スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

完璧なチームプレイに応えるイエローのトレックがレースを制圧、別府史之が2連覇 ジャパンカップクリテリウム詳報

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 宇都宮駅前の目抜き通り「宇都宮市大通り」で10月22日、ジャパンカップサイクルロードレースクリテリウムが開催され、チームメートにリードアウトされた別府史之(トレック・セガフレード)がスプリントで勝利し、昨年に続く2連覇を果たした。別府はゴール後に「パーフェクトな完全勝利です」と嬉しさをあらわにした。

2連覇した別府史之が2本の指で「V2」ポーズ Photo: Kenta SAWANO2連覇した別府史之が2本の指で「V2」ポーズ Photo: Kenta SAWANO

コースが延長しハイスピードな展開へ

4周目、集団から逃げる新城幸也 Photo: Kenta SAWANO4周目、集団から逃げる新城幸也 Photo: Kenta SAWANO

 1周2.25kmの特設コースを15周するクリテリウムレースは、計33.75kmで争われた。途中、4、8、12周目に先頭でゴールラインを通過した選手にはそれぞれスプリント賞が与えられ、レース展開を単調にしない“スパイス”が設けられた。なお、ことしはコースが延長し、ストレートが長くなったことで、よりハイスピードな展開が期待された。

 4周目のスプリント賞を狙いに動いたのは新城幸也(ランプレ・メリダ)で、コース折り返し付近でアタック。しかし、後方から迫った井上和郎(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)が獲得した。

スタート前、集団の中心で談笑する別府史之(左)とファビアン・カンチェッラーラ。カンチェッラーラはライトをつけてスタート Photo: Kenta SAWANOスタート前、集団の中心で談笑する別府史之(左)とファビアン・カンチェッラーラ。カンチェッラーラはライトをつけてスタート Photo: Kenta SAWANO
曇り空の中、スタートする選手たち。中央のファビアン・カンチェッラーラはライトをつけていた Photo: Kenta SAWANO曇り空の中、スタートする選手たち。中央のファビアン・カンチェッラーラはライトをつけていた Photo: Kenta SAWANO
最初のスプリントポイントを取った井上和郎 Photo: Kenta SAWANO最初のスプリントポイントを取った井上和郎 Photo: Kenta SAWANO
スプリント賞周回の後には展開が生まれやすい Photo: Kenta SAWANOスプリント賞周回の後には展開が生まれやすい Photo: Kenta SAWANO

中盤以降はトレックの独壇場

 中盤に入るとトレック・セガフレードによってレースの大半が組み立てられた。今レースをもって引退するファビアン・カンチェッラーラ(スイス)やバウケ・モレマ(オランダ)が隊列の先頭を引くと、逃げを試みたジョセフ・ロスコフ(アメリカ、BMCレーシングチーム)とベンジャミン・ヒル(オーストラリア、チーム アタッキ・グスト)は計算通りに吸収された。

9周目、追走集団はトレック・セガフレードがコントロール Photo: Kenta SAWANO9周目、追走集団はトレック・セガフレードがコントロール Photo: Kenta SAWANO

 逃げている間にロスコフは8周目と12周目のスプリント賞を獲得。吸収こそされたものの、グランツールでも逃げを決めた経験を持つ独走力を大勢の観客の前で披露し健闘した。

13周目、アタックをかけるテイラー・フィニー(左)とダヴィデ・ヴィッレッラ Photo: Kenta SAWANO13周目、アタックをかけるテイラー・フィニー(左)とダヴィデ・ヴィッレッラ Photo: Kenta SAWANO
7周目から飛び出したジョセフ・ロスコフ(左)とベンジャミン・ヒル Photo: Kenta SAWANO7周目から飛び出したジョセフ・ロスコフ(左)とベンジャミン・ヒル Photo: Kenta SAWANO
最終ラップに入り、ファビアン・カンチェッラーラ(左)を先頭に二荒山神社の前を通過するトレック・セガフレードのトレイン。別府史之は最後方でゴールに備える Photo: Kenta SAWANO最終ラップに入り、ファビアン・カンチェッラーラ(左)を先頭に二荒山神社の前を通過するトレック・セガフレードのトレイン。別府史之は最後方でゴールに備える Photo: Kenta SAWANO

 レースは逃げを吸収後、大きな動きがないまま集団は一つで最終周回にハイスピードで突入。勝負は集団スプリントへ持ち込まれた。先頭を走るのはことしパリ〜ルーベを制したマシュー・ヘイマン(オーストラリア)を率いたオリカ・バイクエクスチェンジ勢。また、その後ろにはトレック・セガフレードで、最後尾にはスプリント勝利を狙う別府が位置した。その近辺には単独でポジションを上げた地元から出場の小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)の姿が見える。小野寺は昨年、強豪スプリンターを相手に7位に入り、スプリント力を示していた。

