スマートフォン版はこちら

サイクリスト

東京都内中心にスタート、仙台市でもセブンイレブン店舗で自転車シェアリングサービス展開 6月末までに100店舗

  • 一覧
セブンイレブンの店舗で行う自転車シェアリングサービスのイメージ(セブン-イレブン・ジャパン提供)セブンイレブンの店舗で行う自転車シェアリングサービスのイメージ(セブン-イレブン・ジャパン提供)

 セブン-イレブン・ジャパンとNTTドコモ系のレンタサイクル会社「ドコモ・バイクシェア」(東京都墨田区)は2月8日、共同事業を展開すると発表した。6月末までにセブンイレブン100店舗で自転車500台のシェアリングサービスを行う。東京都内の店舗が中心だが、仙台市の一部店舗でも展開する。

 両社はまず都内2店舗でサービスを開始した。

 ドコモは都内でシェアリングサービスを運営しており、200カ所以上のサイクルポートを設置し、2500台以上の自転車を稼働している。セブンイレブンの店舗でも自転車の貸し出し、返却が可能となる。ドコモはセブンイレブンと組むことで、サービス拠点を拡大する。

 サービス料金は1回当たり30分150円から。1日パスや月額会員制度もある。

 ロンドンやパリなど海外の主要都市では観光客向けの自転車のシェアリングサービスが充実している。両社では訪日外国人客向けのサービスに力を入れる。

産経ニュースより)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載