スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

つれづれイタリア~ノ<61>おしゃれな“イタリア流”クリスマスプレゼント 革製サイクルアクセサリーや和柄ベル

by マルコ・ファヴァロ / Marco FAVARO
  • 一覧
ライトで装飾されたクリスマスツリー Photo: Expo 2015 S.p.Aライトで装飾されたクリスマスツリー Photo: Expo 2015 S.p.A

 みなさん、まだ少し早いですが、メリークリスマス! 12月に入り、やっと寒くなってきました。街角できれいなイルミネーションをたくさん見られるようになりましたので、心の中もクリスマス気分になっています。さて、昨年に続いて、今年もイタリアの最新クリスマスプレゼント事情を紹介します。プレゼント選びのヒントになればとてもうれしいです。

人気が定着したヴィンテージアイテム

 昨年の記事では、ヴィンテージな雰囲気のプレゼントをたくさん紹介しました。クリスマスはやはり伝統的な宗教行事であるため、イタリアではハイテクな製品よりもコートやセーター、香水といったクラシックなイメージのプレゼントが選ばれがちです。

 さらに近年はヴィンテージアイテムがブームになっている影響で、プレゼントとして非常に好まれています。「おしゃれでかっこいい」というイメージが定着したからです。ヴィンテージアイテムはどこかで大人の雰囲気が漂いますね。

革製品は“失敗しない”定番プレゼント

 今年も「BROOKS」(ブルックス)のバッグとサドルは大人気のようです。ブルックスはイギリス生まれのブランドですが、イタリアの大手サドルメーカー「SELLE ROYAL」(セラロイヤル)に買収されて以来、新たな進化を遂げています。結果としてブルックスの革製でシックなデザインのリュックサックやサドルは、“失敗しない”定番のプレゼントになりました。今年から展開しているヘルメットも人気のようです。

ブルックスの革製リュックサック Photo: Brooks England Limitedブルックスの革製リュックサック Photo: Brooks England Limited
革製のカスクを現代風にアレンジしたブルックスのヘルメット Photo: Safilo S.p.A革製のカスクを現代風にアレンジしたブルックスのヘルメット Photo: Safilo S.p.A

 イタリア南部、シチリア島パレルモ市を拠点とする「Franco Cuoio」(フランコ・クオイオ)が、ヴィンテージバイク向けのキャリアバッグを今年新たに開発しました。本来、ハーレーダビッドソンなどの大型オートバイ専門のバッグメーカーですが、新しいバッグはイタリア人サイクリストの間で高く評価されています。

フランコ・クオイオのキャリアバッグ Photo: Franco Cuoioフランコ・クオイオのキャリアバッグ Photo: Franco Cuoio
フランコ・クオイオのバッグを装着したヴィンテージバイク Photo: Franco Cuoioフランコ・クオイオのバッグを装着したヴィンテージバイク Photo: Franco Cuoio
チェーンを素材にしたアクセサリー Photo: Uzokiwi Srlチェーンを素材にしたアクセサリー Photo: Uzokiwi Srl

 また、自転車というスポーツの特徴として、サイクリストはあまりアクセサリーを身に付けません。自転車で走る時は、邪魔で危険です。しかし、オフの時の話は別。イタリア人はアクセサリーが大好きで、自転車に関連したデザインのブレスレットやペンダント、チェーンの形をしたネックレスなどを好んでつけています。オフでも自転車への愛を忘れないため、自転車を思い起こせす何かを身に付けているのです。

ベルやライトなど“進化系”アクセサリーも

手塗りで自転車ベルにオリジナルデザインを施す「ビアンカナミアン」 Photo: Biancanamian手塗りで自転車ベルにオリジナルデザインを施す「ビアンカナミアン」 Photo: Biancanamian

 「革製品が価格が高いし、費用を抑えたい」という方にぴったりな、おしゃれでお手頃なアクセサリーもたくさんあります。昨年紹介した、日本生まれの自転車ベル「CRANE Bell」(クレーン ベル)は依然として高い人気を得ています。特にオリジナルデザインの自転車ベル「Biancanamian」(ビアンカナミアン)を展開している東京在住のアーティスト、佐々木奈美さんとのコラボアイテムは、手塗りの美しい和柄などで大変な人気を集めています。

佐々木奈美さんとコラボしたクレーン ベルの和柄ベル Photo: Crane Bell Co.佐々木奈美さんとコラボしたクレーン ベルの和柄ベル Photo: Crane Bell Co.
美しい和柄のベルがイタリアで人気 Photo: Crane Bell Co.美しい和柄のベルがイタリアで人気 Photo: Crane Bell Co.
24H フローリックのベルはGPSとBluetoothを搭載しスマホと連動 Photo: Frolic 24H フローリックのベルはGPSとBluetoothを搭載しスマホと連動 Photo: Frolic

 オランダ発のハイテクベル「24H FROLIC(フローリック)」も注目を集めています。ベルの中にGPSとBluetooth機能が組み込まれていて、スマートフォンの専用アプリを起動すると、自転車がどこにあるかすぐにわかります。見た目がクラシックでシンプルなことから、盗難防止につながると期待されています。

 デザインにうるさいイタリア人は、実用性のあるアイテムだけでなく、見た目の良いアイテムを求める傾向があります。イタリア人デザイナーのエマヌエレ・ピッツォロルッソ氏は、マグネット付きの超コンパクトサイズのライト「ルチェッタ」をデザインしました。強力マグネットの力で、自転車にくっつけるだけのシンプルなもの。デザインの良さから「ジャーマン デザインアワード2015」でゴールド賞を受賞しました。

マグネット付きのコンパクトライト「ルチェッタ」 Photo: Palomar Srlマグネット付きのコンパクトライト「ルチェッタ」 Photo: Palomar Srl
強力なマグネットで自転車に取り付けられるコンパクトライト「ルチェッタ」 Photo: Palomar Srl強力なマグネットで自転車に取り付けられるコンパクトライト「ルチェッタ」 Photo: Palomar Srl

タイヤをリサイクルしておしゃれベルトに

 ヨーロッパではリサイクルが大きな社会運動になり、廃車になった自転車を分解してさまざまなアイテムを生み出すアーティストがいます。フレームがキャンドルホルダーになったり、ホイールはライトスタンドに変身したり。なかでも最近人気を集めているのがタイヤから生まれたベルトです。「Jiro-Belt」(ジロ ベルト)、「Cingomma」(チンゴッマ)、「MNMUR」などが古タイヤを利用しておしゃれベルトに変身させています。個人的にも欲しいアイテムです。

タイヤを再利用したジロベルトのアイテム Photo: Jiro Beltタイヤを再利用したジロベルトのアイテム Photo: Jiro Belt
チンゴッマのタイヤベルト Photo: Cingomma.it by Lemani Home Srlチンゴッマのタイヤベルト Photo: Cingomma.it by Lemani Home Srl

 さて、クリスマスまでは3週間を切りました。好きな人やお世話になった人に心からプレゼントをしましょう。もちろん、私が制作したオリジナルジャージをプレゼントしてもいいですよ(笑)。みなさん、よいクリスマスを!

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)

東京都在住のサイクリスト。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会や一般社団法人国際自転車交流協会の理事を務め、サイクルウエアブランド「カペルミュール」のモデルや、欧州プロチームの来日時は通訳も行う。日本国内でのサイクリングイベントも企画している。ウェブサイト「チクリスタインジャッポーネ

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

つれづれイタリア~ノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載