スマートフォン版はこちら

サイクリスト

2020年に向け普及拡大目指すブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェア、サイクルシェアリング事業で共同開発

  • 一覧

 ブリヂストンサイクルはNTTグループのレンタサイクル事業会社「ドコモ・バイクシェア」とサイクルシェアリング事業における新サービスをめぐって共同開発を行うと発表した。同事業で展開していない折畳み自転車などの新しい自転車(電動アシスト車を含む)や、IoT(Internet of Things) を活用した付属品・関連用品などを開発し、同事業のさらなる普及拡大を目指す。

2017年後半より1000台規模で展開予定の折り畳み自転車 ©ブリヂストンサイクル2017年後半より1000台規模で展開予定の折り畳み自転車 ©ブリヂストンサイクル

 共同開発の第1弾として、2017年に新たな電動アシスト自転車を導入。これはフロントモータアシスト駆動と後輪ベルト駆動を組み合わせたブリヂストンサイクルの両輪駆動電動アシスト技術「DUAL DRIVE」(デュアルドライブ)を活用した車両に、ドコモ・バイクシェアの管理システムを融合させるという。

 さらに、ブリヂストンサイクルが開発した新しいタイプの折畳み自転車をベースとする車両に、ドコモ・バイクシェアの管理システムを融合させるサービスも2017年後半から1000台規模で展開するという。IoTを活用したガジェットや乗車時の安全性を確保する関連商品の開発も行う予定だ。

 自転車のシェアリングサービスをめぐっては、東京都心で区を越えた広域相互利用が展開され、さらに全国の都市や観光地でも導入が進んでいる。ブリヂストンサイクルは東京五輪が開催される2020年に向けてさらに機能やサービスを充実させ、「訪日外国人にも使いやすい都市型シェアサイクルの実現を目指す」としている。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストンサイクル レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載