スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報キャノンデールの2017年エントリーモデル「CAAD OPTIMO」 ディスクブレーキ搭載で14万円

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド、キャノンデールが2017年モデルの発表を行った。人気のアルミロードバイクCAAD(キャード)シリーズに「OPTIMO」(オプティモ)が登場した。CAAD12やカーボンハイエンドモデルSUPERSIX EVO(スーパーシックス エヴォ)とほぼ同じジオメトリーを採用。ビギナーをターゲットにしながらも、レースにも使える実戦的な1台だ。ディスクブレーキ仕様でシマノ・ティアグラで組んだ「DISC TIAGRA」(ディスク・ティアグラ)とキャリパーブレーキ仕様はシマノ・105、ティアグラ、ソラの3種類をラインアップ。またSUPERSIX EVO Hi-MOD(ハイモッド)のディスクブレーキ仕様も登場した。

キャノンデールの2017年新作、CAAD OPTIMA DISC TIAGRA Photo: Kenta SAWANOキャノンデールの2017年新作、CAAD OPTIMA DISC TIAGRA Photo: Kenta SAWANO

CAAD OPTIMO DISC TIAGRA

 CAADオプティモはキャノンデールの中でも「SUPERSIX EVO」、「CAAD12」、「Synapse(シナプス)」の下に位置するモデルとして登場。しかしホリゾンタルのジオメトリーはSUPRSIX EVOとほぼ一緒だという。

エントリーモデルは、ヘッドチューブを長くして、ハンドルをアップライト気味にしたものが多いが、CAADオプティモはヘッドチューブを短くし、曲がりやすさ、キレの良いハンドリングを追求。エントリーモデルだが、そのままレースに使えるSUPERSIX EVO譲りのジオメトリーだ。44、48サイズもラインナップ。この2つのサイズはスローピングフレームになる。

1-1/8インチから1-1/4へと太くなるテーパードヘッドチューブ Photo: Kenta SAWANO1-1/8インチから1-1/4へと太くなるテーパードヘッドチューブ Photo: Kenta SAWANO
ヘッドチューブは短めで、ボリュームがある Photo: Kenta SAWANOヘッドチューブは短めで、ボリュームがある Photo: Kenta SAWANO
DISC TIAGRAのシートステーはブリッジもなく、美しい造形だ Photo: Kenta SAWANODISC TIAGRAのシートステーはブリッジもなく、美しい造形だ Photo: Kenta SAWANO

 フレーム本体では、この価格帯では珍しいテーパードヘッドチューブを採用している。力がかかりやすいヘッドの下部分の剛性を確保。フロントホイールの安定性を上げた。編集部でも試乗したが、キビキビとしたハンドリングながら安定性も高く、下りでもきっちり回ることができた。

 後ろ三角には、キャノンデール独自のSAVEマイクロサスペンションを採用。SUPERSIX EVOやCAAD12にも採用されているシステムだがCAADオプティモのチェーンステーは一番細い部分で高さ22mm。CAAD12よりも厚いパイプを使っているために、全体的に細くすることで固くなりがちなアルミフレームをしなやかにさせている。わずかにカーブさせたシートチューブも、同様の効果を狙っている。

わずかにカーブしているCAAD OPTIMOのシートチューブ  Photo: Kenta SAWANOわずかにカーブしているCAAD OPTIMOのシートチューブ  Photo: Kenta SAWANO
リアはフラットマウントを採用、シートステーとチェーンステーはSAVEマイクロサスペンションで振動を吸収 Photo: Kenta SAWANOリアはフラットマウントを採用、シートステーとチェーンステーはSAVEマイクロサスペンションで振動を吸収 Photo: Kenta SAWANO
ハイト30mmのディスク専用リムを採用する Photo: Kenta SAWANOハイト30mmのディスク専用リムを採用する Photo: Kenta SAWANO
フレーム各所にネオンカラーのロゴが入りポイントになっている Photo: Kenta SAWANOフレーム各所にネオンカラーのロゴが入りポイントになっている Photo: Kenta SAWANO

 シマノ製のディスクブレーキはフロントがポストマウント、リアがフラットマウントを採用。BBもDISC TIAGRAだけ、BB30を採用している。ハイト3cmのディスク専用リムはブラックにアクセントでネオンカラーのロゴが入り、ブレームに入った「Cannondale」、チェーンステーに入った同色の「OPTIMO」のロゴとともに全体的なアクセントになっている。

  カラー展開はJet Black/Cerulean Blue and Voltの1色のみ。税抜価格が14万円と、ビギナーでもディスクブレーキが気軽に楽しめる魅力的な価格設定。ゼネラルマネージャーの池田新さんも「昨年から消費不況が続くが、エントリーユーザー向けの低価格の新車が今年は充実しており、販売店さんの反応もすごく良い」と話した。

