スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「BIANCHI ORTRE XR4」 高剛性かつ振動をいなす、速さに磨きをかけた新フラッグシップ機

  • 一覧

 歴史あるイタリアのバイクブランド、「BIANCHI」(ビアンキ)。ブランドカラーの伝統色「チェレステ」は色褪せることなく、新しいファンの間にも浸透し、日本国内には関東の都市中心部に9つの店舗を構え、試乗会や講習会などのサポートが充実している。今回試乗したのは、オルトレXR2の後継モデル「オルトレXR4」。特許取得の独自の振動除去機能「カウンターヴェイル」が搭載された新機種だ。

「BIANCHI ORTRE XR4」(ビアンキ オルトレ XR4) Photo: Masami SATOU「BIANCHI ORTRE XR4」(ビアンキ オルトレ XR4) Photo: Masami SATOU

BIANCHI ORTRE XR4(ビアンキ オルトレ XR4)
価格:1,100,000円(レッドeタップ&レーシングゼロ完成車、税抜)
   970,000円(デュラエース&レーシングゼロ完成車、税抜)
   410,000円(フレーム、税抜) ほか
サイズ:47、50、53、55、57、59、61
カラー:CK16×ブラックグロッシー、ブラックマット×ブラックマンバグロッシー、グラファイトマット×レッドグロッシー、ブラックマット×CK16グロッシー、CK16マット×ブラックグロッシー
問い合わせ先:サイクルヨーロッパ http://www.cycleurope.co.jp/bianchi

スペック

フレーム:Monocoque carbon hi-modulus frame with Countervail material
フォーク:Full carbon 1.1/8” to 1.4” with Countervail material
変速機:スラム・レッドeタップ(F)&(R)
ギヤ:スラム・レッドeタップ 50×34T、 12-25T(11s)
ホイール:フルクラム・レーシングゼロ
重量:7.05kg(55サイズ完成車実測値)、980g (55サイズフレームカタログ値)

エアロシートポストを採用。ブレーキにはヴィジョンのダイレクトマウントブレーキを採用する Photo: Masami SATOUエアロシートポストを採用。ブレーキにはヴィジョンのダイレクトマウントブレーキを採用する Photo: Masami SATOU
大胆なエアロ形状をとるヘッド周りと、ハンドルとステムが一体型のヴィジョン・メトロン5Dハンドルバー Photo: Masami SATOU大胆なエアロ形状をとるヘッド周りと、ハンドルとステムが一体型のヴィジョン・メトロン5Dハンドルバー Photo: Masami SATOU
フロントもダイレクトマウントブレーキを採用。空気の流れを可視化する技術、フロー・ビジュアライゼーションによって、エアロダイナミクスは大幅に進化した Photo: Masami SATOUフロントもダイレクトマウントブレーキを採用。空気の流れを可視化する技術、フロー・ビジュアライゼーションによって、エアロダイナミクスは大幅に進化した Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 ビアンキの2017年モデル「オルトレXR4」は、既に3機種に投入されていた振動除去機能「カウンターヴェイル」を搭載して、フレームとフロントフォークの剛性と強度を向上させながらも振動を大幅に除去できているフレームだそうです。

米山 空気の流れを最新テクノロジーで読み取り、非常にエアロダイナミクスに優れたフレームに仕上げられているようだ。乗ってみてどうだった?

松尾 個人的に、元々ビアンキのバイクの乗り味は好きだったのですが、さらにファンになりました。同じイタリアンブランドにはピナレロとコルナゴがありますが、それぞれ良いところを合わせたような感じなんです。

米山 ポジション出しにちょっと乗っただけで、気に入った様子だったよね。全体的に、とても実戦的なバイクだったからかな。

松尾 そうですね。縦剛性が高いのに不快ではないのが良いです。イタリアンロードらしい安定感と軽さが魅力で、なにより速いです。しっかりと硬さもあるのですが、踏み切れないものではありません。足への反発が少ないので、ぐんぐんリズム良く踏めます。剛性、加速時の伸び、安定性のバランスがとても優れたレーシングバイクでした。

米山 うん、ボクも「速いバイク」という印象だった。急加速で出入りの激しい走りをするよりも、高速をキープする走りで好感触を得られた。シッティングでパワーをかけていくと、どんどん加速するというフィーリング。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 伸びやかでいいですね! 空気の抜けも良く感じたので狙いどおりのフレームのエアロ効果が出ているのでしょう。また、縦剛性が強いのと、振りが軽いのも相まって上りでも速いです。下りはフォークがとても良い味出してます。横方向に強いのでハイスピードのコーナリングも怖さを感じさせません。

米山 しいて言えば、エアロブレーキのフィーリングは、個人的にはイマイチだった。スラムコンポーネントにダイレクトマウントブレーキの組み合わせなので、ここはチョイスが難しいかな。

松尾 レッドeタップは良かったですけどね。速い「オルトレXR4」は、エアロロードの中では振動吸収性は高め。直線番長というよりは、上りも軽々とこなせるのでオールラウンドバイクです。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ビアンキ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:千葉競輪パワースポーツ講座

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載