大久保が別府の番手に

 残り600mの折り返しコーナーを目前に、オリカ・バイクエクスチェンジに並んだのは阿部嵩之、大久保陣の宇都宮ブリッツェン勢。阿部がコーナー中ほどで離脱すると、大久保はヘイマンの前にポジションを取り、別府の番手につけた。

フィニッシュ地点へ向けて渾身のリードアウトをみせるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)と後ろにつける別府、大久保 Photo: Naoi HIRASAWAフィニッシュ地点へ向けて渾身のリードアウトをみせるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)と後ろにつける別府、大久保 Photo: Naoi HIRASAWA
ゴールスプリントでもがく別府史之 Photo: Kenta SAWANOゴールスプリントでもがく別府史之 Photo: Kenta SAWANO

 腰を上げてフィニッシュに向かう集団内では、国内外のスプリントシーンで圧倒的な力を見せつけた純スプリンターのジョン・アベラストゥリ(スペイン、チームUKYO)が前方へと上がる。また、マヌエーレ・モーリ(イタリア、ランプレ・メリダ)がテクニックを駆使し好位置へとついた。

圧倒的なスプリントを見せた別府

2連覇し、ガッツポーズを決める別府史之 Photo: Kenta SAWANO2連覇し、ガッツポーズを決める別府史之 Photo: Kenta SAWANO

 残り200mを切ると先頭を走るジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)がリードアウトで離れ、別府がスプリントを開始した。番手の大久保やアベラストゥリが背後に迫るも、別府は差されることなくフィニッシュ。2年連続の勝利を果たした。2位にはアベラストゥリ、3位にはモーリが入った。

ゴール後インタビューを受ける新城幸也 Photo: Kenta SAWANOゴール後インタビューを受ける新城幸也 Photo: Kenta SAWANO
2連覇し、ガッツポーズを決める別府史之(左)は3位に入ったマヌエーレ・モーリに激写される Photo: Kenta SAWANO2連覇し、ガッツポーズを決める別府史之(左)は3位に入ったマヌエーレ・モーリに激写される Photo: Kenta SAWANO

 レース後のコメントでモーリは「別府が速く、勝つことは不可能だった。常に速く難しいレースだったので、3位でハッピーだよ」と話し、翌日のロードレースへ弾みをつけた。また、最終コーナーで観客を沸かせた大久保は「チームで上がり、別府さんの番手につけた。地元で勝ちたかったが、力不足だった」と肩を落とした。

 別府は表彰式で「チームの仕事が素晴らしかった。呼吸の合ったチームワークで自分が走れて、勝って当然の展開だった。去年に引き続き、皆が応援してくれる中で勝てたのは最高に嬉しかったです」と2連覇の喜びを観客とともにした。

2連覇した別府史之(右から2人目)は、ファビアン・カンチェッラーラ(右)をはじめ、トレック・セガフレードのチームメートと喜びを分かち合う Photo: Kenta SAWANO2連覇した別府史之(右から2人目)は、ファビアン・カンチェッラーラ(右)をはじめ、トレック・セガフレードのチームメートと喜びを分かち合う Photo: Kenta SAWANO

 翌日の23日には宇都宮市森林公園を舞台に、国内最高峰のワンデーレース「ジャパンカップサイクルロードレース(1.HC)」が開催される。1周10.3kmのコースを14周する144.2kmのコースで、名物の上り「古賀志林道」やテクニカルな下り、見通しが良い平坦区間などバラエティに富んだ設定で見所は満載だ。

オリオンスクエアで行われた表彰式に登場した上位3人。(左から)2位のアベラストゥリ、優勝の別府、3位のモーリ Photo: Ikki YONEYAMAオリオンスクエアで行われた表彰式に登場した上位3人。(左から)2位のアベラストゥリ、優勝の別府、3位のモーリ Photo: Ikki YONEYAMA

ジャパンカップクリテリウム
1 別府史之(トレック・セガフレード) 43分04秒
2 ジョン・アベラストゥリ(スペイン、チームUKYO) +0秒
3 マヌエーレ・モーリ(イタリア、ランプレ・メリダ)
4 テイラー・フィニー(アメリカ、BMCレーシングチーム)
5 マッティ・ブレシェル(デンマーク、キャノンデール・ドラパック)
6 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)

関連記事

この記事のタグ

2016 ジャパンカップ 2016ジャパンカップ・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載