痛がブレンドされた、この坂ならではの表情だ

 このヘアピンの内側の勾配が41%あると云われている。内側を通ったら1発でひっくり返される…カーブの外側を選ぶがそれでも勾配35%、浮き上がる前輪を上半身で必死に押さえ込み何とかクリア!

 しかし、泡を食ってる間に、猛者・中川さんははるか先に行ってしまった。これが本物の剛脚というやつなのか。壁の様な30%越えはまだまだ続く。なんだこれは。この道を作った奴はどこのどいつだ。なぜこれが国道なんだ。中川さんに置いていかれ、完全に心をヘシ折られた。もはや直進する事は不可能、蛇行しながら堪えて、ようやく超激坂区間を脱出する。

 ここからラスト1kmくらいは勾配が緩くなる。緩くなると言っても10%以上あるのだが、もはや10%は平地どころか下り坂ぐらいに思えるから不思議だ。折れた心が少しずつ回復してくる。

中川さんカメラが捉えた暗峠の筆者!この後あっという間にぶち抜かれた…

 すると、なんと前方に中川さんの姿が!

 重いギアを踏み倒し過ぎて脚が売り切れたか? 優勝経験者を狩るチャンスなんて滅多にない。ギヤをかけ一気に抜き去り心をヘシ折りにかかる。

 中川さんが「おぉっ速い!」と叫ぶ。チャンプから「速い!」という言葉を引き出した。私は録画したこのシーンを観ながら焼酎を呑むのが大好きだ。

最後はきっちり差をつけられてフィニッシュ!浪速の猛者・中川さんは強かった!

 しかし本気になった猛者・中川さんは半端ではなかった。あっという間にマクられる。何とか食らい付き最後まで競るものの、3秒差をつけられてゴールした。猛者からは「こんだけ登れたら表彰台いけるんちゃいます?」という御言葉を頂いた。
このシーンを観ながら焼酎を呑むのも大好きだ。

 バケモノ坂をやっつけ、チャンプからお誉めの御言葉。安堵と歓喜が入り交じる。上っていて「怖い」と思った坂は、後にも先にも暗峠だけだ。下りではなく、上りでスリルを味わえる…それが暗峠なのだった。

暗峠を何とか上り切り、健闘を称えあう筆者と中川さん

 私はこれから先、これ以上の激坂に出会えるとは思えない。もしあったら「坂博士」の肩書きを返上し、頭を丸めてもいい。いつの日かイタリアのゾンコランの様に、暗峠が世界の自転車乗りの名所になる事を切に願うのである。

(写真提供:NHK/テレコムスタッフ)

猪野 学猪野 学(いの・まなぶ)

俳優・声優。自転車情報番組NHK BS1『チャリダー☆』(毎週土曜18:00~18:25)にレギュラー出演し、「坂バカ俳優」という異名で人気を博す。自転車の他、空手やスキーなども特技とするスポーツマン。俳優として舞台や映画、ドラマなどで活躍する一方、映画『スパイダーマン』のトビー・マグワイアの声優としても知られる。ウェブサイト「マナブログⅡ

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

猪野学の“坂バカ”奮闘記

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載