スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

“自転車革命都市”ロンドン便り<31>“トラック競技の華”をクラブミュージックが引き立てる シックスデイ・ロンドン

by 青木陽子 / Yoko AOKI
  • 一覧

 ズン、ズン、ズン…と会場に足を踏み入れたとたんクラブ(踊るほう)のドアを開けたときのような重低音が横隔膜に響いてきた。音楽にかぶさるように男性の声でアゲアゲの実況アナウンス。「うわおおおおぉぉ」とヴェロドローム内に反響する観客の声援。ロンドンで35年ぶりに開かれたトラックサイクリングレース「SIX DAY LONDON(シックスデイ・ロンドン)」の最終日を観に行ってきました。この日のチケットは売り切れ、大変な熱気です。

横隔膜に響く低周波なクラブミュージックにド派手なライトアップ。レース中はフラットな照明に戻るが、レースが終わるとライトアップモードになり、勝利者にスポットライトが当たる Photo: Madison Sports Group横隔膜に響く低周波なクラブミュージックにド派手なライトアップ。レース中はフラットな照明に戻るが、レースが終わるとライトアップモードになり、勝利者にスポットライトが当たる Photo: Madison Sports Group

エンターテイメント性を高め、平日の夕方にスタート

ゲストスピーカーとして登場したマーク・カヴェンディッシュ選手と、元トラック選手で現在コメンテーターなどとして活躍しているダニエル・ロイドさん(左) Photo: Madison Sports Groupゲストスピーカーとして登場したマーク・カヴェンディッシュ選手と、元トラック選手で現在コメンテーターなどとして活躍しているダニエル・ロイドさん(左) Photo: Madison Sports Group

 シックスデイはそのお祭り的な雰囲気からトラック競技の華と呼ばれるそうで、冬のシーズン中に名前の通り6日連続で開かれるもの。2人1組のチームが6日間毎日マディソン、エリミネーション、ダーニー、タイムトライアルなどのレースを何度も走り、こつこつポイントを集めたりボーナスポイントのつく周回ラップをとって総合優勝を狙うという、ステージレース的な要素のあるものです。

 このレースの由緒をたどるとなんと19世紀、1878年にロンドンの農産物展示場で開かれた、耐久レーサーが6日間のうちに1000マイル(1609km)を走破するというものだとか。まだ前輪の大きなオーディナリーの時代のことです。これが観るスポーツとして興行的に大成功しヨーロッパやアメリカでもシックスデイとして広がり、複数日レースへの大衆の興味の高まりとともに1903年にスタートしたツール・ド・フランスにもつながったのです。

1周おきに最終走者が失格していくエリミネーションレースも独特な流れで面白かった。写真中央はベルギーチームと最後まで総合優勝を競った英チームのオリー・ウッド選手 Photo: Yoko AOKI1周おきに最終走者が失格していくエリミネーションレースも独特な流れで面白かった。写真中央はベルギーチームと最後まで総合優勝を競った英チームのオリー・ウッド選手 Photo: Yoko AOKI
ひとりひとりに先導するダーニーがつくダーニーレースはスピード感がたまらない。ダーニーライダーとの事前の作戦づくりも大切だという Photo: Madison Sports Groupひとりひとりに先導するダーニーがつくダーニーレースはスピード感がたまらない。ダーニーライダーとの事前の作戦づくりも大切だという Photo: Madison Sports Group

 近年はベルギーなどでいくつか開かれているだけになっていたけれど、このところの自転車ブームでまたチャンスありと、ロンドンでのシックスデイを仕掛ける人たちが出てきたのです。日曜日から金曜日まで、平日は毎日夕方からスタート、ビールなどを飲みながらヤンヤヤンヤと応援するのがベルギーなどでのスタイルということだけれど、ロンドンはさらにクラブミュージックで人気のレーベルと看板DJをトラックの中央に据え、エンターテイメント性をがっつり高めてきたのです。「自転車レースにケミカル・ブラザーズやベースメント・ジャックス?」と思うなかれ、これが意外に合うのです! テレビ中継解説もするマーク・カヴェンディッシュ選手もステージに登場する豪華さ。

競輪の渡邉一成選手が活躍!

 2人1組チームのレースが進む中に女子個人のスクラッチレースやエリミネーションレースが挟まれ、そしてスプリンターたちによる各種競技も進行していきます。そのスプリンターの中に日本人選手を発見! 北京・ロンドンの2つのオリンピックに日本代表として参戦した渡邉一成選手でした。渡邉選手は競輪選手でもあります。

スプリントレーススタートの様子。手前赤いウエアが渡邉一成選手。渡邉さんを含め、ワールドカップなど世界級のトラックスプリンターが勢揃い Photo: Madison Sports Groupスプリントレーススタートの様子。手前赤いウエアが渡邉一成選手。渡邉さんを含め、ワールドカップなど世界級のトラックスプリンターが勢揃い Photo: Madison Sports Group

 200mタイムトライアル直後のクールダウン中にお話を伺ってみると、渡邉選手もシックスデイは初めてで、今回は友人のドイツ人レーサーの紹介で招待選手として参加しているとのこと。シックスデイはエンターテイメントとしての要素が強くて最初は驚いたけれど、やはりファンあっての自転車競技、プロとして魅せるレースを意識していると話してくださった。

スプリントレースで勝利、トラックを一周して凱旋したのち、ステージに招かれた渡邉一成選手。機材は日の丸模様のルックL96 Photo: Madison Sports Groupスプリントレースで勝利、トラックを一周して凱旋したのち、ステージに招かれた渡邉一成選手。機材は日の丸模様のルックL96 Photo: Madison Sports Group

