スマートフォン版はこちら

サイクリスト

シーソーのような原理快適性とペダリング矯正をもたらす画期的な構造のサドル「マンタ MS-9」発売

  • 一覧

 座面のバーが左右にシーソーのように動き、ペダリングを左右均等に近づける矯正効果がある特殊な構造のサドル「マンタ MS-9」が日本で発売された。快適性が高く、体幹とインナーマッスルを鍛える効果もあるという。国内ではバレットのウェアやサイクルパーツ・アクセサリーを販売するNASH(ナッシュ)が独占販売する。

画期的な構造のサドル「マンタ MS-9」画期的な構造のサドル「マンタ MS-9」

安定した美しいペダリングに矯正

「マンタ MS-9」を装着したスポーツサイクルの例「マンタ MS-9」を装着したスポーツサイクルの例

 マンタ MS-9はイギリスで開発され、肋骨のような外観は、医学的な研究から導き出された。お尻から大腿部にかけて体を支えるエリアが広いため、快適性が高く、また尿道の圧迫の軽減や血行の改善などさまざまなメリットをもたらすという。

 サドルの座面を構成する肋骨のようなバーは、右足が下がると左足部分が持ち上がる、というように左右が反転しながら連動して動く。

前方から見た「マンタ MS-9」前方から見た「マンタ MS-9」
側面から見た「マンタ MS-9」側面から見た「マンタ MS-9」
後方から見た「マンタ MS-9」後方から見た「マンタ MS-9」

 このサドルを使用した際に、ペダリングの左右のバランスが崩れて気持ちが悪いと感じた人は「体幹のバランスが取れていない」(ナッシュ)。体の重心が安定せず、ペダリングそのものも安定性を欠き、つまり理想的な円運動でペダリング出来ていない可能性が高いという。

 反対に、このサドルを快適に乗りこなせるようになれば「安定した美しいペダリングに矯正」(同)され、同時に体幹とインナーマッスルが鍛えられるという。

 この独特の構造は、膝や股関節に優しく、リハビリやトレーニング用のみならず、長距離ツーリングにも適したサドルだ。安定して無駄のない円運動のペダリングになることで、筋肉痛も起こりにくいという。

圧迫による血行障害を回避

 イギリスのダンディー大学のラミ・アバウド外傷・外科学主任教授によると、マンタ MS-9は体重の圧力負荷が分散されることで、通常のサドルで起こりやすい圧迫による血行障害が発生しにくい。男性不妊症や勃起不全の回避にもつながるという。

「マンタ MS-9」をツーリングバイクに装着した例「マンタ MS-9」をツーリングバイクに装着した例

 欠点は650g(カバーゴム装着時740g)という重量。レースには不向きで、トレーニングやツーリング用のサドルと割り切る必要がある。また、独特の形状のせいで、ベストなポジショニングを割り出すことがとても難しいという。少し後ろにオフセットし、角度の調整幅が大きいシートポストと組み合わせて使用したい。


■マンタ MS-9
価格:29,800円(税抜)
重量:650g(カバーゴム装着時740g)
問い合わせ先:03-6657-8626 info@na-sh.jp

関連記事

この記事のタグ

サドル|サイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ サドル 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載