スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

“自転車革命都市”ロンドン便り<30>サイクルウエアのニューウェーブ到来 英国を賑わせる若き起業家たち

by 青木陽子 / Yoko AOKI
  • 一覧

 1990年代、いや2000年代も後半に入る頃まで定番だった「サイクリングジャージ=スポンサーロゴベタベタ、色も爆発でデザインめちゃくちゃ!」というあの景色がようやくだいぶ遠のいてきた昨今。その変化の立役者といえばやはりイギリス生まれの「Rapha」(ラファ)でしょう。ファウスト・コッピからエディ・メルクスの頃までのクラシックなジャージにインスパイアされたラファのデザインは多くのサイクリストに衝撃を与えました。今回の連載は、イギリス発のサイクリングウエアブランドでめぼしいところを、日本人目線でピックアップしてみました。

防水、防風、透湿性や風をはらまないなどサイクリストのニーズを押さえつつ、タウンウェアとしても申し分ないおしゃれ感がポイントのヴルパイン。男性ラインだけでスタートして余裕が出てきたら女性ラインもというブランドが多い中、最初から女性ラインもしっかりというのが創業者のニックの信念だったという。ナイス! Photo: Vulpine防水、防風、透湿性や風をはらまないなどサイクリストのニーズを押さえつつ、タウンウェアとしても申し分ないおしゃれ感がポイントのヴルパイン。男性ラインだけでスタートして余裕が出てきたら女性ラインもというブランドが多い中、最初から女性ラインもしっかりというのが創業者のニックの信念だったという。ナイス! Photo: Vulpine

30近いブランドが登場

 ラファの成功による「その手があったか!」という衝撃はとくに本国で大きかったようで、2010年を過ぎた頃から次々にサイクリスト自身が立ち上げたおしゃれ系サイクリングアパレルが登場。中には消えてしまったものもありますが、おそらく30近いブランドが登場してきています。これまでこの連載でもお伝えしてきたように、ロンドンの自転車人口が10年ほどでみるみる数倍に膨れ上がり、自転車がライフスタイルとして認知されたということも、多くの起業したい人の背中を押しているのでしょう。

今年登場したホイ-ヴルパインはよりロードバイクに絞った展開。シックでモダン、クリーンなデザインでかなりのヒットになっている模様 Photo: Vulpine今年登場したホイ-ヴルパインはよりロードバイクに絞った展開。シックでモダン、クリーンなデザインでかなりのヒットになっている模様 Photo: Vulpine

 「Vulpine」(ヴルパイン)はタウンを意識したジャケットやパンツがとくに特徴的なブランドです。センスのいい色選びや素材のよさ、丁寧な作りが印象的。創業者のニックは映像制作の仕事をしていた頃から熱心なサイクリストで、「自転車を降りてもさまになる自転車ウエア」を掲げて2012年にスタートしました。

 ウィギンスがツール・ド・フランスで総合優勝し、ロンドンオリンピックも開催という自転車の波が来ていた年でもあり、ヴルパインもテレビなどで露出が増えて一躍有名に。今年からはトラック競技のマルチ金メダリスト、クリス・ホイ元選手と提携したロードバイクアパレルラインも登場。これは8ヶ月で6000万円以上の売上を記録するヒットになっているとか。

メリノウールとポリエステル混紡の上質な生地(ぜひ写真を拡大してご覧ください)はデンマーク製、それ以外はすべてロンドンで生産というのもスヴェルトの特徴。ほとんどのアパレルが中国やトルコ、EU内でもポルトガルなどで生産している中、興味深い点 Photo: Yoko AOKIメリノウールとポリエステル混紡の上質な生地(ぜひ写真を拡大してご覧ください)はデンマーク製、それ以外はすべてロンドンで生産というのもスヴェルトの特徴。ほとんどのアパレルが中国やトルコ、EU内でもポルトガルなどで生産している中、興味深い点 Photo: Yoko AOKI

