スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

“自転車革命都市”ロンドン便り<48>激動の1年 さらなる進化を遂げたロンドンの自転車交通事情

by 青木陽子 / Yoko AOKI
  • 一覧

 この原稿を書いております今は12月24日、イギリスはクリスマスを12月25日に祝い、その後3日間くらいは全国的に休日になるので、イブはあくまでも準備の日、買い足りないプレゼントや翌日のごちそうの材料を駆け込みで買う大晦日のような殺気立った日です。テレビもぼちぼち特別番組編成に変わって大晦日感漂う中、自転車革命ロンドンの2016年がどうだったかをちょっと振り返って革命の進捗をご報告したいと思います。いやぁ、今年も激動の年でありました。

先日、BMXな人たち中心のサンタ仮装ライドをたまたま発見。クリティカルマスやツイードランだけでなく、テーマ付きマスライドはロンドンでは珍しくなくなって来ている Photo: Yoko Aoki先日、BMXな人たち中心のサンタ仮装ライドをたまたま発見。クリティカルマスやツイードランだけでなく、テーマ付きマスライドはロンドンでは珍しくなくなって来ている Photo: Yoko Aoki

自転車乗車中の事故は改善傾向

 自転車について1年の振り返りというとこの話題は避けて通れないので、気が重いものから最初に。今年、ロンドンで自転車に乗車中に事故で亡くなった人の数は8人(まだあと1週間ありますがこれ以上増えないよう祈りつつ)。2014年が13人、2015年9人、2016年が8人で済めば、そしてこの期間の自転車人口の急増を考えるとかなり下がってきたと言えます。自転車人口が現在の数分の1だった1990〜2000年代の平均が15人前後なのを考えても改善してきています。

 ちなみに東京都は2015年で自転車乗車中の事故死者数33人。2016年は10月末で28人。人口比で東京はロンドンの1.5倍であることを考えると、東京の事情はかなり悪いなぁと思わされます。ロンドンでこれだけ危ないのに東京はさらに危ないのかと(もっとも、日本は自転車の右側通行などによる交差点での出会い頭衝突や高齢者の事故数が多いなどあきらかなポイントが見えるので、それはまたの機会にでも)。

自転車道整備でサイクリストが半年で1.5倍増

開通したサイクルスーパーハイウェイ(CS)東西、写真右手はテムズ川、カメラの背後には国会議事堂の鐘楼であるビッグベンがそびえています。写真は真夏の昼間でサイクリストは多くないけれど、最近の朝晩はごうごうと通勤の人たちが通っています。市による計測では、この地点ではおよそ3秒に1台通過しているそうです Photo: Yoko Aoki開通したサイクルスーパーハイウェイ(CS)東西、写真右手はテムズ川、カメラの背後には国会議事堂の鐘楼であるビッグベンがそびえています。写真は真夏の昼間でサイクリストは多くないけれど、最近の朝晩はごうごうと通勤の人たちが通っています。市による計測では、この地点ではおよそ3秒に1台通過しているそうです Photo: Yoko Aoki

 インフラ面では明るい話題がいくつもありました! まずはこの春オープンした「サイクルスーパーハイウェイ」(CS)の東西と南北線。この連載でも過去にレポートしてきたので、覚えている方もいらっしゃるかも。ロンドンが導入してきているさまざまな自転車インフラの中でも目玉であったわけですが、11月末に出された中間報告では導入後に東西、南北それぞれ同じルートを走るサイクリストの数が1.5倍超に増えたことが確認されました。たった半年でこれなので、今後さらに増えていくでしょう。

 そして「サイクルクワイエットウェイ」(QW)という、裏通りをつないだネットワークも1号が正式に開通し、2号以降7号線まで部分開通が進んできました。CSが主に表通りを走り、たくさんの自転車を流せる構想なのに対し、QWは自転車の初心者やゆっくり走りたい人が安心して走れるようにというものです。7月に掲載した記事内でご紹介した動画の最後の自転車レーン専用信号はQW2号線に敷設されたものです。

2010年に開通した都心から南西に走るCS7も徐々にアップデートがされ、青くペイントされた自転車レーンの幅が地道に少しずつ広げられていたり(こういうのが嬉しい)、バス停では歩道側を走るように迂回路が作られたり、自転車の停止線が大きく取られるようになったりしている Photo: Yoko Aoki2010年に開通した都心から南西に走るCS7も徐々にアップデートがされ、青くペイントされた自転車レーンの幅が地道に少しずつ広げられていたり(こういうのが嬉しい)、バス停では歩道側を走るように迂回路が作られたり、自転車の停止線が大きく取られるようになったりしている Photo: Yoko Aoki
金融街シティから北北西に伸びるCS1もほぼ完成。幹線道路より裏道を主に走るCSとしては異色のルートで、幹線道路を横断するポイントにはこんなオリジナルな自転車専用横断帯が Photo: Yoko Aoki金融街シティから北北西に伸びるCS1もほぼ完成。幹線道路より裏道を主に走るCSとしては異色のルートで、幹線道路を横断するポイントにはこんなオリジナルな自転車専用横断帯が Photo: Yoko Aoki