シマノ105をメインに組まれたCAAD OPTIMO 105 Photo: Kenta SAWANOシマノ105をメインに組まれたCAAD OPTIMO 105 Photo: Kenta SAWANO

CAAD OPTIMO 105、TIAGRA、SORA

 CAADオプティモのキャリパーブレーキモデルは3種類。シマノ105、ティアグラ、ソラがラインナップ。BBはDISCモデルと違い、JIS規格を採用。またこの3種類は日本特別仕様としてシマノ製の、クランク、ブレーキ、チェーンを採用(CAAD オプティモ ディスク ティアグラを除く)。

 エントリーモデルは、この部分だけ他社の部品を使うことも多いが、キャノンデール・ジャパン、テクニカルサービスマネージャーの秋吉健さんは「ビギナーこそ、しっかり効くブレーキと、変速をしっかりしてくれるチェーンとクランクが必要なので、アメリカ本国にお願いしました」とこだわりを説明した。

CAAD OPTIMO 105のクランク Photo: Kenta SAWANOCAAD OPTIMO 105のクランク Photo: Kenta SAWANO
CAAD OPTIMO 105のリアディレーラー Photo: Kenta SAWANOCAAD OPTIMO 105のリアディレーラー Photo: Kenta SAWANO
CAAD OPTIMO 105もSAVE マイクロサスペンションを採用 Photo: Kenta SAWANOCAAD OPTIMO 105もSAVE マイクロサスペンションを採用 Photo: Kenta SAWANO

■キャノンデール「CAAD OPTIMO DISC TIAGRA」
カラー:ジェットブラック
サイズ:44、48、51、54、56、58
税抜価格:140,000円

■「CAAD OPTIMO 105」
カラー:ファインシルバー、ジェットブラック
サイズ:44、48、51、54、56、58
税抜価格:160,000円

■「CAAD OPTIMO TIAGRA」
カラー:ジェットブラック2種類、アシッドグリーン
サイズ:44、48、51、54、56、58
税抜価格:130,000円

■「CAAD OPTIMO SORA」
カラー:ジェットブラック、セルリアンブルー、クラウドバーストグレー
サイズ:44、48、51、54、56、58
税抜価格:115,000円

SUPERSIX EVO  Hi-MOD DISC ULTEGRA Photo: Kenta SAWANOSUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO

SUPER SIX EVO Hi-MOD DISC

 フルカーボンのハイエンドモデルSUPER SIX EVO Hi-MODのディスクブレーキモデルも発表され、話題を集めた。UCI(国際自転車競技連合)が国際大会でのディスクブレーキ使用を凍結しているが、本来ならツール・ド・フランスでキャノンデールが使用する予定だったというハイエンドモデルだ。

 フロントは12mmのスルーアクスルだが、リアはクイックレリース。これはツール・ド・フランスなどのレースを視野に入れ、ホイールの交換のしやすさを優先させたためだ。フロントのディスクブレーキはフラットマウントを採用する。

SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRAのフロントは12mmスルーアクスルを採用 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANOSUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRAのフロントは12mmスルーアクスルを採用 Photo: Kenta SAWANO Photo: Kenta SAWANO
SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRAのリアはクイックレリースを採用 Photo: Kenta SAWANOSUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRAのリアはクイックレリースを採用 Photo: Kenta SAWANO

 フレーム重量は829グラム、フォークは360グラム(ともに56サイズ)とキャリパーブレーキモデル(フレーム777グラム、フォーク280グラム)から合計150グラムほどしか重くなっていない。ディスクブレーキ化に伴い、負担のかかるハブ付近を強化するため、カーボンのレイアップ(積層)を一からやり直したというが、キャリパーブレーキモデルと乗り比べても乗り心地は全く変わらなかった。

■SUPERSIX EVO Hi-MOD DISC ULTEGRA
カラー:カシミア、バーシーカーグリーン
サイズ:44、48、50、52、54、56
税抜価格:490,000円

「スタンダードモッド」フレームを採用したSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO「スタンダードモッド」フレームを採用したSUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA Photo: Kenta SAWANO

 また、SUPERSIX EVOをより手軽に楽しめるように価格を抑えた「スタンダードモッド」モデルも新登場。シマノの3種類のコンポを使った完成車がラインナップされた。

■SUPERSIX EVO CARBON ULTEGRA
カラー:ファインシルバー、アシッドレッド
サイズ:44、48、50、52、54、56
税抜価格:270,000円

■SUPERSIX EVO CARBON 105
カラー:ニアリーブラック、アトモスファーブルー
サイズ:44、48、50、52、54、56
税抜価格:240,000円

■SUPERSIX EVO CARBON TIAGRA
カラー:セルリアンブルー
サイズ:44、48、50、52、54、56
税抜価格:199,000円

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載