スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン<1>私にぴったりの1台は? プロが直伝、初めてのスポーツ用自転車選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツ用自転車に乗ってみたい人や、もっと楽しみたいサイクリストに、安全で快適に楽しむ方法をお伝えする連載「動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン」が始まりました。スポーツ用自転車に全く乗ったことがない女優の佐々木萌詠さんが、元プロロードレーサーの宮澤崇史さんの指導のもと、自転車のルール・マナーなどを身に付けて50kmのライドを目指します。第1回は「初めてのスポーツ用自転車選び」。東京都内のサイクルショップを訪れた萌詠さんが「相棒」として選んだ1台は?

はじめてのスポーツ用自転車を選びにサイクルショップを訪れた佐々木萌詠さん(右)と宮澤崇史さん Photo: Kenta SAWANOはじめてのスポーツ用自転車を選びにサイクルショップを訪れた佐々木萌詠さん(右)と宮澤崇史さん Photo: Kenta SAWANO

「ダイエット効果」に反応!?

 タレント活動の合間にもバスや電車を使うことが多い萌詠さんは、スポーツ用自転車が全くの未経験。周りに乗っている友人はいるが、1人でどう始めたら良いか分からないという。Cyclistがそんな相談を受け、宮澤崇史さんと一緒に訪れたのは、2016年10月にオープンしたばかりの「ル・サイク新虎通り店」。ウッディ―でカフェのような店内に踏み込んだ萌詠さんは、様々な種類のスポーツ用自転車に目を輝かせた。

 店内を見回しながらロードバイクのタイヤの細さにびっくりしている萌詠さんに、宮澤さんは、細いタイヤはスピードが出やすくラクに遠くまで行けることを説明。「ダイエット効果もあるんですよ」という、女子がときめくキーワードに萌詠さんは一気に引き込まれた。

入門用アルミロードバイク、ルイガノの「CTR」 Photo: Kenta SAWANO入門用アルミロードバイク、ルイガノの「CTR」 Photo: Kenta SAWANO

 宮澤さんは、スポーツ用自転車には3種類あるとして、ルイガノの3台を紹介した。最初にクロスバイクの「CHASSE」。アルミフレームを採用したエントリー向けで、太めの700×32Cサイズのタイヤは走行性とクッション性のバランスに優れ、路面からのショックを吸収しながら歩道の段差なども走り抜けるという。続いてサスペンション付きの26インチのマウンテンバイク「FIVE」と入門用アルミロードバイクの「CTR」だ。

宮澤崇史さんが紹介したルイガノのクロスバイク「CHASSE」 Photo: Kenta SAWANO宮澤崇史さんが紹介したルイガノのクロスバイク「CHASSE」 Photo: Kenta SAWANO
マウンテンバイクとして紹介されたルイガノの「FIVE」 Photo: Kenta SAWANOマウンテンバイクとして紹介されたルイガノの「FIVE」 Photo: Kenta SAWANO

「デザイン」よりも大事なこと

 3台の中からどれを選んでいいか悩んでいた萌詠さんに、宮澤さんは「デザインや価格だけでなく、どれくらいの距離を乗るか、用途で乗るかが大切」とアドバイス。萌詠さんは「普段乗れて、スイスイ進む自転車がいいですね…」と思いをめぐらす。そして最後に選んだ1台は?

→<2>ウェア・アイテム選びのポイント聞いちゃった

SBAAマークとは

 安全で高品質な自転車を目指し、自転車協会がスポーツ用自転車先進国のヨーロッパのEN規格をベースに、日本の道路事情や日本人の体格に合わせ、2007年に制定したスポーツ用自転車の安全基準。基準をクリアした自転車に貼られるのが「SBAAマーク」だ。2014年7月にEN規格とISOが完全整合され、スポーツ用自転車安全基準(SBAA)も改正され、現在は国際規格のISO4210がベースになっている。

SBAA PLUSマークとは

 一定の実務経験を積み、自転車協会が「十分な技量を有する」と判断する販売者が、協会主催の講習会を受け、試験に合格すると「SBAA PLUS」の認定を受けることができる。また「SBAA PLUSマーク」は認定者がスポーツ用自転車の整備基準に基づいたメンテンスを行うごとに自転車に貼ることができる「メンテナンスマーク」だ。

スポーツ用自転車の安全基準をクリアした自転車に貼られる「SBAAマーク」 Photo: Kenta SAWANOスポーツ用自転車の安全基準をクリアした自転車に貼られる「SBAAマーク」 Photo: Kenta SAWANO
店内に飾られたSBAA PLUS認定プレート(左)と認定証 Photo: Kenta SAWANO店内に飾られたSBAA PLUS認定プレート(左)と認定証 Photo: Kenta SAWANO

■ル・サイク新虎通り店

 2016年10月にできたばかりのコミューターバイクを中心としたスローストリートな都市型自転車店。木の暖かさを大事にした店内には、チョイ乗りから通勤通学用、ユーテリティーバイクなどの自転車のほか、店員の目で選んだオシャレなグッズも美しいディスプレーで並んでいる。SBAA PLUS認定者でル・サイク アヴァン等々力店の佐藤店長は「整備が得意な自転車はロードバイクですが、一般用の自転車こそ、しっかり整備しなくてはいけないと思っています」。

ル・サイク新虎店の外観 Photo: Kenta SAWANOル・サイク新虎店の外観 Photo: Kenta SAWANO
暖かい雰囲気のル・サイク新虎店の店内 Photo: Kenta SAWANO暖かい雰囲気のル・サイク新虎店の店内 Photo: Kenta SAWANO
佐々木萌詠 佐々木萌詠(ささき・もえ)

女優・タレント。神奈川県出身。身長168cm。2013年からNHK Eテレ『Rの法則』にレギュラーメンバーとして出演し、日テレで『私立バカレア高校』と『スプラウト』、映画は『生贄のジレンマ』、『近キョリ恋愛』、『ガールズ・ステップ』などに出演。2017年3月公開の映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」にも出演。特技はクラシックバレエやヒップホップダンス、ピアノ演奏。

◇         ◇

 ※連載企画「動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン」は、安全・安心で環境に優しいスポーツ用自転車の証「スポーツBAAマーク制度」を制定している「一般社団法人 自転車協会」のサポートを受けてお届けしています。

VAAM

関連記事

この記事のタグ

Cyclist for Woman アイテム(女性向け) セーフティーライド 動画で納得、今さら聞けない自転車のキホン 自転車協会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載