スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

福田萌子の「もう一度、南の島を走りたい」<番外編>“自分だけの”1台に歓喜 キャノンデールからカスタムラボで「萌子号」プレゼント

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 落車のトラウマを乗り越え、再びロードバイクで大会出場に挑戦するモデルの福田萌子さんに、キャノンデールからとびきりの〝サプライズプレゼント″だ。贈られたのは、ユーザーが好みの色やパターンのフレームを選び、パーツアッセンブルまでオーダーできる「キャノンデールカスタムラボ」を使った萌子さんのスペシャルバイク。オーダーから約1カ月余り、ついにお披露目となった〝自分だけの”1台と初対面し、「嬉しすぎます!」と歓喜の声をあげた。

完成したバイクを持ち、横浜の海辺に立つ福田萌子さん Photo: Kenta SAWANO完成したバイクを持ち、横浜の海辺に立つ福田萌子さん Photo: Kenta SAWANO

想像以上のかっこよさ

触ったり、眺めたりと嬉しさを隠し切れない様子の萌子さん Photo: Kenta SAWANO触ったり、眺めたりと嬉しさを隠し切れない様子の萌子さん Photo: Kenta SAWANO

 2月初旬、横浜市のJR横浜駅にほど近い「キャノンデール横浜ベイサイド」に、萌子さんの姿があった。店内で待ち構えていたのは、2016年12月下旬にオーダーしたカーボンロードの旗艦機「スーパーシックスエボ ハイモッド」。マットブラックとイエローのネオンカラー”VOLT”でまとめられ、6800系のアルテグラDi2電動コンポーネントが装着されたハイスペックなモデルだ。

 「想像したよりずっとかっこいい。嬉しすぎます!」。一目見た瞬間、萌子さんの表情に笑みがこぼれた。「選びに選んだデザインがそのままカタチになっていて、感動です。ロードバイクに乗れるようになるだけでもうれしいのに、こんな素敵なプレゼントまでいただけるなんて」と言葉を詰まらせた。

キャノンデールのオーダーシステム「カスタムラボ」でオリジナルバイクをデザインした福田萌子さん Photo: Kenta SAWANOキャノンデールのオーダーシステム「カスタムラボ」でオリジナルバイクをデザインした福田萌子さん Photo: Kenta SAWANO

納得いくまでデザイン選択

 同社からバイク提供のオファーがあったのは昨年の晩秋。「落車の体験にくじけず、チャレンジする姿に自転車への情熱を感じた。マラソンやヨガだけでなく、サイクリストとしても活躍してほしい」と、元プロライダーでもあるキャノンデール・ジャパンの山本和弘さんが支援の背景を語る。

 萌子さんにとっては大きなサプライズで、「びっくりしました。キャノンデールは以前から好きなブランドで、こんな形で乗せてもらえるのは本当に幸せ」と、興奮気味に振り返る。

アカウントを登録した萌子さん Photo: Kenta SAWANOアカウントを登録した萌子さん Photo: Kenta SAWANO

 萌子さんが利用した「カスタムラボ」は世界でも日本だけで行われている特別なサービス。オンラインでフレームのベースやロゴ、パターンによっては配色を自分好みに選べる。色のチョイスは27色で、組み合わせは膨大だ。オーダーから約1カ月余りで納車される。

 12月上旬、萌子さんも早速、自分仕様のバイクのデザインに取り掛かった。まずはカスタムラボのサイトにアクセスし、自身のアカウントを設定。アカウントからログインすれば、デザイン途中の記録や、完成して保存したデータにいつでもアクセスできる。

フレームのカラーやパターンを細かく決めることが可能 Photo: Kenta SAWANOフレームのカラーやパターンを細かく決めることが可能 Photo: Kenta SAWANO

 最初にイメージしたカラーは黒だったが、黒のオーダーは多いと聞き、試行錯誤が始まった。「ブラックとイエローの組み合わせでマット塗装がかっこいいと思う。イエローは蛍光色がいいな…」などと、繰り返し指し色などを試してきた。仕事の合間にスマホやタブレット端末とにらめっこしては思いを巡らす日が続いた。

「迷ってしまって決めきれない!」

 それから約2週間、オーダーを確定する日がやってきた。サイズなどを決めるため「キャノンデール横浜ベイサイド」を訪れた萌子さんは、自分の選ぶ同じモデルのバイクを実際に目にし、「ハンドルの持ち方はこうですよね? モーター付きの変速機でギアが変わるんだ。早く慣れて使いこなしたい!」と気持ちも上がっていた。

 しかし、ホイールやワイヤー、また、仕様によってはパターン違いのカラーも選べるため「どっちの方がいいかな。選ぶ項目が多くて迷ってしまう!」と決めきれずに嬉しい悲鳴をあげる。