 「Svelte」(スヴェルト)はこの夏まだ生まれたばかりホヤホヤの新しいウエアブランド。以前紹介したレーザーを使った自転車ライト「Blazeレーザーライト」と同じくクラウドファンディングのkickstarterでコンセプトを説明し、集まった250万円ほどで最初の生産にこぎつけたロンドンの小さなチームです。

 自分たちが欲しいサイクルウエアはシンプルで上質でロゴがほとんど見えないようなもの…そんな本当によいものをできるだけ安く提供したい!というのがブランドミッション。実際に試着させてもらったのですが、デンマーク製のメリノ生地を使っている「ヘリテッジ・ジャージ」はシャリ感とやわらかさが両方あって、カットや縫製もきれいでとても90ポンドとは思えない出来でした。今後の成長におおいに期待したいブランドです!

スヴェルトも、登場当初から女性ラインをちゃんと用意していて、サイトのカテゴリでwomensをmensより先に置いているあたり、イマドキのロンドンブランドだなぁという印象。写真のシャツはウールとコットンの混紡生地を使ったタウンライン。これもかなりお手頃価格の60ポンド。現時点(2015年10月中旬)では日本への送料無料キャンペーン中) Photo: Svelteスヴェルトも、登場当初から女性ラインをちゃんと用意していて、サイトのカテゴリでwomensをmensより先に置いているあたり、イマドキのロンドンブランドだなぁという印象。写真のシャツはウールとコットンの混紡生地を使ったタウンライン。これもかなりお手頃価格の60ポンド。現時点(2015年10月中旬)では日本への送料無料キャンペーン中) Photo: Svelte

自転車好きならではのデザイン&機能

 お次は「Huez」(フエズ)。ロードレースファンならピンときますね、ツール・ド・フランスなどで最も盛り上がる舞台のひとつ「アルプ・デュエズ(Alpe d’Huez)」にちなんだ屋号にしたのは、もちろん創業者のふたりがロードバイクが大好きだから。ファウンダーのひとりロレンゾは、フエズを始める前はクレディ・スイスに勤務していたけれど、自転車で起業するのが夢だったのだそう。

フロントファスナーの中央に配されたループに指をかけて左右に引くと一瞬で開ききる特別な仕組みを搭載したジレとウィンドブレーカーはフエズの人気商品。背景の山々はもちろんアルプ・デュエズの絶壁 Photo: Huezフロントファスナーの中央に配されたループに指をかけて左右に引くと一瞬で開ききる特別な仕組みを搭載したジレとウィンドブレーカーはフエズの人気商品。背景の山々はもちろんアルプ・デュエズの絶壁 Photo: Huez
一見何気ないコットンポロに見えても、吸汗速乾性の高いポリアミド100%で、フロントは短めだけれど背中側は長めのカット、胸の星ロゴとサイドシームに目立たなく仕込まれているピースが反射素材になっているという完全自転車ポロ。このほかテーラードジャケットもぜひチェックされたし Photo: Huez一見何気ないコットンポロに見えても、吸汗速乾性の高いポリアミド100%で、フロントは短めだけれど背中側は長めのカット、胸の星ロゴとサイドシームに目立たなく仕込まれているピースが反射素材になっているという完全自転車ポロ。このほかテーラードジャケットもぜひチェックされたし Photo: Huez

 「ラファはレトロ路線だけれど、自分たちはモダンなデザインで最新のウエア技術を積極的に入れていく」とポール・スミスにいた自転車好きデザイナーを引き抜いて起業。とくに2000年頃のヨガブーム以降、ラグジュアリーなスポーツウエア素材は大きな進歩を続けているので、これを活かす商品開発に努力しているそうです。ロンドンのコンランショップなどにも置かれているそのデザインはチェックしていただきたいところです。

パフォーマンススポーツウエアデザインを大学で学んでいたときに応募したライクラによるデザイン賞を受賞、そのバックアップを資金に起業したフィエーラン創業者のルーシー。お父さんが熱狂的なサイクリストで、その影響で自分も長距離を走るサイクリストになったそう。その経験の中で知ったとくに女性に必要な機能を実現 Photo: Fierlanパフォーマンススポーツウエアデザインを大学で学んでいたときに応募したライクラによるデザイン賞を受賞、そのバックアップを資金に起業したフィエーラン創業者のルーシー。お父さんが熱狂的なサイクリストで、その影響で自分も長距離を走るサイクリストになったそう。その経験の中で知ったとくに女性に必要な機能を実現 Photo: Fierlan

