スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

“自転車革命都市”ロンドン便り<33>自転車オーナーと借りたい人をマッチングさせる「スピンリスター」 新しいシェアのスタイル

by 青木陽子 / Yoko AOKI
  • 一覧

 旅行、とくに都市滞在は自由に使える自転車があると楽しさ倍増することは、いちどでも経験のある方はご存知のはず。数年前ニューヨーク市に滞在したときには、レンタルは1週間以上となると高額になってしまうので中古ショップを覗いたり、クレイグズリストという個人の売ります買いますサイトを覗いて交渉したり、かなり苦労しました。結局知人になんとか乗れるサイズの自転車を借りることができて、マンハッタンとブルックリンを行き来したり、ハリケーンで帰国が1週間延びたのを幸いに遠出をしたり、それは楽しい滞在になったのでした。そんな、旅行先でもっと苦労しないで自転車を調達できたらいいのに…という人のために登場したのが自転車シェアサービス「Spinlister」(スピンリスター)です。

「スピンリスター」のニューヨーク市ブルックリンのリスト。ああ、あのニューヨーク滞在時にこのサービスがあったらよかったのに! と歯噛みしてしまう「スピンリスター」のニューヨーク市ブルックリンのリスト。ああ、あのニューヨーク滞在時にこのサービスがあったらよかったのに! と歯噛みしてしまう

ガレージのMTBを整備して登録

自転車があれば観光地ブルックリン・ブリッジもこの通り。行動半径が一気に広がり、自由度も増すのが「都市旅×自転車」の魅力です Photo: Yoko AOKI自転車があれば観光地ブルックリン・ブリッジもこの通り。行動半径が一気に広がり、自由度も増すのが「都市旅×自転車」の魅力です Photo: Yoko AOKI

 スピンリスターは、自転車の持ち主と借りたい人をマッチングさせ、お金のやりとりとリスクヘッジを請け負ってサービス料をとる、部屋貸しサイト「Airbnb」(エアービーアンドビー)の自転車版と言ってもいいでしょう。

 先日、ガレージでホコリをかぶっていた古い街乗りMTBを乗れるように直したので、このスピンリスターのことを思い出して登録しようと覗いたら、以前はロンドンも東京もまだあまり自転車を提供している人がいなくてガラガラだったのが、かなり増えていて嬉しい驚きでした! 東京では友人の名前も発見。「デローザ」なんていいバイクを出してるんだ…壊されたらとか、心配じゃないんだろうか。

 興味を持ってスピンリスターのマーケティング担当者アンドリューさんに連絡してみると、即返答が。ロサンゼルス在住とのことで、スカイプでインタビューとなりました。スカイプ画面には「カステリ」のジャケットを来た男性が。インタビューのあとひとっ走り行く予定なのだそう。やはり自転車好きな人たちが創業したそうです。

 2012年の創業以来、登録自転車数もユーザー数も毎年400%成長中で、ユーザーは世界およそ100カ国に及び、自転車も63カ国でリストされているとか。けれどいままでは本国アメリカにまず集中して、サービスを育てることに注力してきたそうです。

 自転車は乗る人によってサイズの問題があるほか、車種もバリエーション豊かなので、ある程度の台数が提供されていないと、借りたい人がいてもニーズを満たせない。1都市あたり500台ほど集まると、マッチングの成功率が上がってくるのだそうです。いまは世界平均では借りたい人のまだ4割ほどしかマッチングできていないので、自転車の登録獲得を頑張っているところだそう。

ニューヨーク市滞在中に知人から借りたクロスバイク。ちょっと大きかったけれど、2週間本当にお世話になりました Photo: Yoko AOKIニューヨーク市滞在中に知人から借りたクロスバイク。ちょっと大きかったけれど、2週間本当にお世話になりました Photo: Yoko AOKI
ニューヨークでも自転車人口がじわっと増えてきていた頃。このあと公共自転車も導入され、いま一気に自転車革命が起きているそうですね Photo: Yoko AOKIニューヨークでも自転車人口がじわっと増えてきていた頃。このあと公共自転車も導入され、いま一気に自転車革命が起きているそうですね Photo: Yoko AOKI

ハイスペックな自転車がリストアップ

Spinlister.comのトップ画面。世界63カ国から借りられる自転車がリストアップされている。値段は自転車によってまちまちだけれど、1時間およそ5USドル~、1日およそ15USドル~Spinlister.comのトップ画面。世界63カ国から借りられる自転車がリストアップされている。値段は自転車によってまちまちだけれど、1時間およそ5USドル~、1日およそ15USドル~