 ゆっくり話す暇もなくまた次のスプリントファイナルの準備が始まり、出て行った渡邉選手が先頭からそのまま逃げ切って見事に優勝! 爆音のハウス・ミュージックと鼓膜が心配になる歓声をBGMにスポットライトを浴びながら、トラックに身を乗り出した観客とハイタッチをしながらそのまま一周。渡邉選手はこのあとの競輪種目でも連続勝利、またまた大きな歓声を集めていました(いや~、かっこよかったです)。

 魅せるレースという意味ではポイント狙いの2人1組チームの選手たちも、ふだんの競技よりも笑顔や観客へのジェスチャーが多いし、入場のときにトラック上で一列に並んでウェーブをしてみせたり、UCIのレースとは二味くらい違う雰囲気。500mのマディソン・タイムトライアル(2人チームで助走し、スピードをつけた1人めがゴールするもう1人をハンドスリングで飛ばしてスプリントタイムを競う)ではベルギーのペアから時速66.9kmという記録も飛び出し、それでまた会場が沸きに沸く→鼓膜が心配になるというノリノリの状態が続く。表情もよく見える至近距離を猛烈なケイデンスで走り抜ける選手たちに、自分もおもわず真剣な声援をかけてしまって声がガラガラに!

ロンドンの成功に続いて欲しいTOKYO

レースに勝った選手はバンクにのぼって観客とハイタッチ Photo: Madison Sports Groupレースに勝った選手はバンクにのぼって観客とハイタッチ Photo: Madison Sports Group

 総合優勝争いは現在のシックスデイの本場であるベルギーからの強豪チームと今回初めて組んだという19歳と20歳のイギリス人チームで最後までもつれた。最終レースのマディソンでベルギーチームが優勝を決めたけれど、イギリスチームが勝つかもということでこれもまた大盛り上がり。DJブースを見ればスプリンターたちが乱入して踊っているし(笑)。

 いちばん安い席でも1晩で8000円、飲み放題付きのVIP席は3万5000円超というなかなか挑戦的なイベントだったけれど、帰り道の少々よっぱらった観客たちのご満悦な顔を見てもどうやら興行的にも大成功だったと言えそう。インスタグラムには#sixdaylondonで観客たちの嬉しそうな自撮り写真がたくさん上がっています。シックスデイロンドン、来年はさらに大きくなって戻ってくるでしょう。

今回の音楽担当はロンドンはもちろんイビザ、ドバイ、トーキョーでも人気のミニストリー・オブ・サウンド。会場をおおいに盛り上げていた Photo: Madison Sports Group今回の音楽担当はロンドンはもちろんイビザ、ドバイ、トーキョーでも人気のミニストリー・オブ・サウンド。会場をおおいに盛り上げていた Photo: Madison Sports Group
トラック内側のVIP席は飲み放題、サンドイッチなど食べ放題で3万5000円。金融・不動産などのビジネスパーソンに人気のスポーツとしてゴルフの座を奪いつつある自転車ならではの需要があるのか。自転車セレブの顔もチラホラ見られた Photo: Madison Sports Groupトラック内側のVIP席は飲み放題、サンドイッチなど食べ放題で3万5000円。金融・不動産などのビジネスパーソンに人気のスポーツとしてゴルフの座を奪いつつある自転車ならではの需要があるのか。自転車セレブの顔もチラホラ見られた Photo: Madison Sports Group

 東京の場合、仕事を終えた人たちが集えるヴェロドロームが現状ないわけですが、東京オリンピック用に湾岸などにヴェロドロームが作られるのであれば「シックスデイ TOKYO」の開催を夢見ることも可能になります。こういうイベントが人気になればサイクルスポーツの裾野は確実に広がるだろうし、ロンドンの成功に学んで東京都もなんとかしてくれないかなぁと思うものです。

2012年のロンドン・オリンピックのトラック競技会場となったリー・ヴァレー・ヴェロドローム。自然の光と熱を取り入れるエコ設計でもある。当初予定通り、オリンピック後に完成工事が行われ、地元自治体のスポーツ施設として使われている Photo: Lee Valley Leisure Trust/ Sam Chick2012年のロンドン・オリンピックのトラック競技会場となったリー・ヴァレー・ヴェロドローム。自然の光と熱を取り入れるエコ設計でもある。当初予定通り、オリンピック後に完成工事が行われ、地元自治体のスポーツ施設として使われている Photo: Lee Valley Leisure Trust/ Sam Chick

 ちなみに今回のイベントは2012ロンドン・オリンピック用に作られたヴェロドロームで開かれました。空にのびる木製壁の曲線が印象的な、予算40億円通りに建てられたシンプルで美しい競技場です。メイン会場建設の件ですっかり混乱していて見通せない東京オリンピックですが、自転車スポーツ界からもロンドンの成功例を参考にいろいろ提案していけたらと思ったりもします。

青木陽子青木陽子(あおき・ようこ)

ロンドン在住フリー編集者・ジャーナリスト。自動車専門誌「NAVI」、女性ファッション誌などを経て独立起業、日本の女性サイトの草分けである「cafeglobe.com」を創設し、編集長をつとめた。拠点とするロンドンで、「運転好きだけれど気候変動が心配」という動機から1999年に自転車通勤以来のスポーツ自転車をスタート。現在11台の自転車を所有する。ブログ「Blue Room」を更新中。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

“自転車革命都市”ロンドン便り イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載