スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<42>家も通路もすべてが青い街、モロッコ・シャウエン 城壁のなかを包む“非現実感”

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吸い込まれそうな青の町シャウエン Photo: Gaku HIRUMA吸い込まれそうな青の町シャウエン Photo: Gaku HIRUMA

【2014年1月上旬から下旬】モロッコ シャウエン

 久しぶりのアラビア圏はなにもかも懐かしかった。

 1日に何回も聞こえるアザーンに、城壁の中の活気ある市場も、モスクも。夜になるとさらに賑やかになる感じやアラビア語も、驚くほどすっと心に馴染んでくる。

 街を囲む城壁の中は巨大迷路になっており、一体どんな歴史を辿ればこんな迷路が出来上がるのだろうと不思議なくらいだ。

カラフルな売り物が、何気ない街並みに華を添える Photo: Gaku HIRUMAカラフルな売り物が、何気ない街並みに華を添える Photo: Gaku HIRUMA
サハラ砂漠を進むラクダ隊 Photo: Gaku HIRUMAサハラ砂漠を進むラクダ隊 Photo: Gaku HIRUMA

 まばゆいばかりの白い街に、吸い込まれそうなほどの青い街。乾燥した土の街。

 特に青い街シャウエンは秀逸だった。モロッコの旧市街はメディナと呼ばれ、城壁をくぐり一歩足を踏み入れると、外とは全く切り離されたような非現実感に包まれる。

 山間部に作られたこの街は、家の壁はもちろん、通路や階段に至るまですべて青く、先の尖がったフードの民族衣装を身にまとった男性が、この街には妙に馴染む。

 冬のモロッコは寒かったけれど、月明かりと裸電球に照らされた夜の街並みはとても優しく、温かかった。

山間部夜は月明かりと裸電球がとても優しく、温かい Photo: Gaku HIRUMA山間部夜は月明かりと裸電球がとても優しく、温かい Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載