スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「PINARELLO DOGMA F8 XLIGHT」 構造の最適化により一層軽量になったフラッグシップ機

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 歴史あるイタリアの老舗ブランド、ピナレロ。多くのチャンピオンとともに、レースの最前線で磨き上げられてきたレーシングモデルはいつの時代も輝き、憧れの存在だ。今回試乗するのは、まさに勝者に相応しいレースマシン「ドグマF8 Xライト」。フレーム重量は530サイズで780g。現行の「ドグマF8」の剛性とエアロ性能をそのままに、さらなる軽量化を遂げたプレミアムモデルだ。

「PINARELLO DOGMA F8 XLIGHT」(ピナレロ ドグマF8 Xライト) Photo: Masami SATOU「PINARELLO DOGMA F8 XLIGHT」(ピナレロ ドグマF8 Xライト) Photo: Masami SATOU

PINARELLO DOGMA F8 XLIGHT(ピナレロ ドグマF8 Xライト)
価格:850,000円(フレームセット、税抜)
※エアロヘッドパーツとフルカーボンエアロシートポストが付属
サイズ:44SL、46.5SL、47、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5(限定モデル)
カラー:カーボンスカイ、カーボンレッドストライプ、カーボンイエロー、カーボンイエロー ライノ、カーボンレッド チームスカイ2016 ライノ、チームスカイ2016 ライノ、BOB チームスカイ2016、BOB ライノ チームスカイ2016
問い合わせ先:ピナレロジャパン http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/

スペック

フレーム:Torayca T1100G Nanoalloy CarbonUD
フォーク:ONDA™ F8 Torayca T1100G Nanoalloy™ UD
変速機:シマノ・デュラエースDi2(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 50×34T、 11-25T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシングスピード40T
重量:6.15kg(50サイズ完成車実測値)

高剛性で反応性の高い性能であり、340gと軽量な仕上がりのフロントフォーク Photo: Masami SATOU高剛性で反応性の高い性能であり、340gと軽量な仕上がりのフロントフォーク Photo: Masami SATOU
BB方向には角ばっていくダウンチューブの造形。ブランドロゴは白一色ではなく、じつはデザインが入っている Photo: Masami SATOUBB方向には角ばっていくダウンチューブの造形。ブランドロゴは白一色ではなく、じつはデザインが入っている Photo: Masami SATOU
ヘッド周りで受けた空気をシートチューブに当たるときに抵抗は減少するフレーム設計 Photo: Masami SATOUヘッド周りで受けた空気がシートチューブに当たるときに抵抗は減少するフレーム設計 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 「XLIGHT」の名のとおり、見た目は従来のドグマF8と変わらないが、フレームを約80g軽量化したモデル。専用の成形用金型と、今までよりさらに工程数が増えた複雑な積層作業で構造を最適化しているそうだ。

松尾 ノーマルのF8と比べるとわずかな差ですが、フレームに手を触れて感じるのは、チューブはギリギリのところを攻めたのだろうということ。体重制限があり、全装備を含めても75kgまでというのは、ボクがギリギリかもしれません。

米山 体重制限が75kgというのは、クリス・フルームに合わせた設計なのかな。デュラエースDi2とレーシングスピード40Tで組まれた試乗車は、手に持って明らかにわかる軽さで、乗ってみても軽いことを体感できた。ピナレロらしく、よく進み、挙動自体に不足や不安はない。

松尾 違いはわかりやすくありましたね。乗ってみると、ノーマルモデルと比べ、約80g差とは思えないほどの軽量性を感じました。剛性は高いですが、剛性感タップリなノーマルのドグマF8よりも扱いやすいです。「ドグマF8 Xライト」のほうが好みの日本人は多いのではないでしょうか。

米山 ただ、乗り心地は軽さが若干頼りなさにも感じられる。あくまでも感覚なので、慣れれば平気になると思うけれど。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 でも、パワーも使いきれる感覚も得られるし、操作性も犠牲にしていません。直線安定性が高いですし、倒し込んで、無理な姿勢でもライダーの挙動にハンドリング不安はありません。ブランドの味が出ていて、バランスはいいです。

米山 そうだね。「ドグマF8」とは少し剛性感の異なる「ドグマF8 Xライト」だけど、「ドグマF8」の高性能な要素に加え、さらに軽量面を突き詰めた設計であるということは理解しておく必要があると思う。

松尾 そこは体重制限があるというのが物語っていますね。パンチを求めるライダーはノーマルのF8を選択すればよいでしょう。でも、この乗って軽い感覚はやっぱり「XLIGHT」の名だけあって違いますからね。選ぶ幅が広がった、“スペシャル”なハイエンドモデルと言えるでしょう。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ピナレロ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載