 それでも今後にかなり期待したいと思うのは、リストアップされている自転車の多くがスポーツ車で、程度もよさそうだから。カーボンロードバイクやフルサスのMTBも少なくないし、スペシャライズドのハイエンドバイク「ヴェンジDi2」なんていうのも挙がっている。

 アンドリューさん曰く、自転車好きのコミュニティを作っていくことがビジネスの成功のためにも鍵だと考えているそうです。サイトのキャッチコピーも「自分に似た人からバイクを借りよう、いい人に会おう」。ユーザーが金銭だけで繋がる以上の人間関係を期待してくれれば、自転車も守られる。Airbnbやタクシーの配車サービス「Uber」(ウーバー)と同じように、貸した人と借りた人がお互いを評価する機能もあります。「気持よく乗ってもらえました、◯◯さんありがとう!」「教えてもらったサイクリングルートがすばらしかった」といったアツいメッセージが交わされているのも見られます。

 ちなみに、貸し借りのマッチング率が高いうまく回っている都市を聞くと、ダントツでニューヨーク市とオレゴン州ポートランド市とのこと。これは「やっぱり!」とひざを打つ答えでした。アメリカの中でも自転車人口が多く、シェアリングエコノミーに共感するリベラルな人が多く、デジタルリテラシーの高い人が多い街だということなのでしょう。

スピンリスターの仕組み

 スピンリスターの肝心の仕組みですが、借りる人は町の名前や地図などで自分に合いそうな自転車を探して申し込み、貸主と直接やりとりして交渉が成立したらスピンリスターに支払いをします。返却が済むと、貸主は手数料の17.5%が引かれた金額を受け取ります。

さわさんのデローザを借りに来たオーストラリア人女性のスナップ。このバイクでWomen's 100を走ったそう Photo: Takashi SAWAさわさんのデローザを借りに来たオーストラリア人女性のスナップ。このバイクでWomen's 100を走ったそう Photo: Takashi SAWA

 レンタル中に盗まれたり壊したりしてしまった場合は、基本的には借りた人が弁償をすることになりますが(これをカバーする保険も用意されています)、万が一自転車が借りた人ごと戻ってこなかったり、借りた人が壊していないと主張するような場合はスピンリスターが貸主に弁償しているとのことです。アンドリューさん曰く、残念なケースはもちろんなくはないけれど、トラブルは非常に少ないとのこと。貸した後の機材クレームにはほとんどそのまま補償対応できているそうです。

 いまのところわたしがリストに出した気軽なシティMTBとシクロクロス車には引き合いはなし。ちょっと寂しいのでカーボンロードバイクも近々出してみようと思っています。東京でデローザをリストしているさわたかしさんは、これまで3回ほど貸したそうです。そのうちの一度はオーストラリア人女性で、ウェアブランド「Rapha」(ラファ)が毎年夏に開いている女性のライドイベント「Women’s 100」(ウィメンズ ハンドレッド)を走るために1日借りに来たとか。

 楽しそう、わたしにもそういう依頼が来ないかなぁと期待して待つことにします。サイズの問題が少ないブロンプトンも出してみようかな? ロンドンにいらっしゃる読者の方、サイズが合えば借りてくださいね!

スピンリスターマーケティングのアンドリューさん自身がリストしているスペシャライズド「ターマック」 Photo: Spinlister.comスピンリスターマーケティングのアンドリューさん自身がリストしているスペシャライズド「ターマック」 Photo: Spinlister.com
わたしのシクロクロス車の説明ページ。1日35USドル、1週間180USドルでいかがでしょうか? ロックとライトもお付けしますよわたしのシクロクロス車の説明ページ。1日35USドル、1週間180USドルでいかがでしょうか? ロックとライトもお付けしますよ
青木陽子青木陽子(あおき・ようこ)

ロンドン在住フリー編集者・ジャーナリスト。自動車専門誌「NAVI」、女性ファッション誌などを経て独立起業、日本の女性サイトの草分けである「cafeglobe.com」を創設し、編集長をつとめた。拠点とするロンドンで、「運転好きだけれど気候変動が心配」という動機から1999年に自転車通勤以来のスポーツ自転車をスタート。現在11台の自転車を所有する。ブログ「Blue Room」を更新中。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

“自転車革命都市”ロンドン便り

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載