スマートフォン版はこちら

サイクリスト

Cyclist for Womanが選出2017年女子にオススメなエントリーモデル・クロスバイク編

  • 一覧

 Cyclist for Womanでは2017年にスポーツバイクを始めようという女性に向けて、3回に分けて、おすすめ車種を紹介します。第2回はクロスバイク編。フィットネスや通勤通学、買い物などの日常的な移動手段にと大活躍するクロスバイクは、ロードバイクよりも前傾姿勢がキツくなく、スポーティな走行が楽しめる。シティサイクルと同じフラットなハンドルの形と、小さな段差や砂利の上もちょっとしたコツで走りやすい太めのタイヤは、スポーツバイク初心者も乗りやすい。ジムでエアロバイクを漕ぐのもいいけれど、外で風を感じながらペダルを回せば、移り変わる景色とともに時間はあっという間に過ぎていく。健康的なカラダづくりのために、適度な運動を始めるなら、サイクリングは最高! 

CROSSBIKE

SPECIALIZED VITA SPORT

SPECIALIZED VITA SPORT(スペシャライズド・ヴィータスポーツ) ©SPECIALIZEDSPECIALIZED VITA SPORT(スペシャライズド・ヴィータスポーツ) ©SPECIALIZED

 移動手段としてだけでなく、スポーツとしてもクロスバイクを楽しむのなら、「スペシャライズド・ヴィータ」は、好スペックでオススメだ。女性専用設計の、アップライトでもちょうどよいスポーツライドが楽しめるアルミフレームに加え、エルゴノミックなハンドルのグリップも、適度なクッションのあるサドルも女性用設計で、長時間乗りたいフィットネスライドには欠かせない。

 通勤などで毎日乗る人には、フェンダーを後付できるフレームなので、雨の日も大丈夫なところもポイント。ラックを付けて荷物を積めるようにもできる。油圧式のディスクブレーキ仕様なので、しっかりと効くブレーキを軽い操作感でコントロール。乗りやすくてスピード感もあるクロスバイクの優等生だ。2カラーあり、さらにXS〜Lの4サイズ展開と充実。

■SPECIALIZED VITA SPORT(スペシャライズド・ヴィータスポーツ)
価格:76,000円(税込)
フレーム:アルミ
フォーク:カーボン
ギヤ比:48×32T 11−34T(9速)
ブレーキ:シマノ M315 hydraulic ディスク
重量(カタログ値):N/A

KONA DEW PLUS(コナ・デュープラス)

KONA DEW PLUS(コナ・デュープラス) ©KONAKONA DEW PLUS(コナ・デュープラス) ©KONA

 油圧ディスクブレーキは雨の日や手がかじかむ寒い日にもコントロールしやすいので、クロスバイクにはオススメ。「デュー」のシリーズは、毎日楽しく乗れるバイクが揃う「コナ」のロングランモデル。「デュープラス」は明るいカラーと直線的でスマートなルックスが甘辛ミックスで、女性がチョイスするとカッコイイ1台だ。

 チャームポイントは、都会的な雰囲気が出ているアルミ製の細身なストレートフォーク。乗り心地良くと、カーボンを採用するモデルが多いが、このハズしにはファッションで言う“こなれ感”がある。また、初期設定のタイヤが、性能の良いドイツのシュワルベ製というのもポイントが高い。サイズ展開はイチバン小さいサイズで147cmから乗れる4サイズ展開なので、女性もOKなユニセックスモデルだ。

■KONA DEW PLUS(コナ・デュープラス)
価格:86,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
ギヤ比:48×36×26T 11−34T(9速)
ブレーキ:テクトロ HDM285
重量(カタログ値):N/A

COLNAGO BISCOTTI(コルナゴ・ビスコッティ)

COLNAGO BISCOTTI(コルナゴ・ビスコッティ) ©COLNAGOCOLNAGO BISCOTTI(コルナゴ・ビスコッティ) ©COLNAGO

 ステキなクロスバイクという意味では、女性にも紹介してみたい「ビスコッティ」。ボルドー(他2色ある)の細身のアルミフレームに、シルバーの車輪やクランク、ハンドル&ステム、シートピラーを採用することで、クラシックテイストにまとめられている。タイヤサイドの明るいカラーもレトロな雰囲気に一役買う。フィットネス向けというよりは、クローバーのマークが随所に散りばめられたコルナゴブランドを楽しむ1台で、スタイリッシュで趣味性の高いクロスバイクだ。タイヤがクロスバイクの中では細身の28Cで、ヘッドチューブが短いフレーム設計もロードバイクに近い。女性もターゲットになる380、430サイズがあるので、スポーツバイクデビューを歴史あるイタリアンブランドで始めるのも良いかもしれない。

