スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

201cmのサイクリスト 山本隆弘<11>走って食べて、仲間を応援 「かすみがうらエンデューロ」でチーム参加の醍醐味を満喫

by 山本隆弘 / Takahiro YAMAMOTO
  • 一覧

 さぁ、前回のコラムで結成することをお伝えしたチームの名称が「Great 隆弘 from GE」に決定しました。ロングライドイベントの「GREAT EARTH」(グレートアース)で出会った仲間たちと結成したので、このチーム名になりました。この輪をどんどん広げていきたいですね。

耐久レース「かすみがうらエンデューロ」にゲスト参加した山本隆弘さん(右から2人目)。仲間と結成したチームで参加した Photo: Takahiro YAMAMOTO耐久レース「かすみがうらエンデューロ」にゲスト参加した山本隆弘さん(右から2人目)。仲間と結成したチームで参加した Photo: Takahiro YAMAMOTO

公道を使った耐久レース

 チームでの初陣は、茨城県かすみがうら市で10月10日に開催された「かすみがうらエンデューロ」でした。2人から6人のチームで参加でき、公道や公園内を使った4.8km周回コースを、5時間で何周できるかを競う耐久レースイベントです。

会場ではステージイベントやグルメフェスタが催された Photo: Takahiro YAMAMOTO会場ではステージイベントやグルメフェスタが催された Photo: Takahiro YAMAMOTO

 わがチームは、北は北海道、南は愛知県から集まった6人で結成し、一丸となって走りました。僕個人としては、このイベントは昨年に続き2回目の参加です。ゲストとして呼んでいただき、レースも楽しみながら、地元のグルメフェスタも満喫しました。

 開会式の後には、自転車講習会が行われました。安全に走るためのポイントなどを勉強でき、慣れてくるとおろそかになりそうな部分を復習できる講習会でした。教わったことを自分できっちりチェックした後は、周回コースの試走が始まりました。

ゲストとして第1走者たちを先導

 参加者は時間内であれば何周でもコースを確認できますが、僕は昨年も走ってコースを分かっていたので、1周で終えてスタートに向けてストレッチなど身体の準備をしました。

ゲストとして、第一走者の先導を任された山本隆弘さん(前列右端) Photo: Takahiro YAMAMOTOゲストとして、第一走者の先導を任された山本隆弘さん(前列右端) Photo: Takahiro YAMAMOTO

 というのも、スタート前に重要な仕事が待っていたのです。各チームの第1走者の前を走り、スタートフラッグが上がるまでの1周を先導するという大役なのです。速すぎず遅すぎずのペースで行かないとダメなので、難しいですね。

 何とか大役を無事に終わらせ、自分のチームを少し応援してから、グルメフェスタのリポーターも担当させてもらいました。

会場を盛り上げた山本隆弘さん(左)とアントキの猪木さん Photo: Takahiro YAMAMOTO会場を盛り上げた山本隆弘さん(左)とアントキの猪木さん Photo: Takahiro YAMAMOTO

 出展している店舗を1つずつ回り、おすすめを聞きながらグルメをいただきましたが、どこの店舗もうまい!リポーターの僕が1番楽しみながら回っていましたね。

 また会場内のステージでは、タレントのアントキの猪木さんのショーと、歌手のオニツカサリーさんのミニライブなど、かすみがうら市ふるさと大使たちがパフォーマンスを披露していて、いつまでも楽しめる「かすみがうらエンデューロ」です。

 サイクリングとグルメも楽しみ、チームメートを応援するというのは、エンデューロならではの楽しみ方ですね。

応援とサポートでチームが一つに

 リポーターとしての役目を終えてチームに戻り、メンバーの最後にレースに参加しました。公園内に設置されているピットで計測用のタグをチームメートから受け取り、コースに出ていきます。上って下って、少しのどかな景色の中を走り、かすみがうらを左手に見ながら走る最高のロケーションを、快調なペースで走り抜けました。

公道がコースに組み込まれているので、民家の前を通過する部分も Photo: Takahiro YAMAMOTO公道がコースに組み込まれているので、民家の前を通過する部分も Photo: Takahiro YAMAMOTO

 2周目に入り、必死に上って下るのですが風が吹き始めました。最高のロケーションとは裏腹に、向かい風となりスピードが落ちていく一方でした。最後は苦しみながらベルトを渡し交代。

 チームで仲間を応援し、走者のタグの受け渡しをみんなで手助けすることで、初めて組んだチームが周を重ねるごとに一つになっていったのです。

「やっぱりチームスポーツが好き」

エンデューロに参加し、チームスポーツへの愛情を再確認した山本隆弘さん Photo: Takahiro YAMAMOTOエンデューロに参加し、チームスポーツへの愛情を再確認した山本隆弘さん Photo: Takahiro YAMAMOTO

 ロングライド中のトレインとは違うチーム力を感じることができ、絆が深まっていくのを目の当たりにして、やっぱり僕はチームスポーツが好きなんだなと再認識した1日でした。

 レースの最終順位は分かりませんが、5時間で35周という結果でした。かなりの周回を走ったと思ったのですが、上には上がいました。結果は結果ですが、チームの初陣としては最高のスタートが切れたように感じます。来年はジャージを統一して走れるように、チームウェアの制作も進んでいます。

 これからもイベントで出会った方々とチームを組んで楽しみたいと思っています。競技志向ではなくイベント満喫志向の方は、ぜひ一緒に走りましょう。

山本隆弘山本隆弘

元バレーボール選手。201cmの長身サウスポーとしてスパイクやサーブを武器に、Vプレミアリーグのパナソニック・パンサーズや全日本でエースとして活躍。2008年には北京オリンピックに出場した。2013年に現役引退してからは解説者、タレントとして活動。身長に合わせたオーダーメードのロードバイクで、初めてのスポーツ自転車に挑戦中。山本隆弘オフィシャルブログ「志」http://ameblo.jp/takahirokokorozashi/

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

201cmのサイクリスト 山本隆弘

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載