スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ファウスト・ピナレロ社長とカメラマン砂田氏迎えウィギンスが来日へ 11月5日「サイクルモード」でサイン会とトークショー

  • 一覧

※来日が中止になりました

◇         ◇

ブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN ブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN

 ツール・ド・フランスや五輪での偉業で知られるブラッドリー・ウィギンス(英国、チーム・ウィギンス)が11月5日、千葉県・幕張メッセで行われる「サイクルモード・インターナショナル 2016」に来場し、トークショーやサイン会を行う。10月7日、ピナレロジャパンが発表した。

 11月4日から3日間行われる「サイクルモード」の目玉とも言えるサプライズが発表された。2013年のツール・ド・フランス制覇、そして2016年8月、リオ五輪トラック競技男子団体追い抜き決勝の金メダル獲得で通算8個目の五輪メダルとなり、全競技を通じて英国スポーツ史上、最も多くのメダルを獲得したウィギンスが日本のファンと接することになった。

ピナレロのバイクでトラックを走るブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN ピナレロのバイクでトラックを走るブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN

 11月5日に会場メインブースで行われるトークショーは、ウィギンスの走りを支える「ピナレロ」を率いるファウスト・ピナレロ社長と、長年欧州のトップレースを撮り続けてきたサイクルフォトグラファーの砂田弓弦氏を迎え、世界のロードレースの魅力に迫る。サイン会はピナレロジャパンブースで2回(各回200名限定)行われる。

ブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN ブラッドリー・ウィギンス(チーム・ウィギンス) ©PINARELLO JAPAN

 今回の来日は、ウィギンスとピナレロとの強力なパートナーシップから実現した。ウィギンスはロード競技では2012年にピナレロが機材提供を行っているチーム スカイのエースとしてイギリス人初のツール・ド・フランス個人総合優勝し、英国王室から大英帝国勲章も授与された。

 チーム スカイを離れ、自身が設立したチーム・ウィギンスに所属する現在も、ピナレロのバイクに乗って活躍を続けている。ピナレロが本国イタリアで運営&開催している人気グランフォンド『ラ・ピナ・サイクリングマラソン』にゲストライダーとして走った経験もある。

 トラック競技復帰後の2015年アワーレコード樹立時にも、ピナレロ社が最高の技術を投入し、「BOLIDE HR」というレコード専用マシンを製作。今回、この実車もピナレロブースに展示される予定だ。

【ブラッドリー・ウィギンス イベントスケジュール】

日時:11月5日(土)
10:45~11:45 サイン会(ピナレロジャパン・ブース No.4-24)
12:00~12:30 トークショー(メインステージ)
14:30~15:30 サイン会(ピナレロジャパン・ブース No.4-24)
主催者からの注意事項
※サイン会は11/5(土)ピナレロジャパン・ブース(No. 4-24)ホール階段側正面に設ける並び列に、各回開始45分前よりお並びください。各回先着200名様に整理券をお渡しいたします。
※お願い:サイン会は出来るだけ多くのお客様に楽しんでいただけるように、「こちらで配布するポスターにのみサイン可」「セルフ撮影の禁止」「写真撮影は事前にご友人などに依頼しておく」など、スムーズな運営の為、皆様のご協力をお願いいたします。

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード ピナレロ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載