スマートフォン版はこちら

サイクリスト

国内47社のビルダーが集結「2017 ハンドメイドバイシクル展」1月21、22日に東京・科学技術館で開催

  • 一覧
フレームビルダーから直接話を聞ける貴重な機会だ(2016年の様子)フレームビルダーから直接話を聞ける貴重な機会だ(2016年の様子)

 オーダーメイド自転車の魅力を紹介する「2017ハンドメイドバイシクル展」が1月21、22日の2日間、東京・千代田区の科学技術館1階催事場で開催される。国内47社のビルダーが集結し、自慢の自転車を見たり、直接その思想を聞くことができる貴重な機会だ。入場無料。
 
 「ハンドメイドバイシクル」とはフレームビルダーと呼ばれる”匠”自転車職人が様々なオーダーやニーズに応えながら、オートクチュールのドレスのように作り上げた理想の自転車だ。フレームビルダーは新たな知識や熟練の技を駆使し、使用する人々の目的に合わせて、多種多様な自転車を制作してきた。

フレームの製造過程も展示されていた(2016年の様子)フレームの製造過程も展示されていた(2016年の様子)
子供たちも直接フレームに触ることができる貴重な機会だ(2016年の様子)子供たちも直接フレームに触ることができる貴重な機会だ(2016年の様子)
ハンドメイドバイシクル展には毎年、多くの自転車ファンが訪れる(2016年の様子)ハンドメイドバイシクル展には毎年、多くの自転車ファンが訪れる(2016年の様子)

 近年、アメリカやイギリスでは、ハンドメイドバイシクルの人気が上昇中だが、日本でも注目を集めている。「2017ハンドメイドバイシクル展」では、日本を代表する47社のビルダーが集結し、今年も個性的で革新的な自転車やパーツを展示する。また、有名ビルダーによるトークショーや実際に触れて楽しむことが出来る「一日体験コーナー」など、様々な企画も実施します。「見る・聞く・話す」ことを通じて、ハンドメイドならではの新技術や斬新な発想、職人のこだわりに直接触れ、自転車とパーツの魅力を体感できる必見のイベントだ。

2017 ハンドメイドバイシクル展

■日時:2017 年1 月21日(土)、22日(日) 9時30分~16時50分
■会場:科学技術館1階 1~4号催事場
 東京都千代田区北の丸公園2-1 東京メトロ 竹橋駅・九段下駅下車徒歩7分
■主催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
■入場料:無料

■内容:
(1)ハンドメイドビルダーによる独自の技術が施された自転車及びパーツ展示
(2)ハンドメイドビルダー・トークショー
  ①サイクル&カヌーアマンダスポーツ 千葉洋三氏
   「データに基づいた世界最先端のフレームビルダー」
  ②エム.マキノサイクルファクトリー 牧野政彦氏
   「熟練された自転車は競輪選手からも信頼が厚い」
  ※二人への質問を大募集。HPから応募が可能。
(3)「一日体験コーナー」他

■ハンドメイド車出展一覧(予定)
あぶくま自転車工房、WELD ONE、Equilibrium cycle works、EMERALD BIKES、エム.マキノサイクルファクトリー、エンマバイシクルワークス、オーエックスエンジニアリング、岡安製作所、加島サドル製作所、絹自転車製作所、紀洋産業、近藤機械製作所、今野製作所、サイクル&カヌーアマンダスポーツ、サイクルストアヒロセ、SANO MAGIC、Sunrise cycles、たつみ商会、TESS、東叡社、東京サイクルデザイン専門学校、東洋フレーム、ドバッツ・ライノ・ハウス、日直商会、Bakansu cycles、ビチスポーツモリアイ、BYOB Factory、プロショップタカムラ製作所、Helavna Cycles、細山製作所、堀田製作所、マツダ自転車工場、macchi cycles、YANAGI CYCLE、山音製輪所、ライトサイク ル、Life Bike、渡辺捷治製作所(五十音順)
【初出展】
サイクルグランボア株式会社、ダイワボウプログレス株式会社、タカイコーポレーション、鶴岡レーシング、パナソニックサイクルテック株式会社、BIXXIS JAPAN、5LINKS、平和技術研究所、ワークショップモンキー(五十音順)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載