スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「FACTOR ONE-S」 割れたダウンチューブが個性的、新興ブランドの軽量エアロロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来季、AG2R(アージェードゥーゼール)ラモンディアルが使用することが決まっている、「FACTOR」(ファクター)は、新興ブランドながらUCIワールドツアー初参戦となった注目のブランドだ。現在のオーナーはツール・ド・フランスでも活躍したバーデン・クック。バイクは、中央が大きく空いた大胆な「TwinVaneダウンチューブ」が特徴の「ONE」と「ONE-S」、オールラウンダーの「O2」をラインナップし、フレームはもちろんUCI公認だ。

「FACTOR ONE-S」(ファクター ワン-S)  Photo: Masami SATOU「FACTOR ONE-S」(ファクター ワン-S)  Photo: Masami SATOU

FACTOR ONE-S(ファクター ワン-S)
価格:510,000円(フレームセット、税抜)
   1,200,000円(デュラエースDi2完成車、税抜)
   990,000円(アルテグラDi2完成車、税抜)
サイズ:51、54、56、58、61
カラー:ブラック
問い合わせ先:トライスポーツ  http://www.trisports.jp/?q=brand/node/8337

スペック

フレーム:RGi Carbon construction
フォーク:RGi Carbon, full monocoque
変速機:シマノ・デュラエースDi2(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 52×36T、 11-28T(11s)
ホイール:Black Inc Fifty clinchers
重量:6.75kg(54サイズ完成車実測値)

フルカーボンモノコックのフロントフォーク。ダイレクトマウントブレーキを採用する Photo: Masami SATOUフルカーボンモノコックのフロントフォーク。ダイレクトマウントブレーキを採用する Photo: Masami SATOU
完全に地面を覗ける2つに割れたダウンチューブ構造、「TwinVaneダウンチューブ」 Photo: Masami SATOU完全に地面を覗ける2つに割れたダウンチューブ構造、「TwinVaneダウンチューブ」 Photo: Masami SATOU
エアロ形状のシートチューブとシートポスト。バックステーは細身でコンパクトなリヤ三角を形成する Photo: Masami SATOUエアロ形状のシートチューブとシートポスト。バックステーは細身でコンパクトなリヤ三角を形成する Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 「FACTOR」(ファクター)は11月に行われた「サイクルモード2016」でトライスポーツブースに展示されていたよね。ダウンチューブが2つに別れたインパクトのある「ONE」と「ONE-S」の構造はまず目を引く。

松尾 久々の変り種バイクだ! と、思いきや、アージェードゥーゼール ラモンディアルがUCIプロツアーで来季使用するんですね。トップカテゴリーの選手がレース使えるフレームならば、性能はまとまっているだろうし、良いのだろうと思いました。

米山 レーシングカーの空気力学から応用して、フレームから抜けて脚に当たっていた空気をフレームを通して後ろに抜くことで、大きなエアロ効果を持つというフレーム。触ると肉薄なのがわかるね。

松尾 ええ。チューブを握ってみると結構動くので、走りにどう影響するかが楽しみでした。あと、雨の日に走るとフロントタイヤが巻き上げた水しぶきが顔にかかりそうなのが気になりますが、それは今回確かめられませんでした。

米山 たしかに。でもボトルで受け止めるかな? さて、「ONE-S」の走りだけどどうだった? 乗り味は軽くて硬いよね。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 剛性は高めですが、バイク全体がしなる感覚もあり、両立しています。推進力がとても高く、軽い上り坂では相当良いと感じました。「ONE-S」は速度とトルクによってバランスが変わった気がします。加速も踏み込むように高いトルクをかけると、より粘るように走りの性格が変わりました。

米山 そのあたりはやっぱりこのフレームの構造が影響しているのかな。個性の強い性格だね。

松尾 ハンドリングも軽快ですが、コーナリングで倒しこむと、これまたフィーリングが変化しました。個性的ですね。でも、軽いトルクをかけた上り坂の推進力がとても高いですし、しっかり走るので良いバイクだと思います。

米山 今回乗った「ONE-S」はヘッドチューブとハンドル、ステムをノーマルにしたモデル。さらにエアロを追求したヘッド周りを持つ「ONE」もあるけど、基本的な性格は同じだろうと思う。しっかり乗り込んでいて、体力もあるレーサー向けのモデルだと感じた。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ファクター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載