スマートフォン版はこちら

サイクリスト

歩行者やクルマとの共存目指す自民・谷垣幹事長らによる議員立法「自転車活用推進法案」 今国会提出は微妙

  • 一覧

 超党派の「自転車活用推進議員連盟」(会長・谷垣禎一自民党幹事長)は5月12日、総会を開き、自転車利用を促す議員立法「自転車活用推進法案」の今国会での取り扱いについて、谷垣会長に一任することを了承した。6月1日の会期末まで残り3週間を切る中、同法案は先送りとなる可能性が出てきた。

自民党の谷垣禎一幹事長(中央)らが出席した「自転車活用推進議員連盟」総会 Photo: Naoi HIRASAWA自民党の谷垣禎一幹事長(中央)らが出席した「自転車活用推進議員連盟」総会 Photo: Naoi HIRASAWA

 推進法案は昨年4月、同議連が了承。自転車専用レーンや「シェアサイクル」施設の整備、交通安全教育や啓発などのほか、国土交通省に「自転車活用推進本部」を設置することなどが盛り込まれている。

 谷垣会長は同法案について「今国会で何とか形にしたいと思ってやってきた」と指摘。しかし、震災関係の補正予算成立が急務であることや、参院選を控え、仮に参院で可決できなかった場合、廃案となる懸念に触れ、「3週間でどういう手を打っていくか、工夫しなければならない時期にきている」と語った。

谷垣禎一幹事長 Photo: Naoi HIRASAWA谷垣禎一幹事長 Photo: Naoi HIRASAWA
「自転車活用推進議員連盟」の総会 Photo: Naoi HIRASAWA「自転車活用推進議員連盟」の総会 Photo: Naoi HIRASAWA
傍聴していた高校生の質問に聞き入る谷垣禎一幹事長 Photo: Naoi HIRASAWA傍聴していた高校生の質問に聞き入る谷垣禎一幹事長 Photo: Naoi HIRASAWA

 この日の総会は自転車関連団体の関係者や学生らが傍聴。質疑応答も行われた。学校の自転車安全教育の効果に疑問を呈する男子高校生の問いに対し、谷垣会長が「私の偏見があるかもしれないが」と前置きしたうえで、「私が小学校で習ったのは、自転車は車道の左を走るという基本だった。歩道通行可になってから、基本的なルールやマナーが崩れたのではないかと思う。自転車は軽車両だという基本を教えることが大事」だと持論を展開する場面もあった。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載