スマートフォン版はこちら

サイクリスト

Cyclist for Womanが選出2017年女子にオススメなエントリーモデル・ロードバイク編

  • 一覧

 Cyclist for Womanでは2017年にスポーツバイクを始めようという女性に向けて、3回に分けて、おすすめ車種を紹介します。第1回はロードバイク編。帯の幅が広く、10万円くらいのバイクから、その10倍の値段さえもあるロードバイク。「大人になって自転車に乗ることがこんなにも楽しいなんて!」と、自分の力で遠くまで走れる達成感と感動は、すでにロードバイクを楽しむ女性にとって、大げさではなく実感としてあるはず。そんな楽しみのパートナーとなる、これから始める人の愛車選びの参考になりそうな5台を、見比べポイントも織り交ぜながら紹介していきます。

ROAD-ALL

トレック・エモンダS 4 ウィメンズ

TREK Émonda S 4 Women's(トレック・エモンダS 4 ウィメンズ) ©TREKTREK Émonda S 4 Women's(トレック・エモンダS4 ウィメンズ) ©TREK

 「トレック」の軽量ロードシリーズ「エモンダ」の女性用は2車種あり、素材に300シリーズ OCLV カーボンを採用し、低価格に抑えたモデルが「エモンダS4 ウィメンズ」だ。ビギナーでも、最初からレースを念頭にしている人には、素材とコンポのグレードが高い上位グレードの「エモンダSL6 ウィメンズ」もオススメ。「エモンダS4 ウィメンズ」は上位モデルと同じルックスの新ティアグラとカーボンフレームの組み合わせで、最初の1台にはピッタリ。“軽量ロード”のわりに、カタログ値で9kgちょっとなので、「そこまで軽くない」とツッコミが入りそうではあるが、走り慣れて行動範囲が広がった頃に、ホイールをちょっと良いものに変えれば、すぐに性能アップとウエイトダウンを両立できるだろう。

■TREK Émonda S 4 Women’s(トレック・エモンダS4 ウィメンズ)
価格:195,000円(税抜)
フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
メインコンポ:シマノ・ティアグラ
ギヤ比:50×34T 11−28T
重量(カタログ値):9.03kg(52サイズ)

リブ・アヴェイルSL 1 ディスク

LIV AVAIL SL 1 DISC(リブ・アヴェイルSL 1 ディスク) ©LivLIV AVAIL SL 1 DISC(リブ・アヴェイルSL 1 ディスク) ©Liv

 ジャイアントが手がける女性用ラインが「リブ」。ジャイアントのこのグレードのアルミフレームは好評で、女性用の「アヴェイル」にもあるのがさすが! メインコンポは105と、信頼性の高いシマノのミドルグレードを採用していて、そのほかにもディスクブレーキ、スピードを維持しやすい、ちょっとリムハイトのあるホイールなどイマドキ感満載で、この価格というこのモデルのお買い得さは、ほかにはない最大の魅力だ。また、ディスクブレーキではなく、キャリパーブレーキのほうが良ければコッチ、フレームはカーボンがよくて、コンポを抑えたモデルならコッチと、「アヴェイル」だけで選択肢が9種類もあるので、これから始める人向けとあれば、目的と予算に合わせて選べるので、オススメの車種だ。

■LIV AVAIL SL 1 DISC(リブ・アヴェイルSL 1 ディスク)
価格:155,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:カーボン
メインコンポ:シマノ・105
ギヤ比:50×34T 11−32T
重量(カタログ値):9.5kg(430サイズ)

フェルト・FR5W

FELT FR5W(フェルト・FR5W) ©FELTFELT FR5W(フェルト・FR5W) ©FELT

 フェルトは女性用モデルも充実のドイツのバイクブランド。女性の体格に合わせて設計されたフルカーボンフレーム「FRW」と105コンポの組み合わせで、キャリパーブレーキ仕様の、まさに王道ロードバイク。仲間とエンデューロに参加したり、ヒルクライムレースに出てみたいという、速さも求める女性ビギナーライダーにはちょうど良い1台だ。前出の2台同様、女性向けのサドル、380mmの幅狭なハンドル、短めのステムやクランクなど、女性用の充実のアッセンブルも魅力。でも、これはちょっと本気過ぎるという人には、ほぼ同等スペックでアルミモデルの「FR30W」もある。「FRW」フレームは2サイズ展開ながら、小さい方の430サイズが適応身長目安145cmからと、小柄な人にも乗れるのもオススメ理由の一つ。

