スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2016「PINARELLO GAN」 最新フラッグシップの性能を受け継いだエントリーレーサー向けの1台

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大舞台での数々の勝利を振り返れば、ピナレロの功績は偉大だ。常にレースの先頭を走り続けるイタリアの老舗ブランドは、そのトップマシンの最高性能を受け継いだミッドレンジやエントリーモデルを充実させ、厚みのあるラインナップが魅力。サイズやカラーリングも豊富だ。今回試乗した「GAN」(ガン)は、ドグマF8の性能を直系で継承する普及モデルで、3グレードあるガンシリーズの末っ子にあたる。

PINARELLO GAN(ピナレロ ガン) Photo: Masami SATOUPINARELLO GAN(ピナレロ ガン) Photo: Masami SATOU

PINARELLO GAN(ピナレロ ガン)
価格:325,000円(完成車、税抜)
サイズ:42EZ、44SL、46.5SL、50、51.5、53、54、55、56、57.5、59.5
カラー:レッドホワイト、カーボンスカイ、カーボンレッド、ホワイトバイオレット(EZ-Fit)
問い合わせ先:ピナレロジャパン http://www.riogrande.co.jp/pinarello_opera/

スペック

フレーム:High Strength Carbon T600
フォーク:ONDA™ F8 High Strength carbon T600
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ 50×34T、 11-28T(11s)
ホイール:シマノ・RS010
重量:8.35kg(完成車実測値)

ジャガーと共同開発した「ドグマF8」の性能を直系で継承。フォークはハイストレングス カーボンT600のONDA F8フォーク。広がったフォークブレード形状はエアロ性能を意識したもの Photo: Masami SATOUジャガーと共同開発した「ドグマF8」の性能を直系で継承。フォークはハイストレングス カーボンT600のONDA F8フォーク。広がったフォークブレード形状はエアロ性能を意識したもの Photo: Masami SATOU
ドグマF8のエアロ性能を受け継ぐフレームは、ハイエンドモデルに通じるスタイリングも魅力の一つだ Photo: Masami SATOUドグマF8のエアロ性能を受け継ぐフレームは、ハイエンドモデルに通じるスタイリングも魅力の一つだ Photo: Masami SATOU
シートポストは専用設計で、固定ボルトはトップチューブ上端側に位置する。また、イマドキなボリュームのあるBB部だが、規格はあえてITAを採用 Photo: Masami SATOUシートポストは専用設計で、固定ボルトはトップチューブ上端側に位置する。また、イマドキなボリュームのあるBB部だが、規格はあえてITAを採用 Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU松尾修作 NAUTS代表兼選手。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 「ガン」は現行のフラッグシップロード「ドグマF8」をベースに幅広いレンジをカバーするモデルとして昨年登場。旧モデルではなく、現行の旗艦機を引き継ぎ、シマノ・105をメーンにアッセンブルした。もっともエントリーに近いモデルだけど、最新のスタイルのバイクをこの価格で手に入れられるのは、お手頃だよね。

松尾 ルックスは近距離で見てもよく似ていて、ドグマF8のフレーム価格の約半分で、ガンは完成車で買えるのでお買い得感がありますね。肝心の走りですが、バランスがよく、不得意なコースやシチュエーションはありませんでした。

米山 うん。見た目は遜色ないし、走りもピナレロならではのハンドリングの良さや、安定性を受け継いでいて、高いポテンシャルが感じられた。

松尾 直進安定性が高いです。フォークのおかげだと感じました。コーナリング時の安定性はさすがです。

米山 素材はトップエンドからは落としてあるけれど、剛性感は、ボクなどには、むしろちょうど良いくらいに感じられた。走りやすかったよ。

松尾 いい意味でピナレロらしい“芯の強さ”が薄いので、どのレベルの脚力でも楽しめるのではないでしょうか。ボク自身は踏み込んだ時に、フォークに腰があるのでふにゃふにゃ感はないんですが、もう少しBB付近に反発して欲しかったです。でも、流しペースのときには丁度よいと思いました。

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 「ガン」は105の完成車だけど、シフターと変速機関連以外の各種パーツは、完成車価格を抑えるためか、下位グレードのものが付いている。このパッケージにおいては踏み出しの軽さなどの走りに、マイナスに影響している印象。でもよく言えばアップグレードしがいのある状態なので、乗り込みながらパーツを選んで交換して楽しむといいだろう。

松尾 そうですね。重量があって機敏ではない部分も、解消していくでしょう。上位モデルの「GAN RS」と比べると確かに剛性自体は低めだと感じましたが、レースビギナーには扱いやすいものだと思います。

米山 うん。性格としてはやはりレーサー寄りのバイクなので、ファンライドというよりは、基本的に速く走りたい人向けだね。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOUPhoto: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

バイクインプレッション ピナレロ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載