スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<39>10年ぶりに訪れたインド 空港がきれいになっても“何も変わらない”人と街

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
クラクションと喧騒が妙に懐かしかった Photo: Gaku HIRUMAクラクションと喧騒が妙に懐かしかった Photo: Gaku HIRUMA

【2014年12月上旬】インド デリー

 インドには10年ぶりに足を踏み入れた。驚くほどきれいになった空港では、獲物を狙うギラギラした客引きはぱたりと姿を消し、代わりに快適なメトロが延びていた。

 様変わりした空港に戸惑いメトロに向かっていると、ひとりのインド人が声をかけてきた。

 「インドは初めてかい?」

 10年前に旅をしていたと告げると、

 「そうか。でも10年前とでは全てが変わっているよ」

 そうかもね。こんな空港もきれいになってるもんね。

 「それはそうとメトロは止まってるからタクシーで行こう」

 まるで挨拶のようにだましてくるインド人との絡みが無性に懐かしく、何も変わってないわと嬉しくなった。

カレーの奥深い味は何度食べても舌を巻く Photo: Gaku HIRUMAカレーの奥深い味は何度食べても舌を巻く Photo: Gaku HIRUMA
ホテルの屋上から観るタージマハル。そこだけ世界が違う Photo: Gaku HIRUMAホテルの屋上から観るタージマハル。そこだけ世界が違う Photo: Gaku HIRUMA

 街に出ると、やはり変わっていないインドがそこにあった。むせかえるような喧騒に、排気ガス、こんがらがったスパイスのにおい。クラクションに、所狭しと走るリキシャ、チャイ屋のかけ声に我が物顔で歩く牛や猿。

 相変わらずこの国では適当にカメラのシャッターを切れば、必ずインドっぽい何かが移り込む。世界一周しても、なおこの国は新しい発見に満ちた面白い国だ。

猿も神様だけど、インド人も驚くふてぶてしさ Photo: Gaku HIRUMA猿も神様だけど、インド人も驚くふてぶてしさ Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載