スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

スペイン、アンドラ、スイスにも入国革命記念日にモン・ヴァントゥ、山岳TT復活 ツール・ド・フランス2016のコース概要発表

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧
ツール・ド・フランス2016の全行程 ©A.S.O.ツール・ド・フランス2016の全行程 ©A.S.O.

 ツール・ド・フランス2016のコースプレゼンテーションが10月20日にパリで開催され、2015年大会の総合王者クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)ら有力選手が出席するなか、全21ステージの概要が発表された。7月2日にフランスのモン・サン・ミシェルで開幕し、14日のフランス革命記念日にはツールでおなじみの山岳、モン・ヴァントゥに登頂。そして12年ぶりの山岳TT復活など、話題に事欠かない行程となった。24日にパリ・シャンゼリゼで閉幕する。発表を受け、フルームは「バランスがよく、とても素晴らしいルートだと感じている」とコースの印象を語った。

グランデパールはモン・サン・ミシェル

 グランデパール(開幕地)がツール史上初めて“西洋の驚異”と称されるカトリックの巡礼地、モン・サン・ミシェルになることや、第3ステージがグランヴィルからスタートすることまでは2014年12月に発表済み。今回のプレゼンテーションでは、全行程が公表され、注目のツール2016のすべてが明らかになった。

第2ステージのフィニッシュ手前3.5kmのレイアウト ©A.S.O.第2ステージのフィニッシュ手前3.5kmのレイアウト ©A.S.O.

 スプリンター有利の第1ステージ、ラスト3kmで最大勾配14%の急坂が待ち受ける第2ステージを経て、第3ステージで開幕地のマンシュ県を抜ける。その後はフランス西部を南下。第5ステージからいったん中央山塊へと入ったのち、最初の山岳地帯となるピレネー山脈を目指す。

 ブエルタ・ア・エスパーニャ2015に続き、ツール2016でもピレネーの小国・アンドラ公国へと立ち寄る。スペインのヴィエラ・ヴァル・ダランを出発し、向かう先はツール初登場となるアンドラ・アルカリス。この大会最初の頂上フィニッシュだ(第9ステージ)。

スイスの首都ベルンへ

 アンドラでの休息日を経て、第2週は同国エスカルデス・エンゴルダニから始まる。この地はブエルタ2015の第12ステージのスタート地でもあった。その後フランスへと戻り、針路を東にとる。大注目は7月14日のフランス革命記念日に、数々の名勝負が生まれた聖地モン・ヴァントゥの頂上フィニッシュ(第12ステージ)。続く第13ステージは、この大会最初の個人TT(37km)。この2日間で総合争いに動きが起こりそうだ。

第15ステージ、フィニッシュ前60km ©A.S.O.第15ステージ、フィニッシュ前60km ©A.S.O.

 その後、プロトンはスイスに入国。ツール史上初めて、同国の首都・ベルンに到達し(第16ステージ)、2度目の休息日を迎える

終盤はアルプス4連戦

第17ステージ、フィニッシュ前31km ©A.S.O.第17ステージ、フィニッシュ前31km ©A.S.O.

 運命の第3週、その舞台はアルプス山脈だ。ベルンをスタートする第17ステージは、2014年のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ第7ステージで、アルベルト・コンタドール(スペイン、ティンコフ・サクソ)とフルームが激闘を繰り広げたフィノー・エモッソンの頂上フィニッシュ。第18ステージは、12年ぶりにツールに戻ってくる山岳個人TT(17km)。

大会最後の頂上フィニッシュとなる第19ステージ、サン・ジェルヴェ・モン・ブランの上り ©A.S.O.大会最後の頂上フィニッシュとなる第19ステージ、サン・ジェルヴェ・モン・ブランの上り ©A.S.O.

 第19ステージのサン・ジェルヴェ・モン・ブランは、登坂距離10kmで、平均勾配は8%。この大会最後の頂上フィニッシュとあって、勝敗を分ける攻撃的なレースが期待される。2015年ドーフィネ、最終の第8ステージでフルームがティージェイ・ヴァンガードレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)を振り切って逆転総合優勝を決めた地でもある。

 総合優勝争いが事実上、最後の勝負となる第20ステージは、146kmと短めながら4つの山をめぐる難コース。頂上フィニッシュでこそないが、マイヨジョーヌ争奪戦から目が離せない1日となるだろう。第17~20ステージのアルプス4連戦がツール2016の重要局面となることは間違いない。そして、今年もパリ・シャンゼリゼで大会はフィナーレを迎える。

第20ステージで通過する山岳ポイント。フィニッシュ地・モルジヌへは約10kmのダウンヒル(右) ©A.S.O.第20ステージで通過する山岳ポイント。フィニッシュ地・モルジヌへは約10kmのダウンヒル(右) ©A.S.O.

