スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報ミッドレンジに「KURARO」が新登場 KUOTA2013年モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KUOTA(クォータ)の2013年モデルが発表された。幾つかアップデートされたモデルが登場しているが、最も注目されるはミッドレンジで新登場となった「KURARO」(クラーロ)だろう。昨年までこのグレードで好評を得ていたKEBEL(ケベル)をさらに進化させ、名前も含めて完全に刷新したモデル。ゆるやかなアーチを描くトップチューブは、ヘッド付近が太くゴツゴツとしたボリュームのあるものとなっており、力強さとそ戦闘力を連想させる。万能タイプの走行性能に、エアロ効果も意識したロードバイクだ。

ミッドレンジに新登場のKURARO。105仕様完成車で268,000円。アルテグラ、アルテDi2、フレームセットも用意されるミッドレンジに新登場のKURARO。105仕様完成車で268,000円。アルテグラ、アルテDi2、フレームセットも用意される
KOM AIRはさらに軽量化を進めてヒルクライムに特化した。フレームセット340,000円KOM AIRはさらに軽量化を進めてヒルクライムに特化した。フレームセット340,000円

 フラッグシップモデルの一翼であるKOMがアップデートされ、「KOM AIR」が登場した。名前の通りヒルクライムを意識したモデルだが、2013年は軽さをさらに追求し、フレーム重量は何と765gだという(フレーム単体、メーカー発表)。またフォークも断面が変わったことも、軽量化と剛性アップに寄与している。よりヒルクライムに特化したことで、マシンの性格付けがさらに明確になったと言えるだろう。

 レースからロングライドまでマルチに活躍するKHARMAは「KHARMA EVO」(カルマ エボ)になった。フロントフォークがコラムまでフルカーボンとなるなど、昨年よりさらに軽量化を進めている。エントリーモデルの「KORSA」(コルサ)も従来のアルミフレームから、カーボンモノコックフレームに全面リニューアルされている。

さらなる軽量化を果たしたKHARMA EVOは、105仕様完成車で220,000円さらなる軽量化を果たしたKHARMA EVOは、105仕様完成車で220,000円
エントリーモデルのKORSAはフレームもカーボンになった。ティアグラ完成車で164,000円エントリーモデルのKORSAはフレームもカーボンになった。ティアグラ完成車で164,000円

(問い合わせ)インターマックス

関連記事

この記事のタグ

ロードバイク 新製品情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載