スマートフォン版はこちら

サイクリスト

初戦は3月18日の宇都宮クリテリウム2017年のJプロツアーは全22戦で開催 レーススケジュールと参戦22チームを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内最高峰のロードレースシリーズ「Jプロツアー」を運営する全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)は12月10日、2017年シーズンの連盟運営方針やレーススケジュール、トップカテゴリー「Jプロツアー」に参加する22チームを発表した。来季のJプロツアーは宇都宮ロードレースなど新たに6レースが誕生。全体では今季より1戦減の22レースとなった。初戦は3月18日の宇都宮クリテリウムとなる予定。

国内最高峰のロードレース「Jプロツアー」では、真紅の年間総合リーダージャージ「ルビーレッドジャージ」をめぐって、熱い戦いが繰り広げられる Photo: Ikki YONEYAMA国内最高峰のロードレース「Jプロツアー」では、真紅の年間総合リーダージャージ「ルビーレッドジャージ」をめぐって、熱い戦いが繰り広げられる Photo: Ikki YONEYAMA

「Two in One」レースをさらに拡大

全日本実業団自転車競技連盟の斧隆夫理事長 Photo: Kyoko GOTO全日本実業団自転車競技連盟の斧隆夫理事長 Photo: Kyoko GOTO

 同日、東京都内で開かれた会見によると、2017年シーズンで新たに追加となるレースは、宇都宮ロードレース(予定)、那須塩原クリテリウム、那須ロードレース、大田原クリテリウム(検討中)、矢板ロードレース(検討中)、秋吉台カルストロードレース(仮称)の6レース。

 クリテリウムで3年間実績を積んだ宇都宮が、来年はさらにロードレースも開催し拡大。同様に山口では、県庁前で実施していたタイムトライアルに代わって秋吉台でのロードレースとなるなど、段階を踏んで開催規模を拡大している。

 最もグレードが高い「経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ」は、来年は南魚沼ロードレースで開催。日程も10月末の最終戦となり、クライマックスにふさわしい頂上決戦に位置付けられた。

 JBCFは、2日間で2連戦する「Two in One」(ツーインワン)レースの形態を推し進めており、来年は全12開催地中、宇都宮、群馬、那須、広島、みやだ、大田原・矢板、秋吉台・山口、まえばし、おおいた─の9カ所でツーインワンレースが行われる予定。ツーインワンの大会は、1日がロードレースで、もう1日はタイムトライアル(TT)という組み合わせが大半で、コースに応じてチームTT、個人TT、ヒルクライムTTが行われる。

2日間で2連戦を行う「Two in One」というレース形態の拡大を目指す Photo: Kyoko GOTO2日間で2連戦を行う「Two in One」というレース形態の拡大を目指す Photo: Kyoko GOTO

 同連盟の斧隆夫理事長は「連盟創立50周年を迎える来季。『継続』『拡大』『向上』を基本方針の“3K”と位置づけ、Jプロツアーの価値を高めるなかで、2020年の東京五輪開催に向けて自転車レースをメジャースポーツにしていきたい」と述べた。

 なお、下位カテゴリーとなるJエリートツアーは全41戦、女子のJフェミニンツアーは全42戦、ジュニア年代のJユースツアーは全4戦での開催を予定している。

 Jプロツアーに参戦する登録チームは今季と同じ22チーム。上位10チームがTOP-P、その他12チームがPと呼ばれる分類となる。

2017年レース開催スケジュール(案)

【1】3月18日 宇都宮クリテリウム(栃木県宇都宮市)
【2】3月19日 宇都宮ロードレース(同上)
【3】4月22日 東日本ロードクラシック群馬大会Day-1(群馬CSC)
【4】4月23日 東日本ロードクラシック群馬大会Day-2(同上)
【5】6月10日 那須塩原クリテリウム(栃木県那須塩原市)
【6】6月11日 那須ロードレース(栃木県那須町)
【7】7月1日  西日本ロードクラシック広島大会 Day-1(広島森林中央公園)
【8】7月2日  西日本ロードクラシック広島大会 Day-2(同上)
【9】7月16日 石川サイクルロードレース(福島県石川町)
【10】7月22日 みやだ高原ヒルクライム(長野県宮田村)
【11】7月23日 みやだクリテリウム(同上)
【12】7月29日 大田原クリテリウム(検討中)(栃木県大田原市)
【13】7月30日 矢板ロードレース(検討中)(栃木県矢板市)
【14】9月3日  タイムトライアルチャンピオンシップ(栃木県渡良瀬遊水地)※チームポイントの加算なし
【15】9月16日 秋吉台カルストロードレース(仮称)(山口県美弥市)
【16】9月17日 維新やまぐちクリテリウム(山口県山口市)
【17】9月23日 まえばしクリテリウム(群馬県前橋市)
【18】9月24日 まえばし赤城山ヒルクライム(同上)
【19】10月8日 輪島ロードレース(石川県輪島市)
【20】10月14日 おおいたいこいの道クリテリウム(大分県大分市)
【21】10月15日 おおいたサイクルロードレース(同上)
【22】10月28-29日 南魚沼ロードレース(第51回JBCF経済大臣旗ロードチャンピオンシップ)(新潟県南魚沼市)

2017年 Jプロツアー参戦チーム

【TOP-P 10チーム】
チームUKYO(検討中)
宇都宮ブリッツェン
マトリックスパワータグ
シマノレーシング
インタープロ サイクリング アカデミー
愛三工業レーシングチーム
那須ブラーゼン
シエルヴォ奈良 レーシングチーム
キナン サイクリングチーム
リオモ ベルマーレ レーシングチーム
【P 12チーム】
イナーメ信濃山形
ホンダ栃木
ヴィクトワール ヒロシマ
ブリヂストン アンカー サイクリングチーム
ウォークライド・シクロアカデミア
VC フクオカ・サイクルフリーダム
東京ヴェントス
群馬グリフィン・レーシングチーム
フィッツグルーン 二ホンロボティクス
なるしまフレンド レーシングチーム
アクアタマ ユーロワークス
エルドラード東北

関連記事

この記事のタグ

JPT2016・ニュース JPT2017・ニュース Jプロツアー2016 Jプロツアー2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載