スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクブランドや飲食のブースも新種目も注目の「シクロクロス東京2017」、お台場海浜公園で開幕

  • 一覧

 東京都心で2日間にわたって開かれる本格オフロードレース「シクロクロス東京2017」が2月11日午前、東京・台場のお台場海浜公園で開幕した。初日は冬の快晴に恵まれ、早朝から砂浜に面したコースを力強く駆け抜ける選手らに、詰めかけた観客から熱い声援が送られていた。

シクロクロス東京初日、スタートを切るC4カテゴリの選手ら Photo: Kenta SAWANOシクロクロス東京初日、スタートを切るC4カテゴリの選手ら Photo: Kenta SAWANO
コース上のフライオーバーで見事なエアを決める選手 Photo: Kenta SAWANOコース上のフライオーバーで見事なエアを決める選手 Photo: Kenta SAWANO

 前日まで砂浜だったお台場の海岸や、林の間を1年に一度走れる、シクロクロスファンが待ちに待ったイベント。レースに出ているサイクリストだけでなく、仲間も走って応援するなど、朝からビーチに歓声が響いた。

 初日はC1~C4と女性のCL2、マスターズ、ジュニアといったアマチュアカテゴリーの通常レースに加え、今年から登場した新種目「サンドスイッチエンデューロ」が開催される。2日目の12日は、小学生カテゴリーとエンデューロ、スポンサーレース、そして女子トップカテゴリーのCL1、プロ選手が集うエリート男子が予定されている。

新たに登場した後半のサンドエリア入口の土嚢を力強く乗り越える選手も Photo: Kenta SAWANO新たに登場した後半のサンドエリア入口の土嚢を力強く乗り越える選手も Photo: Kenta SAWANO
朝日に照らされ、林の中を駆け抜ける Photo: Kenta SAWANO朝日に照らされ、林の中を駆け抜ける Photo: Kenta SAWANO

 11日のレースは午後4時40分ごろまで行われる予定。12日は最初のレースが午前8時30分に始まり、女子のトップ選手が走るCL1クラスは午後0時45分から、エリート男子は午後1時40分から行われる。

サンドエリアで苦戦する選手らに、観客からは熱い声援が送られた Photo: Kenta SAWANOサンドエリアで苦戦する選手らに、観客からは熱い声援が送られた Photo: Kenta SAWANO

 会場には主催者のチャンピオンシステムをはじめバイクブランド、サイクルアパレルブランドなど自転車関連各社のブースが出店。大会オリジナルグッズなどを扱う店もあり、多くの客が訪れていた。シクロクロスにはお馴染みのビールなど飲食店も立ち並び、大会の賑わいを一層盛り上げていた。

シクロクロス東京で賑わう各メーカーのブース Photo: Kenta SAWANOシクロクロス東京で賑わう各メーカーのブース Photo: Kenta SAWANO

フォトギャラリー


関連記事

この記事のタグ

シクロクロス シクロクロス東京

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載