スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「JAMIS RENEGADE EXPERT」 快適なオフロード走行も可能なアドベンチャーカーボンロード

  • 一覧

 「JAMIS」(ジェイミス)は、サイクリストから愛される実直なバイクを作るアメリカのバイクブランドだ。選ばれ続けるロングランモデルを抱えながらも、素材や技術、製法はその時代の最高のものを選ぶのがポリシー。今回試乗する「RENEGADE」(レネゲード)は舗装路に限らず、どんな路面も走破でき、キャリアやマッドガードダボなどの快適なライドをサポートする機能も備えた、ジェイミスが考える人気のアドベンチャーロードだ。

「JAMIS RENEGADE EXPERT」(ジェイミス レネゲード エキスパート) Photo: Masami SATOU「JAMIS RENEGADE EXPERT」(ジェイミス レネゲード エキスパート) Photo: Masami SATOU

JAMIS RENEGADE EXPERT(ジェイミス レネゲード エキスパート)
価格: 293,000円(完成車、税抜)
サイズ:48、51、54
カラー:ブラック
問い合わせ先:ジェイミス・ジャパン  http://www.jamis-japan.com/

スペック

フレーム:T700/FRPカーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、 11-28T(11s)
ホイール:WTB・ST i23(リム)
重量:9.60kg(54サイズ完成車実測値)

高剛性な仕上がりのフロントフォーク。ディスクブレーキを採用し、前後共にスルーアクスルを採用する Photo: Masami SATOU高剛性な仕上がりのフロントフォーク。ディスクブレーキを採用し、前後共にスルーアクスルを採用する Photo: Masami SATOU
コンパクトなリア三角の一辺を担う細身のシートステー。40Cまでのタイヤクリアランスを確保する Photo: Masami SATOUコンパクトなリア三角の一辺を担う細身のシートステー。40Cまでのタイヤクリアランスを確保する Photo: Masami SATOU
低めに設計されたBB。悪路や荷物を搭載しての走行でも低重心に安定感をもたらす Photo: Masami SATOU低めに設計されたBB。悪路や荷物を搭載しての走行でも低重心に安定感をもたらす Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 カーボンモデルを試乗したけど、「RENEGADE」(レネゲード)にはアルミやクロモリフレームもあってラインナップが幅広いので、実用向きにもホビー向きにも、様々な使い方ができると思う。

松尾 シクロクロスにも近い仕様ですが、グラベルロードやアドベンチャーロードなど、そういう流行りのカテゴリーに分類されるバイクですか。この手のバイクは金属系のフレームが多く、また、低価格帯向けにパーツのグレードが低いものも多いですが、ジェイミスはきっちりと作りこんできているのが良いですね。

米山 良くできているよね。重量感のある見た目から「重たいかな?」と思ったけど、踏み出しが軽くて「こういう感じなのか」と驚かされた。

松尾 ええ。軽量なカーボンフレームの軽やかさとしなやかさで、乗り心地もかなりよかったです。カチカチではなく、どんな走行環境でもいかに万能に走れるかを意識していると思います。

米山 印象的な太いブロックタイヤは36C。フレームのクリアランスは40Cまで対応するそうだよ。エアボリュームがたっぷりで乗り心地が良く、悪路でも安定した走りができる。速さの限界を追い求めるというよりは、走ることを楽しむバイク。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 走りは低重心で、安定した走りが可能でした。あえてハンドリングがダルめになっているように感じるところも、キャラが立っていて思います。乗り心地は抜群に良いですよ。タイヤの空気圧調整で如何様にもなりそう。また、シートステーの細さが優れた振動吸収性を生んでいると思います。 フォークは見た目どおりしっかりしていて、下りのときにその剛性の高さが生きていました。走れない場所はないと感じさせる意味で万能バイクでした。

米山 ポジションがアップライトだし、ディスクブレーキで天候を選ばず安定した制動力が得られるのもいい。どんな路面もオーケーなところが売りのバイクではあるけれど、オフロードに行かなくても、太いタイヤは細かい段差を気にせず走れるので、シティークルーズに使うのもアリ。

松尾 レネゲードは見た目以上に軽い走行が楽しめますし、油圧ディスクなのでブレーキの効きの良さもポイントです。オンロードメインで使うのも良し。そして、やはり40Cまでクリアランスを確保しているタイヤ幅の自由度が高いのが魅力ですので、個人的にはもう少し凹凸のあるブロックタイヤでオフロードを楽しみたいです。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

20~30万円 ジェイミス バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載