スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新たにサドル、ハンドルなども供給ジャイアントが2017年シーズン「チーム・サンウェブ」のテクニカルパートナーに

  • 一覧

 世界的自転車メーカーのGIANT(ジャイアント)が2017年、「チーム・サンウェブ」のテクニカルパートナーになり、1月後半のツアー・ダウンアンダーで初戦に臨む。同社は3年前からチームスポンサーとしてタッグを組んで以来、テクニカルパートナーとしての役割も担い、プロライダーらと共に新型バイクやギアの開発を続けてきた。今年は「チーム・サンウェブ」のUCIワールドチーム、UCIコンチネンタルのデベロップメントチーム、そしてLivがスポンサーを務めるチーム・サンウェブの女子チームへバイクとギアを供給する。

2017年のチーム・キットを着る(左から)マイケル・マシューズ、トム・デュムラン、ワレン・バルギル ⒸGIANT2017年のチーム・キットを着る(左から)マイケル・マシューズ、トム・デュムラン、ワレン・バルギル ⒸGIANT

 ジャイアントはこれまで、バイクをメーンにサポートを行ってきたが、2017年から新たにサドル、ステム、ハンドルバー、サイクルコンピューターといったギアも供給。更にデベロップメントチームはジャイアントのホイールとチューブレスタイヤも使用する。

 UCIワールドチーム、デベロップメントチーム、女子チームは「チーム・サンウェブ」として、黒地に白と赤の入った新チームジャージを着用。2本のストライプはチームスローガンである「Keep Challenging」を表すもので、そのストライプは「持続的なアスリート支援」と「スポーツサイクリングへの技術注力」を意味している。

TCR ADVANCED SLを持つトム・デュムラン ⒸGIANTTCR ADVANCED SLを持つトム・デュムラン ⒸGIANT

 同社はこれまで、チームに対しTCR ADVANCED SLやPROPEL ADVANCED SLといったバイクや、ヘルメットのREV、RIVET、RIVET TT、PURSUITなどを提供。クラシックやツール・ド・フランスといったロードレースの舞台での数々の勝利を支えてきた。

2017年シーズンに向けてチーム練習する「チーム サンウェブ」の選手たち ⒸGIANT2017年シーズンに向けてチーム練習する「チーム サンウェブ」の選手たち ⒸGIANT

 トム・デュムラン(オランダ)、マイケル・マシューズ(オーストラリア)、ワレン・バルギル(フランス)らのチーム・サンウェブ所属ライダーらが17年に使用するジャイアントのバイクおよびギアの詳細は以下の通り。

【使用機材】
<バイク>

コースに合わせ、TCR ADVANCED SL、PROPEL ADVANCED SL、DEFY ADVANCED SL、TRINITY ADVANCED PRO TTを使用。

チーム・サンウェブ仕様のTCR ADVANCED SL ⒸGIANTチーム・サンウェブ仕様のTCR ADVANCED SL ⒸGIANT
TT用にはTRINITY ADVANCED PRO TT ⒸGIANTTT用にはTRINITY ADVANCED PRO TT ⒸGIANT
デベロップメントチームはディスクブレーキも使用 ⒸGIANTデベロップメントチームはディスクブレーキも使用 ⒸGIANT

<ヘルメット>
チームは、空力性能とベンチレーション性能を兼ね備えるGIANT PURSUITを基軸に、コースによっては軽量なREV、スプリンターはRIVETも使用。タイムトライアルではRIVET TTを使う。

ヘルメットにはGIANT PURSUITを使用 ⒸGIANTヘルメットにはGIANT PURSUITを使用 ⒸGIANT
2017年はサドル「CONTACT SLR」もサポート ⒸGIANT2017年はサドル「CONTACT SLR」もサポート ⒸGIANT

<サドル>
2017年から新たに提供を開始。UCIワールドツアーのチーム・サンウェブは、独自の「ダイナミックサイクリングフィット思考」により全てのライダーにフィットする、軽量でカーボンレール採用のGIANT CONTACT SLRを使用。UCIコンチネンタルのデベロップメントチームは、ステンレスレールのCONTACT SLを使用。

<コックピットパーツ>

2017年から新たに提供開始。チームは超軽量カーボン素材による高剛性なGIANT CONTACT SLRハンドルバー&OD2ステムを使用する。

CONTACT SLRハンドルバー&OD2ステム ⒸGIANTCONTACT SLRハンドルバー&OD2ステム ⒸGIANT

<サイクルコンピューター>
 トレーニング機能とナビゲーション機能を備える、ジャイアントの次世代サイクルコンピューター「NEOSTRACK GPS」を使用。パワーメーター、心拍ストラップ、スピード・ケイデンスセンサー、スマートトレーナーなど、全てのトレーニングアクセサリと互換性があるNEOSTRACK GPSは、SHIMANO Di2のギア比やバッテリー残量も表示。
※NEOSTRACK GPSは、2017年後半に販売開始予定。

<ホイールシステム & タイヤ>
 UCIコンチネンタルのデベロップメントチームは、シーズンを通して「GIANT SLR 0 ホイールシステム」と「GAVIA SLRチューブレスレディタイヤ」を使用。また、UCIワールドツアーチームの「チーム・サンウェブ」は、GAVIA SLRチューブレスレディタイヤをトレーニング時に使用。

<TEAM KIT>

2017年、ジャイアントはチームキットのオフィシャルサプライヤーになる。チームはレース、トレーニングともにEtxeondo製のGIANT最新アパレルを着用し、製品開発にも関わる。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジャイアント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:千葉競輪パワースポーツ講座

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載