■FELT FR5W(フェルト・FR5W)
価格:248,000円(税抜)
フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
メインコンポ:シマノ・105
ギヤ比:50×34T 11−28T
重量(カタログ値):7.66kg(430サイズ)

スペシャライズド・ルビーエリート

SPECIALIZED RUBY ELITE(スペシャライズド・ルビーエリート) ©SPECIALIZEDSPECIALIZED RUBY ELITE(スペシャライズド・ルビーエリート) ©SPECIALIZED

 2017年モデルの「ルビー」は、男性用の「ルーベ」とともにフルモデルチェンジがあった車種。「フューチャーショック」というヘッドチューブの振動吸収システムが新採用され、垂直方向への追従性を大幅に向上したモデルだ。オススメ理由は、初心者にとってロードバイクのハードな乗り心地の部分が、グッとマイルドに。しかも乗り手に難しいことはなく、ルビーを選べさえすれば、勝手に乗り心地が良いところ。太めの26Cのタイヤもビギナーには安心材料だろう。ロードバイクで健康的なカラダづくりをしたい女性には、ロングライドの相棒としてオススメだ。新ルビーの中では、「エリート」が最も手頃なパッケージ。ちなみに、各モデルごとにカラー展開が異なるが、「ルビーエリート」のこのカラーリングが甘すぎずカッコイイ。

■SPECIALIZED RUBY ELITE(スペシャライズド・ルビーエリート)
価格:250,000円(税込)
フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
メインコンポ:シマノ・105
ギヤ比:50×34T 11−32T
重量(カタログ値):N/A

キャノンデール・キャドオプティモ105

CANNONDALE CAAD OPTIMO 105(キャノンデール・キャドオプティモ105) ©CANNONDALECANNONDALE CAAD OPTIMO 105(キャノンデール・キャドオプティモ105) ©CANNONDALE

 キャノンデールなら「CAAD12」の女性用モデルがあるが、今回は2017年ニューモデルの「キャドオプティモ105」をフレームの魅力でピックアップ。「オプティモ」に女性用はないが、44、48と、「CAAD12ウィメンズ」と同一サイズからある。アッセンブルに女性用仕様というアドバンテージがないので、今後女性用が登場するとなお良いのだが、それでもコンパクトハンドル、スタンダードな形状のサドルなど、基本的には女性が選んでも許容範囲内だろう。走りもよく進むと高評価のマシン。アルミバイクの中では圧倒的なスタイルの良さなので、女性もボーイッシュに乗りこなしたい。サドルは初期設定が女性用でも必ず合うとは限らないので、フィジークやセライタリアなどの女性用サドルをチェックしよう。

■CANNONDALE CAAD OPTIMO 105(キャノンデール・キャドオプティモ105)
価格:160,000円(税抜)
フレーム:アルミ
フォーク:カーボン
メインコンポ:シマノ・105
ギヤ比:50×34T 11−32T
重量(カタログ値):N/A

用途に合わせたグレード選び

 5台のギヤ比は、どれもコンパクトクランク(50×34T)で、リヤは11−28Tまたは11−32Tだ。11−32Tのほうが軽いギヤがあるが、使いやすさでは28Tに分があり、もし28Tで足りないようなコースをビギナーに紹介するなら、それはアテンドミス。とはいえ、例えば富士山に上りたいという目標がある人には32Tが必要かもしれないので、このどちらかであれば、ビギナー向けとしてはまず問題ない。

 ロードバイク選びでは性能、価格に加えて、見た目も大事。今回紹介したモデルはガーリーなものが少ない。でも例えば、黒と白のシンプル過ぎる「キャドオプティモ105」は消耗品であるタイヤ、バーテープを変える機会がロードバイクにはそう遠からずやってくるので、ここを色味のあるものにすると印象がガラッと変わる。なので、“着せ替え”も想像してみるとシンプルなバイクカラーの良さを活かせるのだ。

 ビギナーだから廉価バイクを選ばなければいけないわけではなく、今回紹介した車種の上位グレードも、用途によってはもちろん良い。すでに自転車慣れしている男性と一緒に走るのであれば、今回紹介したクラスのバイクを選んでおくと、大きな機材差で疲れてしまわずに済むのではないだろうか。

 また、レースに出る予定はなく、ドア・ツー・ドアのサイクリングならばっと手軽に始められるバイクがこの5台の姉妹車種でも、同じように顔に当たる爽快な風を楽しめる。誰と、どこを、どう走るのかに合わせてロードバイクを選ぶと、快適なロードバイクライフが待っているはずだ。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

Cyclist for Woman アイテム(女性向け)

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載