スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報驚くべき進化と完成度 シマノ「DURA-ACE 9000系」 市販モデルを速攻インプレッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デュラエース9000系が装着されたピナレロ ドグマ65.1をラスベガスで試乗デュラエース9000系が装着されたピナレロ ドグマ65.1をラスベガスで試乗

 シマノの最高級ロードコンポ“デュラエース”がモデルチェンジする。デリバリーは10月から予定されており、すでに予約を入れている人も多いだろう。11速化や伝統的な5アームクランクを廃止して採用した4アームクランクなど、10月のデリバリー開始を前に話題を集めている。その市販モデルがアメリカ・ラスベガスで行なわれている“アウトドア・バイク・デモ”に登場した。(ラスベガス 菊地武洋)

 第一印象は、『予想以上の進化』だ。5月の新作発表会でプロトタイプに試乗した感想は、正直に言ってパッとするものではなかった。操作感はすべてにおいてイタズラに軽く、ブレーキの制動力は高いものの扱いにくく、変速操作もスカスカしてて、これが次世代標準になるのかと思うと、進化は認めるが、礼賛するほどのモノではなかった。

進化したブレーキアーチ。パッドがリムに接触してからのコントロール性は抜群進化したブレーキアーチ。パッドがリムに接触してからのコントロール性は抜群

 ところが今となっては、なぜあんな不完全なモノを試乗させたのか不思議でならない。それほどまでにセッティングは煮詰められ、完成度が高まっている。試乗車のホイールがブレーキ性能に優れるマヴィック・R-SYS SLRであることを差し引いても、パッドがリムに接触してからのコントロール性は抜群であり、制動力とレバーのストロークがライダーの意志と見事にマッチする。数値的には10%ほど操作感が軽くなり、制動力も20%の向上だというが、体感的にはもう少し性能が上がっているようだ。

 変速操作も軽くなり、女性や手の小さな人にはこちらが最大の魅力だろう。11速化に伴ってストロークも短くなり、7900の弱点を克服している。また、解除レバーを操作したときの質感は7900の弱点の1つだったが、新型はグレードが上がったかのような違いである。

5アームから4アームへと変更された特徴的なクランクセット5アームから4アームへと変更された特徴的なクランクセット
フロントディレーラー。トルクを掛けながらの変速性能が向上したフロントディレーラー。トルクを掛けながらの変速性能が向上した

 さらに、変速性能も著しく向上している。チェーンリングやスプロケット、チェーンの進化についてシマノは強くアピールしないが、トルクを掛けながらの変速性能が向上しているのは、変速機よりも、前述の駆動系パーツの進化によるところが大きい。

10段から11段へと進化したスプロケット10段から11段へと進化したスプロケット
リアディレーラー。変速性能も著しく向上しているリアディレーラー。変速性能も著しく向上している

 11速化に関しては、「ギヤはないよりもあったほうがいい」程度だ。もちろん魅力の1つではあるが、総じて他の進化のほうが魅力的である。ただし、前後のギヤ構成が新しくなり、ギヤレシオまで含めて考えると、7900よりもはるかにいい。

デュラエース9000系が装着されたピナレロ ドグマ65.1デュラエース9000系が装着されたピナレロ ドグマ65.1

 7970(現デュラエースDi2)よりも、新型(9000系)の機械式のほうが性能は上というのが率直な感想だ。現行のデュラエースは機械式(7900系)と電動式(7970系)があり、「電動は選択肢の1つであり、同グレード」というスタンスだが、両者を比較すると後者の性能が優れていた。

 まだ9000系の電動式に乗っていないので結論は言えないが、機械式でも性能に不満を持つことはないだろう。大げさな表現を使うのは嫌いだが、現段階に於いて、9000系デュラエースは『地上最強のロードコンポ』である。

<主なパーツ(機械式)のメーカー希望小売価格>
・デュアルコントロールレバー(ST-9000)\54,182
・リアディレイラー(RD-9000)\20,841
・フロントディレイラー(FD-9000-F)\10,062 ※直付タイプ
・ブレーキアーチ(BR-9000)\32,135 ※前後セット
・クランクセット(FC-9000)\55,096-57,493 ※歯数により異なる
・カセットスプロケット(CS-9000)\23,954-25,152 ※歯数により異なる
・チェーン(CN-9000)\4,312

<主なパーツ(電動式)のメーカー希望小売価格>
・デュアルコントロールレバー(ST-9070)\63,607
・リアディレイラー(RD-9070)\61,854
・フロントディレイラー(FD-9070-F)\38,139

菊地武洋菊地 武洋(きくち・たけひろ)
自転車ジャーナリスト。1000台を超える市販ロードバイク試乗体験に基づく評価は、他の追随を許さない。国内外のメーカーやサイクルショーなどの取材経験も豊富。近著「ロード買うなら業界一の自転車バカに訊け!」を7月に発売。東京都生まれ。

関連記事

この記事のタグ

シマノ バイクインプレッション ロードバイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載