カラーサンプルを手に、パターンに悩む萌子さん Photo: Kenta SAWANOカラーサンプルを手に、パターンに悩む萌子さん Photo: Kenta SAWANO

 元選手の山本さんのアドバイスで、屋久島のアップダウンをより楽にするため、1300g台のキャノンデールオリジナルホイールを選択。ヒルクライムも楽にこなせるという。少ない力でシフトチェンジできる電動コンポや、狭めのハンドル幅も取り入れることにした。そうやって最後の2案に絞り込むのに1時間以上かかっただろうか。

お気に入りの色だというブラックとイエローをデザインに取り入れた Photo: Kenta SAWANOお気に入りの色だというブラックとイエローをデザインに取り入れた Photo: Kenta SAWANO

 ここからどちらのデザインにするか、さらに悩むこと約1時間。ついに「これにする!」と最終的なカラーと仕様が決定した。データを店舗スタッフに渡して正式に発注。作成されたデータをもとにファクトリーで通常の生産ラインとは別で、一台ずつ丁寧にペイントされるという。完成品は通常約1カ月で店舗に到着し、スタッフの手で組み上げられた後、オーナーに引き渡される。

決定したデザインはキャノンデール正規取扱店に送信し、店舗からファクトリーへ情報が送られる Photo: Kenta SAWANO決定したデザインはキャノンデール正規取扱店に送信し、店舗からファクトリーへ情報が送られる Photo: Kenta SAWANO
萌子さんが最終的に決めたデザイン。かっこいいバイクがテーマ Photo: Kenta SAWANO萌子さんが最終的に決めたデザイン。かっこいいバイクがテーマ Photo: Kenta SAWANO

このバイクと一緒に「本番」完走へ

 そうしてついに仕上がったのが冒頭の1台だ。「約1カ月間、指を折りながらこの日を待っていました」と、ようやく会えた「萌子号」のスタイリッシュな姿に目を細め、車体の軽さやオーダー通りのマットな質感を確かめては喜びをかみしめる。

変速方法をスタッフの方から丁寧に教わる Photo: Kenta SAWANO変速方法をスタッフの方から丁寧に教わる Photo: Kenta SAWANO
トルク管理が必要なシートポスト調整はKTCの「デジラチェ」を使用 Photo: Kenta SAWANOトルク管理が必要なシートポスト調整はKTCの「デジラチェ」を使用 Photo: Kenta SAWANO

 フィッティングは同店のスタッフが行ってくれるほか、初体験の「電動コンポーネント」の使い方も丁寧に教えてもらった。「慣れれば力要らずで簡単に変速できそう! 早く乗りこなしたい」とテンションは高い。「いつかは“下ハン”を持ってかっこよくアタックしたいですね。このバイクと一緒にトレーニングを積んで、本番の屋久島を完走します」と力強く誓った。

◇         ◇

 萌子さんにとって“最高”のバイクを受け取り、2月19日の「サイクリング屋久島」へ挑戦する環境が整った。次回はトラウマを乗り越え、「もう一度、南の島を走りたい」という夢を、ロードバイクで実現する。

「キャノンデール カスタムラボ」

 キャノンデール購入希望者がオンラインで色やロゴ、パーツアッセンブルをオーダーし、自分好みの1台に仕立てることができるシステム。キャノンデールの無料アカウントを作成して利用する。

 ログインしたらまずフレームグラフィックを選択し、配色パターンを決定すると、流れに沿って各部のカラーを設定していく。選べるカラーは27色。アウターワイヤーの色指定やネームステッカーの作成といった細やかなサービスも魅力だ。バイクのサイズについては店頭で専門スタッフが相談のうえ最終決定するので、詳しい知識がなくても安心。バイクはオーダーから約1カ月で日本に到着し、国内取扱い店で丁寧に組まれたあと納車となる。

 組み合わせが多すぎて決めかねるユーザーも少なくないというが、キャノンデール・ジャパンの山本和弘さんは「どんどん迷ってください。カラーや組み合わせは本当に豊富に用意しています。カスタムラボはスマホやタブレットでいつでもデータにアクセスできます。大切な一台を、じっくり時間をかけ、何パターンも試してください」と提案する。

福田萌子
福田萌子(ふくだ・もえこ)

沖縄県出身のモデル。身長176cmの日本人離れしたスタイルで、2010年ミス・ユニバース・ジャパンでは3位入賞。スポーツ用品ブランドのアンバサダーなどを務める。自転車をはじめマラソンやトライアスロン、ヨガ、セパタクローなど幅広いスポーツをアクティブにこなしてきたが、2015年ホノルルセンチュリーライドで落車し、その恐怖から自転車に乗れずにいた。

本企画をサポートするブランド

  • ktc
  • sankara
  • KTC

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール 福田萌子の「もう一度、南の島を走りたい」

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載