スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

産経ネットショップ都内メッセンジャーも快適さ実感 股間のポジション安定させる「ラシュバン」発売

  • 一覧
3D分離型で、フィット感と快適性を両立したLASHEVAN(ラシュバン)。モデル(身長182cm・体重75kg・ウエスト76cm)はMサイズを着用 Photo: Shusaku MATSUO

 画期的な構造で男性の局部のムレを抑え、脚の稼動域を広げるメンズアンダーウェア「LASHEVAN」(ラシュバン)を産経ネットショップが発売しました。サイクリストにもお勧めで、自転車に携わる「T-serv」のメッセンジャーに使ってもらったところ「股の快適性が上がった」といった声が寄せられました。意外性のあるおしゃれなパッケージは、男性向けプレゼントにもぴったりです。

 ラシュバンの最大の特徴はそのユニークな3D分離構造。男性局部にあわせた膨らみがあり、陰茎、陰嚢、左右の太もも部分がウェア内で上下左右に自然に分離し、センターに収まります。サイクリングのペダリング時にも高いホールド力を実現し、脚の動きを妨げません。

 素材は「テンセル」を使用。素材はユーカリ由来で、バクテリアの増殖を抑える効果があります。匂いやムレを防ぎ、フレッシュな履き心地を実現。特に前面には強力な消臭効果があるデオテック消臭糸を採用し、クリーンな環境を持続させます。

長い日は12時間のライドも

メッセンジャー会社「T-serv」の皆さんにラシュバンを毎日履いてもらった Photo: Shusaku MATSUOメッセンジャー会社「T-serv」の皆さんにラシュバンを毎日履いてもらった Photo: Shusaku MATSUO

 T-servは東京都心部を中心に活躍するメッセンジャー会社で、自転車・スクーターで重要書類などを迅速、確実に届ける業務を展開しています。酷暑でも雨が降っても自転車に乗り続ける過酷な環境です。長時間の運動によるムレや臭いは極力避けたい。それ故、身に着けるウェアにはこだわりがあります。

 モニターに協力してくれたのは蜂谷隆平さん、斉木護さん、本間義基さん、河原井司さん。4人は1カ月の間、仕事で自転車に乗る際には毎回ラシュバンのアンダーウェアを履いてもらいました。その感想は…?

一日中外を忙しく走り回るメッセンジャーにとってアンダーウェア環境は重要だ Photo: Shusaku MATSUO一日中外を忙しく走り回るメッセンジャーにとってアンダーウェア環境は重要だ Photo: Shusaku MATSUO

編集部:メッセンジャーのライダーは1日にどのくらいの自転車に乗ってますか?

蜂谷さん:蜂谷さん:大体8~10時間くらいでしょうか。最も長い時は12時間近くデリバリーしたこともあります。ずっと外にいることが多いです。ラシュバンのパンツはズボンの下に毎日履いていましたよ。ムレもいつもより感じず、快適にライドができました。

斉木さん:局部の構造が分離しているからかセンタリングされ、確かにペダリング時に脚を動かしやすいと実感しました。

「さらっとしていて履き心地もいいし、人にも贈り物としてプレゼントしやすいと思います」と話す河原井さん(右) Photo: Shusaku MATSUO「さらっとしていて履き心地もいいし、人にも贈り物としてプレゼントしやすいと思います」と話す河原井さん(右) Photo: Shusaku MATSUO

編集部:デザインはいががですか?

本間さん:幾何学模様や迷彩、シンプルなデザインもあって選びやすいです。

河原井さん:パッケージが缶タイプでオシャレでしたよね。プレゼントにも贈りやすくて良いと思いました。

 いわゆる“レーパン”を履かないメッセンジャーですが、ズボンの下に履くアンダーウェアとしてラシュバンの親和性は高いとの結論でした。クロスバイクなどでサイクリングをライトに楽しむ際に、ラシュバンは確実に環境を整えてくれるはずです。

■「LASHEVAN」ラシュバン
税込み価格:3,300円(送料別)
サイズ:M、L、XL、XXL

関連記事

この記事のタグ

サイクルウェア ラシュバン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載