スマートフォン版はこちら

サイクリスト

大会名一新、参加賞は嬬恋高原キャベツ「嬬恋キャベツヒルクライム2016」開催 サイクリスト、3年ぶりに万座ハイウェー快走

by 澤野健太 / Kenta SAWANO
  • 一覧

 1年に1度、有料自動車道の万座ハイウェーを封鎖して行われる「嬬恋キャベツヒルクライム2016」(旧嬬恋・万座ハイウェーヒルクライム大会)が9月11日、群馬県嬬恋村で行われた。通常は自転車の通行が認められていない風光明媚な有料道路を開放しての貴重なイベント。607人の参加者が万座ハイウェーの19.8km、標高差1012mを思い思いのペースで駆け上った(ファンライドの部は6.2km)。またレース後には、例年のように村をあげての「おもてなし」が用意された。

嬬恋キャベツヒルクライム2016で坂を一生懸命に上る参加者たち Photo: Naoi HIRASAWA嬬恋キャベツヒルクライム2016で坂を一生懸命に上る参加者たち Photo: Naoi HIRASAWA

607人が参加、上位には特産野菜が贈呈

 悪天候などで開催されない年が続き、3年ぶりに万座ハイウェーが自転車に開放された記念すべき日。607人のライダーが曇り空の涼しい天気のもと、嬬恋村の爽やかな坂道を次々と上った。大会名も「キャベツヒルクライム」と一新し、参加者全員に特産のキャベツが配られたほか、各クラスの上位3人には特産野菜の詰め合わせなど豪華賞品が贈られた。
 
 一般の部総合で1位となったのは狩野敦さん(群馬県渋川市)。赤城山を上る練習で鍛えた足で2位を1分30秒余り引き離す50分5秒98の好タイムを叩き出した。「万座ハイウェーの料金所から1人旅だったので、タイムを落とさないように気をつけて走りました」と勝因を振り返った。

嬬恋キャベツヒルクライム2016で白樺などの木々をバックに坂を上る参加者たち Photo: Naoi HIRASAWA嬬恋キャベツヒルクライム2016で白樺などの木々をバックに坂を上る参加者たち Photo: Naoi HIRASAWA
スタート前にトークショーを行った(左から)団長安田さん、NIPPO・ヴィーニファンティーニの山本元喜選手、小石祐馬選手 Photo: Kenta SAWANOスタート前にトークショーを行った(左から)団長安田さん、NIPPO・ヴィーニファンティーニの山本元喜選手、小石祐馬選手 Photo: Kenta SAWANO

 ゲストにはおなじみ、安田大サーカスの団長安田さんや、この大会のために緊急帰国したUCI(国際自転車競技連合)プロコンチネンタルチーム「NIPPO・ヴィーニファンティーニ」の山本元喜、小石祐馬の両選手が参加。一般選手と並走し、大会を盛り上げた。

 山本選手は「ずっと上りが続くわけではなく、平地もあるので初心者も頑張って完走できる。ベテランの方には踏んでタイムアップのために頑張るポイントがありますね」とコースを評価。団長安田さんは「見通しも景色も良く、なによりゴール地点のコーンスープが最高においしかった」と、大満足の様子だった。

表彰式では一般総合優勝を決めた狩野敦さんを中心に記念撮影。右は熊川栄・嬬恋村村長 Photo: Kenta SAWANO表彰式では一般総合優勝を決めた狩野敦さんを中心に記念撮影。右は熊川栄・嬬恋村村長 Photo: Kenta SAWANO
「おもてなし」テントでは、キャベツのザク切りなど様々な地元グルメが振る舞われた Photo: Kenta SAWANO「おもてなし」テントでは、キャベツのザク切りなど様々な地元グルメが振る舞われた Photo: Kenta SAWANO

 表彰会場の「おもてなしテント」では、同村の提供で地元名産のキャベツのザク切りや、けんちん汁、トウモロコシ、カボチャのカリントウなどが大量にふるまわれ、疲れきった選手たちにエネルギーをチャージ。参加者からは「新鮮でどの食べ物もレベルが高い」と歓声が上がっていた。

 大会実行委員長の熊川栄・嬬恋村村長は「ほかの大会にはないコース。来年以降、大会規模をさらに拡大していきたい」と意欲的だった。

※「嬬恋キャベツヒルクライム2016」の詳細レポートは後日掲載予定です。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

イベント ヒルクライム 嬬恋キャベツヒルクライム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載