スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「GIANT CONTEND SL 1 DISC」 油圧ディスクを装備する新進気鋭のニューモデル

  • 一覧

 台湾のバイクブランド「GIANT」(ジャイアント)は、スポーツサイクルのオールジャンルで業界をリードする存在だ。充実のラインナップを更に進化させるべく、2017年も新進気鋭のモデルを発表。その一つが、アルミロードの更なる可能性を示した新型の「 CONTEND」(コンテンド)シリーズだ。「DEFY」(ディファイ)の快適性と「TCR」の加速性を兼ね備えた意欲作となっている。なかでも 「GIANT CONTEND SL 1 DISC」 は一定の評価を得たディスクロードに、価格と性能の両面から切り込んだモデルで、価格を抑えながらも油圧式のディスクブレーキを搭載している。

「GIANT CONTEND SL 1 DISC」 Photo: Masami SATOU「GIANT CONTEND SL 1 DISC」 Photo: Masami SATOU

GIANT CONTEND SL 1 DISC(ジャイアント コンテンド SL1ディスク)
価格:155,000円(完成車、税抜)
サイズ:410(XS)、445(S)、480(M)、515(ML)
カラー:マットブラック
問い合わせ先:ジャイアント http://www.giant.co.jp/

スペック

フレーム:ALUXX SL-Grade Aluminum
フォーク:Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive Column
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・RS500 50×34T、 11-32T(11s)
ホイール:ジャイアント・P-R2 DISC(リム)、フォーミュラ(ハブ)
重量:9.25kg(Mサイズ完成車実測値)

フラットマウントの油圧ディスクブレーキを採用する「コンテンドSL1ディスク」。カーボンフォークはハードなブレーキングに最適な剛性を備える Photo: Masami SATOUフラットマウントの油圧ディスクブレーキを採用する「コンテンドSL1ディスク」。カーボンフォークはハードなブレーキングに最適な剛性を備える Photo: Masami SATOU
ジャイアント独自の「コンダクトディスクブレーキ」を採用。ハンドル中央部のワイヤーと油圧の変換装置を介すことで、低価格での油圧ディスクブレーキ装備を可能に Photo: Masami SATOUジャイアント独自の「コンダクトディスクブレーキ」を採用。ハンドル中央部のワイヤーと油圧の変換装置を介すことで、低価格での油圧ディスクブレーキ装備を可能に Photo: Masami SATOU
D型断面のD-FUSEカーボンシートピラーがしなり、有能に振動を吸収する Photo: Masami SATOUD型断面のD-FUSEカーボンシートピラーがしなり、有能に振動を吸収する Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 コンテンドは新しいエントリーアルミロードとして登場したシリーズ。レースモデルの「TCR」とエンデュランスモデルの「DEFY」(ディファイ)の、中間的なキャラクターが与えられているという。

松尾 乗ってみると、ジャイアントらしく、一貫したバランスのよさがあります。ニュートラルな性格なので、誰でも扱いやすいでしょうね。アルミですが硬すぎずしなやか過ぎない剛性感です。

米山 まず、踏み出しの軽さが印象的。エントリー層がロードバイクの軽快さ、楽しさを体感できる作りになっていると思う。アルミフレームだけど、カーボンフォークに加え、D型断面で積極的にしなるのD-FUSEシートポストが、乗り心地の良さも両立させている。

松尾 そうですね。フレームはアルミですが、快適性はそこまで悪くないです。25cのタイヤなのでエアボリュームを調整するとなかなか良くまとまる印象でした。

米山 このモデルの面白いのは油圧ディスクブレーキの採用で、レバーはワイヤー式でありながら、途中のハンドルバーの中央に変換機構を設けて油圧キャリパーを駆動している。

松尾 「コンダクトディスクブレーキ」ですね。機械式から油圧式へのコンバーターで、ノーマルのSTIレバーを使用しているので、アフターパーツの面でも安心感があるように思います。ブレーキフィーリングはどうなのか気になるところでしたが、ワイヤー部が短いから影響が少ないのか、違和感はまったくなく、油圧式そのものの引きの軽さを感じることができました。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 軽いブレーキタッチでコンディションに左右されず高いブレーキ性能が得られるのは、エントリー層にとても安心だよね。シマノ・105をメインコンポに、油圧ディスクブレーキ、チューブレス対応のホイールまで付いて、この完成車価格は驚異的なコストパフォーマンスでしょう。

松尾 ええ。タイヤは25cが標準採用なので、乗り心地も良く、利便性が高いバイクですね。どんなシチュエーションにも対応できるのではないでしょうか。

米山 うん。通勤からロードサイクリング、各種イベントなど、あらゆるロードバイクの楽しみに対応するバイクだよ。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

15~20万円 ジャイアント バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載