スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「TIME SCYLON」 バランスよく剛性を高め、高速域で会心の伸びを発揮する旗艦機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペダルのメーカーとしてスタートした「TIME」(タイム)は、卓越した成形技術を有し、カーボン製フレームの分野でも成功を収めているフレンチブランドだ。今回試乗したのは、新フラッグシップ「SCYLON」(サイロン)のキャリパーブレーキタイプ。フレーム販売のみで、ブレーキの仕様のほか、シートポスト、フォークの選択でバリエーションがある。また、カスタムカラーエディションやアニバーサリーモデルの完成車も用意され、まさにブランドの顔というモデルだ。

「TIME SCYLON」(タイム サイロン) Photo: Masami SATOU「TIME SCYLON」(タイム サイロン) Photo: Masami SATOU

「SCYLON」(サイロン)キャリパーブレーキタイプ
価格:520,000円(フレーム・シートポスト&クラシックフォーク、税抜)
   540,000円(フレーム・トランスリンク&クラシックフォーク、税抜)
   580,000円(フレーム・シートポスト&アクティブフォーク、税抜)
   600,000円(フレーム・トランスリンク&アクティブフォーク、税抜)
サイズ:XXS、XS、S、M、L、XL
カラー:ホワイト、レッド、グラファイト、レーシングファクトリー
問い合わせ先:ポディウム http://www.podium.co.jp/time

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
変速機:カンパニョーロ・スーパーレコード(F)&(R)
ギヤ:カンパニョーロ・スーパーレコード 50×34T、 11-25T(11s)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ35
重量:6.55kg(XSサイズ完成車実測値)

振動減衰性能を突き詰めた「アクティブフォーク」モデルと、この「クラシックフォーク」から選べる。路面情報を的確に伝え、下りでは抜群の安定感を誇る  Photo: Masami SATOU振動減衰性能を突き詰めた「アクティブフォーク」モデルと、この「クラシックフォーク」から選べる。路面情報を的確に伝え、下りでは抜群の安定感を誇る  Photo: Masami SATOU
ボリュームのあるシートチューブと、バックステー、トップチューブの集合部。今回はエアロシートポストを採用するモデルを試乗したが、シートチューブを延長した、トランスリンクモデルも用意される  Photo: Masami SATOUボリュームのあるシートチューブと、バックステー、トップチューブの集合部。今回はエアロシートポストを採用するモデルを試乗したが、シートチューブを延長した、トランスリンクモデルも用意される  Photo: Masami SATOU
タイムらしさを感じるBB部は、「スカイロン」に比べ、BBの剛性は5%アップしたという。規格はBB386を採用  Photo: Masami SATOUタイムらしさを感じるBB部は、「スカイロン」に比べ、BBの剛性は5%アップしたという。規格はBB386を採用  Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 タイムはレーサーが憧れるブランドの一つ。最近はトップカテゴリーのレースシーンで見かけなくなっていたけれど、フラッグシップ機は「スカイロン」からこの「サイロン」へ。

松尾 「スカイロン」の良いポイントを受け継ぎ、剛性と推進力を上げたオールラウンドバイクという印象でした。踏み込んだときの推進力が増し、「スカイロン」よりもしっかりと枠のある剛性を感じました。

米山 硬くて伸びる走りはまさにレーサー。硬いが粘り気もある感じで踏みやすかった。

松尾 スピードに乗ってからのほうが伸びを感じることができますよね。「スカイロン」も良いフレームでしたが、クリテリウムでバリバリ走るというよりは、グランツールなどで活躍できる、しなやかかつ推進力を持ったバイクでした。この「サイロン」はバランスよく剛性が上がっているので、パワーライダーも芯のある踏み応えに満足するでしょう。

米山 うん。踏み応えがあるからどんどん踏んでしまい、体力も考えず気がついたら心臓バクバクになってしまった。

松尾 わかります。それに、ハンドリング、直進安定性はタイムらしく高いですし、タイヤのグリップを良く伝えてくれるコーナリングや下りの安定感はさすがで、ドンドン攻めたくなりますね。

米山 高速域で本領を発揮するから、ある程度以上に鍛えてからのほうが、このバイクを楽しみつくすことができるだろうね。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 たしかに。振動吸収性は変わらず良く、路面の凹凸の角をとったような振動で、尚且つ路面情報を的確にライダーへ伝えてくれますので、硬いだけではなく、もっと速く走りたい気持ちにさせるところが上級者向きですね。一点、クイックなハンドリングが好みのライダーには少々重ったるく感じるかもしれませんが、決して悪いものではないので慣れの問題でしょうか。

米山 ウィークポイントになるものではなく、数時間乗れば慣れる程度の味付けだろうね。クラシックフォーク仕様の性能が良いから、これがアクティブフォークになるとどう変わるのか試してみたいね。

松尾 クラシックフォークでも微振動に対して抜群にいいですからね。「サイロン」は値は張りますが、実力は確かなレーシングモデルでした。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

タイム バイクインプレッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載