■COLNAGO BISCOTTI(コルナゴ・ビスコッティ)
価格:99,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
ギヤ比:48×38×28T 11−32T(8速)
ブレーキ:テクトロ
重量(カタログ値):N/A

LIV THRIVE 2(ジャイアント・スライブ2)

LIV THRIVE 2(ジャイアント・スライブ2) ©LIVLIV THRIVE 2(ジャイアント・スライブ2) ©LIV

 海岸線を走るのが似合いそうなホワイトの爽やかな「スライブ2」は、快適な走行が楽しめるフィットネスライドに最適なモデル。女性用サドルとD型断面のシートピラーが乗り心地良く、ワイヤーを内装するので、見た目はスッキリ美しくまとめられているのが特徴だ。女性専用設計のフレームはXSとSの2サイズ展開。フラットバーの両端にはバーエンドが付属し、ロングライドではより手首や肘が疲れにくいリラックスしたポジションで走れる仕様になっている。記事前半ではディスク押しだったが、Vブレーキも基本的には制動力は十分で、日常的に使う分には不満もない。「スライブ2」は28Cのクロスバイクでは細めのタイヤと、メカにシマノ・ソラを採用するモデルなので、ロードバイクに近いスポーツ走行が手軽に楽しめる。

■LIV THRIVE 2(ジャイアント・スライブ2)
価格:75,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:カーボン
ギヤ比:50×39×30T 11−32T(9速)
ブレーキ:テクトロ
重量(カタログ値):11.2kg(420mm、Sサイズ)

LIV ESCAPE R3 W(リブ・エスケープR3 W)

LIV ESCAPE R3 W(リブ・エスケープR3 W) ©LIVLIV ESCAPE R3 W(リブ・エスケープR3 W) ©LIV

 ジャイアントの「エスケープR3」といえば、言わずと知れたクロスバイクのベストセラーモデル。生活にスポーツサイクルを取り入れたい人には最も手軽に始められるモデルの1つだ。リブではその性能をそのままに、女性向けのサイジングとパーツ、カラーリングで「エスケープR3 W」を展開している。軽量なアルミフレームに、ドライブトレインはシマノ製のパーツでまとめられ、自宅から駅までの用途だけでなく、週末のサイクリングまでカバーする性能は、コストパフォーマンス抜群だ。フィットネス目的が主ならば、「スライブ」を。日常の移動手段がメインで、ベーシックなもので十分なら「エスケープR3 W」を選ぼう。人気車種だけあって、カラーは4種類もあり、身長140cmから対応する350mm(XXS)サイズから3サイズ展開だ。

■LIV ESCAPE R3 W(リブ・エスケープR3 W)
価格:50,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:クロモリ
ギヤ比:48×38×28T 11−32T(8速)
ブレーキ:テクトロ RX1
重量(カタログ値):10.4kg(400mm、XSサイズ)

クロスバイクはフィットネスの心強い味方

 今回紹介したクロスバイク5台は、価格はすべて10万円以下のアルミフレームモデル。ディスクブレーキ仕様、Vブレーキ仕様の違い、ギヤの歯数構成の違いもあるが、何よりコンポーネントの構成がミックスであったり、ロード用コンポ、クロス用コンポであったりするので、単純には比較しにくい。その上で、フィットネスライド向け、日常使い向けであったりという、クロスバイクのバリエーションを意識しつつ、オススメ車種をセレクトした。
 フィットネスを目的とする人には、長時間乗る上で快適な仕様なのかが大切になるので、カラダと接するパーツである、サドルとハンドル、グリップの仕様、もちろんフレームの快適性が決め手になるだろう。例えば、エルゴノミックグリップは一見不思議な形だが、手のひらの付け根近くまで広く置けるので、ハンドレストに手を載せてパソコンのキーボードを打つと疲れにくいように、長時間走るときにはすごくラクなのだ。
 
 クロスバイクをロードバイクへのステップとして考える人もいるかもしれないが、クロスバイクだけでもスポーティな走行は楽しめるし、フィットネスライドにも十分適している。一定のペースで長く走るのがスポーツバイクを始める目的ならば、クロスバイクは良き味方だ。ロードバイクよりもずっと低予算で始められるし、スタンドやフェンダーが付けられたり、太めのタイヤだったりと、通勤通学で乗るにはクロスバイクのほうが優れた利点もある。
 クロスバイクは5万円〜10万円の価格帯が激戦区でもあり、最初の1台としてはオススメのモデルが揃っているので、走る距離、頻度、目的に合う、お気に入りの1台を見つけよう。

関連記事

この記事のタグ

5~10万円 Cyclist for Woman アイテム(女性向け) クロスバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載