 これらのサイクルレーンの成果として、テムズ川にかかるCS南北線のブラックフライアーズ橋では全交通量の70%が自転車、ビッグベンのお膝元のCS東西線では50%が自転車という状況にもなってきました。自転車レーンは道路面積の30%ほどなので、この率の高さには自動車派もグウの音も出ないはずです。

CS東西(写真上下)とCS南北(写真左右)の交差地点、ブラックフライアーズ橋北詰の路面ペイント。幅が広いことがわかる。これでも朝は1信号ではさばききれず、信号が2回変わるのを待たないと通過できないことも Photo: Yoko AokiCS東西(写真上下)とCS南北(写真左右)の交差地点、ブラックフライアーズ橋北詰の路面ペイント。幅が広いことがわかる。これでも朝は1信号ではさばききれず、信号が2回変わるのを待たないと通過できないことも Photo: Yoko Aoki
CS、QW以外にも隔離式のサイクルレーンは少しずつ増えてきている。総じて、住民の平均年齢が若く低所得者が多い地域は自転車に熱心で、高所得者と高年齢住民の多い区は自転車インフラに消極的 Photo: Yoko AokiCS、QW以外にも隔離式のサイクルレーンは少しずつ増えてきている。総じて、住民の平均年齢が若く低所得者が多い地域は自転車に熱心で、高所得者と高年齢住民の多い区は自転車インフラに消極的 Photo: Yoko Aoki

事故多発ポイントにさらなる英断

 さらに、世界の金融都市として知られるロンドン都心のシティでは、イングランド銀行があるためにずばり「バンク」という名前の付いている五叉路で来年の春から1年半試験的に、平日朝7時〜夜7時の間、公共バスと自転車、歩行者以外通行禁止になるという発表が11月下旬にありました。

 交通量が多い上に五叉路の複雑な作りでサイクリストや歩行者の事故死傷者が多すぎる特異なポイントだったので当然といえばそうなのですが、幹線が交差する要所であるために規制はまず無理だろうと思いきや! シティ行政区の英断に、自転車と歩行をプッシュする人たちや団体は大歓迎の声を上げています。

 やはり以前の記事で写真をご紹介した、試験的に自動車レーンを1方向潰して自転車レーンを拡幅したロンドン大学周辺の道では、利用者と住民アンケートでなんと8割近い人が継続に賛成。春にまとめられる報告と今後の方針では、アムステルダムやコペンハーゲン的な車道から一段上がったサイクルレーンになると期待されています。

西ロンドンのキングストン・アポン・テームズも、自転車対策を重点的に行って効果を見る「ミニ・オランダ化予算」をもらった地区。同じ道がこの通りの変化! ※ミニ・オランダ化については当連載19回でご紹介

自転車革命の続行に市民も後押しを

大英博物館の北側、ロンドン大学があり自転車の学生も多いエリアで行われている自転車レーン導入試験に対するパブリックコメント募集のお知らせ。自転車の人が赤信号待ちをするあたりに、自転車の人の目線の高さにしばりつけられている Photo: Yoko AOKI大英博物館の北側、ロンドン大学があり自転車の学生も多いエリアで行われている自転車レーン導入試験に対するパブリックコメント募集のお知らせ。自転車の人が赤信号待ちをするあたりに、自転車の人の目線の高さにしばりつけられている Photo: Yoko AOKI

 時期が少し遡りますが、ロンドン新市長に自転車革命の続行を公約した労働党のサディク・カーン氏が当選したことも朗報でした。保守党のライバル候補はうまく行っていないと思ったらCSをはがして車道に戻すことも検討すると言っていたので、彼が当選していなければロンドン自転車革命はそこまでだったかもしれません。

 もっともこのカーン市長、さっそく自転車予算を倍増したりと幸先良かったのですが、多くの自転車推進派が次のターニングポイントと目しているCS11の建設計画発表を半年延期。CS9もルートを見直すことに。一部の政治家やお役人、一部の大企業の偉い人、一部の声の大きい地元住民などなどの「(俺様の乗る)自動車を通れなくして自転車かよ!」といういつもの反対にひるんでいるのではないかと噂されています。

 前市長ジョンソン氏はそのあたり空気を読まない力があったけれど、カーン氏は常識人のようなので、市民がしっかり押していかなければならないようです。

青木陽子青木陽子(あおき・ようこ)

ロンドン在住フリー編集者・ジャーナリスト。自動車専門誌「NAVI」、女性ファッション誌などを経て独立起業、日本の女性サイトの草分けである「cafeglobe.com」を創設し、編集長をつとめた。拠点とするロンドンで、「運転好きだけれど気候変動が心配」という動機から1999年に自転車通勤以来のスポーツ自転車をスタート。現在11台の自転車を所有する。ブログ「yokoaoki.com」を更新中。

関連記事

この記事のタグ

“自転車革命都市”ロンドン便り

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載