 今回直接インタビューした中ではもっとも小さな規模なのが、女性用サイクリングウエア専門の「Fierlan」(フィエーラン)。スポーツウエアデザインを学んでいた大学生がひとりでスタートさせた商品展開です。女性専門のサイクリングウエアブランドはアメリカやオーストラリアなどからもいくつか出てきていますが、フィエーランを始めたルーシーも、男性中心のサイクリングウエアビジネスでは自分が欲しくなるものが少ない、もっと選択肢があるべきというフラストレーションからこの道に進んだとか。

 とくにルーシーがこだわっているのは機能性。吸汗速乾やウィンドプルーフなどはもちろんのこと、ポケットが足りなくなりがちな女性のためにビブの太もも脇にファスナー付きポケットをつけたり、絶対に透けない高密度のライクラ生地をパンツに使ったり、「身につけたときにきれいに見える」ことなど女性の細やかなニーズに応えています。

 いまはまだほかの会社で働いたり、フリーランスでデザイナーをすることで収入を確保しているけれど、つい最近マーケティングの担当者と契約したところなので、「日本の女性にも着てもらえたら」とのことでした。

ブランド名の「Fierlan」は、英語の古語で旅、冒険といった意味なのだとか。「イギリスではニュービジネスのブームが続いているけれど、自分もそれに参加できてとてもエキサイティング!」とルーシー。次はトライアスロン用ウエアも展開する予定とのこと Photo: Fierlanブランド名の「Fierlan」は、英語の古語で旅、冒険といった意味なのだとか。「イギリスではニュービジネスのブームが続いているけれど、自分もそれに参加できてとてもエキサイティング!」とルーシー。次はトライアスロン用ウエアも展開する予定とのこと Photo: Fierlan

起業しやすい環境も後押し

 このほかにも英国発のサイクリングアパレルは主なところでHowies、Shutt Velo、Morvelo、Chapeau、le Col、Velocity(女性専用)などがあり、またオンライン小売大手「Wiggle」(ウィグル)のオリジナルブランドdhbにもBlokというデザイン性を押し出したラインも登場。さらにスポーツウエア業界外からも、ファッションブランドのテッド・ベイカーが街乗りウエアラインを本格的に展開するなど、もう話題に事欠かない状態です。

 ここまで賑やかになっているのは、英国が若い人やあまり資金がない人でもとても起業しやすい環境にあることが大きいと思いますが、日本でもこういう楽しい展開が起きることを願っています! ちなみに今回ご紹介したブランドは、テッド・ベイカー以外はすべて日本への発送もしています。

今回登場したブランド一覧

●Vulpine(ヴルパイン): http://www.vulpine.cc/
●Svelte(スヴェルト): http://www.svelte.co.uk/
●Huez(フエズ): http://huez.co.uk/
●Fierlan(フィエーラン): http://fierlan.com/
●Howies: https://www.howies.co.uk/
●Shutt Velo: http://www.shuttvr.com/
●Morvelo: http://www.morvelo.com/
●Chapeau: http://www.chapeau.cc/
●Le Col: http://lecol.net/
●Velocity: http://velocitycyclewear.cc/
●Ted Baker: http://www.tedbaker.com/uk/mens/editorial/raising_the_handle_bars

青木陽子青木陽子(あおき・ようこ)

ロンドン在住フリー編集者・ジャーナリスト。自動車専門誌「NAVI」、女性ファッション誌などを経て独立起業、日本の女性サイトの草分けである「cafeglobe.com」を創設し、編集長をつとめた。拠点とするロンドンで、「運転好きだけれど気候変動が心配」という動機から1999年に自転車通勤以来のスポーツ自転車をスタート。現在11台の自転車を所有する。ブログ「Blue Room」を更新中。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

“自転車革命都市”ロンドン便り

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載