 総距離は3519km(ステージ平均167.6km)で争われる。平坦ステージは9、中級山岳ステージが1、上級山岳ステージは9(うち頂上ゴール4)。個人タイムトライアルステージ2、休息日2で構成される。近年と比較し、山岳頂上フィニッシュが少なくなった一方で、平坦ステージが増加。山岳個人TTの登場や、ツールが初めて訪れる街が多いなど、近年の大会とはやや色合いの異なる3週間となりそうだ。なお、チームTT、石畳ステージは設定されていない。

シャンゼリゼで女子レースも

 加えて、3回目となる女子レース「ラ・クルス・バイ・ル・ツール・ド・フランス」の開催決定もアナウンスされた。こちらは、ツール最終ステージと同じく、7月24日にパリ・シャンゼリゼの周回コースで実施される。

 プレゼンテーションの最後には、フルームを筆頭に、ダニエル・テクレハイマノット・ギルマジオン(エリトリア、MTN・クベカ)、アレクシー・ヴュイエルモーズ、ロマン・バルデ(ともにフランス、アージェードゥーゼール ラモンディアル)、ティボ・ピノー(フランス、エフデジ)、アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)、ズデニェック・シュティバル(チェコ、エティックス・クイックステップ)、マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、エティックス・クイックステップ)、トニー・マルティン(ドイツ、エティックス・クイックステップ)、フレッヒ・ヴァンアーヴルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム)の10選手が登壇。ツール2016の主役候補がイベントに花を添えた。

プレゼンテーションを最後に、クリストファー・フルーム(左端)ら2016年大会の活躍が期待される10選手が登壇 ©A.S.O.プレゼンテーションを最後に、クリストファー・フルーム(左端)ら2016年大会の活躍が期待される10選手が登壇 ©A.S.O.


Le parcours 2016 en 3D / The 2016 route in 3D 投稿者 tourdefrance

■ツール・ド・フランス2016 ステージ概要

7月2日 第1ステージ モン・サン・ミシェル~ユタ・ビーチ サント・マリー・デュモン 188km
7月3日 第2ステージ サン・ロー~シェルブール・オクトヴィル 182km
7月4日 第3ステージ グランヴィル~アンジェ 222km
7月5日 第4ステージ ソミュール~リモージュ 232km
7月6日 第5ステージ リモージュ~ル・リオラン 216km
7月7日 第6ステージ アルパジョン・シュル・セール~モントーバン 187km
7月8日 第7ステージ リル・シュルダン~ラク・ド・パヨル 162km
7月9日 第8ステージ ポー~バニェール・ド・リュション 183km
7月10日 第9ステージ ヴィエラ・ヴァル・ダラン(スペイン)~アンドラ・アルカリス(アンドラ) 184km
7月11日 休息日 アンドラ
7月12日 第10ステージ エスカルデス・エンゴルダニ(アンドラ)~ルヴェル 198km
7月13日 第11ステージ カルカソンヌ~モンペリエ 164km
7月14日 第12ステージ モンペリエ~モン・ヴァントゥ 185km
7月15日 第13ステージ ブール・サン・タンデオル~カヴァルヌ・ドゥ・ポンダルク37km(個人TT)
7月16日 第14ステージ モンテリマール~ヴィラール・レ・ドンブ パルク・デ・オワゾー 208km
7月17日 第15ステージ ブール・ガン・ブレス~キュロズ 159km
7月18日 第16ステージ モワラン・アン・モンターニュ~ベルン(スイス) 206km 
7月19日 休息日 ベルン(スイス)
7月20日 第17ステージ ベルン~フィノー・エモッソン 184km
7月21日 第18ステージ サランシュ~メジェーヴ 17km(山岳個人TT)
7月22日 第19ステージ アルベールヴィル~サン・ジェルヴェ・モン・ブラン 146km
7月23日 第20ステージ メジェーヴ~モルジヌ 146km
7月24日 第21ステージ シャンティイ~パリ シャンゼリゼ 113km

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2016

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:千葉競輪パワースポーツ講座

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載