スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

動画で見よう「知ってる? マナー&ルール」<1>「自転車はいつこけるかわからない」 団長安田さんの“落車回想録”とヘルメットの重み

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年7月のレース中の転倒事故を「落車回想録」として振り返った団長安田さん Photo: Aki KARASAWA2015年7月のレース中の転倒事故を「落車回想録」として振り返った団長安田さん Photo: Aki KARASAWA

 2015年7月、トライアスロンの大会中に自転車で転倒し、意識を失って集中治療室に担ぎ込まれたお笑いトリオ・安田大サーカスの団長安田さん。その後回復を遂げ、仕事にもスポーツにも復帰した団長安田さんにインタビューし、自転車事故にどう備えるべきか、またヘルメットの着用がいかに大切かなどについて、実体験をもとに語ってもらった。

■団長安田さん「落車回想録」のポイント

<1>事故で頭から落ち、ヘルメットは大きく破損したが、頭がい骨は守られた
<2>落車事故に遭遇した場合、自身の安全を確保しつつ、現場の前に立って、他のクルマや自転車に知らせることが大切
<3>けが人はむやみに動かさないこと
<4>自転車はこける(転倒する)もの。いつでもこけていいように、“事故が起こるかもしれない”と常に危険を予測して乗ろう

ヘルメットは破損…でも頭がい骨は保護

 インタビューの冒頭で、転倒した瞬間について「トライアスロンのレースなんですけど、バイクの給水で(ボトルを)取ろうとした時に『スピード出しすぎてるな』と思って(給水を)やめようとバイクを右に戻し、前の人のタイヤが見えた――というところくらいまでしか覚えていない」と語った団長安田さん。入院の場面を振り返る際には、搬送中や処置室で撮影された傷だらけの写真と共に記憶をたどっていった。

「自転車はいつコケるかわからない」とヘルメットの大切さを指摘した団長安田 Photo: Aki KARASAWA「自転車はいつコケるかわからない」とヘルメットの大切さを指摘した団長安田 Photo: Aki KARASAWA

 また、転倒した時にかぶっていたヘルメットをビデオカメラの前で披露。硬いアウターシェルは大きく破損し、流血の跡も生々しく残っている。病院で撮影された脳の放射線画像も紹介し、ヘルメットによって命が守られたことを神妙な面持ちで語った。

 さらに、転倒時に着けていたグローブやサングラスにもこすった傷があることから、「もしもこうしたアイテムを装着していなかったら、もっとけがが重くなり、早期の回復はなかったかもしれない」という想いがあるという。

 インタビューの最後に団長は、全国のサイクリストに対し、「自転車は、いつこけるかわからない。いつでもこけていいような心身の備えをしましょう」とのメッセージを送った。“安全だろう”と楽観視して油断するのではなく、“事故が起こるかもしれない”と常に危険を予測することが、自身の安全確保につながるのだ。加えて、アマチュアレースでは無理をせず、「健康で元気に家に帰るということを第一に考えてほしい」と切実な想いを込めて体験談を締めくくった。

→<2>自転車は車道 or 歩道? 交差点の曲がり方は?

◇         ◇

 ※動画連載「知ってる? マナー&ルール」は、安全・安心で環境に優しいスポーツ用自転車の証「スポーツBAAマーク制度」を制定している「一般社団法人 自転車協会」のサポートを受けて取材しています。

自転車協会

Sponsored by 自転車協会

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 団長安田 自転車協会

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

サイクルトーク

ドライバーや自転車に、シンプルに呼びかけたいことはありますか?
 「春の交通安全運動」が4月15日まで実施中です。今回の運動重点の1番には「自転車安全利用の推進」が挙げられました。 全国でさまざまな交通安全を啓発する活動が行…

続きを読む/投稿する

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載