スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

はらぺこサイクルキッチン<46>「自転車に恩返しを」 主催者の想いが宿った韓国グルメ満載「グミ・セマウルMTBチャレンジ」

by 池田清子 / Sayako IKEDA
  • 一覧

 夫でMTBプロアスリートの池田祐樹(トピークエルゴンレーシングチームUSA)が巡った夏の海外遠征は、韓国が最終国となりました。今春、南米で出会った韓国のキム・キジュンさんから、韓国・亀尾(グミ)でキムさんが主催する45kmのマウンテンバイクレース「グミ・セマウルMTBチャレンジ」(9月6日)に招待されたのです。ことし6度目の開催となるグミ・セマウルMTBチャレンジは、1600人の選手枠が毎年募集開始後すぐに埋まってしまい、ほとんどの選手がリピーターという人気のレース。その秘密は、レースで振る舞われる“食”にもありました。

「グミ・セマウルMTBチャレンジ」を走り終えて一息をつく参加者。チームみんなでトッポギタイム! Photo: Sayako IKEDA「グミ・セマウルMTBチャレンジ」を走り終えて一息をつく参加者。チームみんなでトッポギタイム! Photo: Sayako IKEDA

惜しみなく振る舞われるトッポギ

先回りして橋の上から撮影した、スタート直後のパレード走行の様子。池田祐樹の両サイドには、この後王滝に来た選手が走行している Photo: Sayako IKEDA先回りして橋の上から撮影した、スタート直後のパレード走行の様子。池田祐樹の両サイドには、この後王滝に来た選手が走行している Photo: Sayako IKEDA

 レースを訪れまず驚いたのは、韓国ではマウンテンバイクレースの上位入賞ポイントにより、高校生が大学に推薦のような形で入学できるということ。今レースはそのポイント対象レースということもあり、多くの高校生が参加していました。「マウンテンバイクで大学推薦入学」、というのはまだ日本ではあまり聞いたことがありません。前日の試走でも多くの学生を見かけたのですが、試走段階でもかなり気合いが入っているのが見て取れました。

 スタートの号砲と共に選手が飛び出していった後は、家族のお楽しみタイム。会場ではキッズレースが開催され、大人たちから歓声が鳴り響きます。レース後は自転車が当たる抽選会などもあり、こちらも大盛り上がりでした。

無料サービスのランチセットを前に、笑顔の池田祐樹。調理スタッフの中には、日本語が上手い方も Photo: Sayako IKEDA無料サービスのランチセットを前に、笑顔の池田祐樹。調理スタッフの中には、日本語が上手い方も Photo: Sayako IKEDA
写真を撮らせてと申し出たら、とっさにアイスキャンデーを隠した選手たち。アイス見せて!と再撮影 Photo: Sayako IKEDA写真を撮らせてと申し出たら、とっさにアイスキャンデーを隠した選手たち。アイス見せて!と再撮影 Photo: Sayako IKEDA
トッポギ制作の舞台裏。人気のトッポギはすぐに空になるので、ダイナミックにどんどん作っていく Photo: Sayako IKEDAトッポギ制作の舞台裏。人気のトッポギはすぐに空になるので、ダイナミックにどんどん作っていく Photo: Sayako IKEDA

 会場では数種類のおかずが盛られたランチ、アイスキャンディー、トッポギ、マッコリのボトルなどが無料で配られていました。料理は、“医食同源”――食事は病気を予防したり治療したりすることができる――という考えに基づいている韓国伝統料理ばかり。野菜やキムチなどの発酵食品が多く、栄養バランスにも優れています。体が温まって、とてもおいしい。レース後の選手の胃袋を満たしていました。

 これらが選手だけのものかと思いきや、家族、友人、スタッフに加え、近隣に住んでいる人、通りかがりの人…全ての人が自由に食べることができるのです。「チケット制にしてしまうと敷居が高くなるでしょう。それは望まない。地元の協力があってこそレースが開催できているし、みんなが楽しめるイベントにしている。誰でもウエルカムなパーティーだよ」と、キムさんが笑顔で語ってくれました。

大鍋には無料サービスのトッポギ。ボランティアスタッフもいい笑顔! Photo: Sayako IKEDA大鍋には無料サービスのトッポギ。ボランティアスタッフもいい笑顔! Photo: Sayako IKEDA
食事はどう?という問いに「マシッソヨ~(おいしい)!」の答え Photo: Sayako IKEDA食事はどう?という問いに「マシッソヨ~(おいしい)!」の答え Photo: Sayako IKEDA
レース後、食事を摂りながらレース談議に花が咲く。「え、写真撮るの? 後で送ってよ!」とフレンドリー Photo: Sayako IKEDAレース後、食事を摂りながらレース談議に花が咲く。「え、写真撮るの? 後で送ってよ!」とフレンドリー Photo: Sayako IKEDA
レース参加者以外でも、自由に食べられる。ありがたく、いただきます! Photo: Sayako IKEDAレース参加者以外でも、自由に食べられる。ありがたく、いただきます! Photo: Sayako IKEDA
無料サービスのランチセット。チジミや豆腐など。お代わりも自由 Photo: Sayako IKEDA無料サービスのランチセット。チジミや豆腐など。お代わりも自由 Photo: Sayako IKEDA

体重100kg→70kg MTBで病気を克服

キムさんと池田祐樹。南米以来、再び会うことができ、さらに友情が深まった Photo: Sayako IKEDAキムさんと池田祐樹。南米以来、再び会うことができ、さらに友情が深まった Photo: Sayako IKEDA

 キムさんと祐樹さんが出会ったのは、南米チリ・アルゼンチンで行われたステージレース「アルパックアタック」。選手として参加をしていたキムさんが奇しくも祐樹さんとルームメイトになり、交流を深めました。

 キムさんはこれまでに、アメリカを12日間で横断する超過酷なロードバイクレース「レース・アクロス・アメリカ」や、オーストラリアで行われる9日間のステージレース「クロコダイルトロフィー」などに参加をしてきました。自転車を始めたきっかけは、2007年、病気をして100kg以上あった体重を「なんとかしなければ」と思ったこと。

 最初は比較的足に負担がかからない水泳を始めたものの、1日に5時間も6時間も泳ぐことの難しさに気付きました。偶然誘われたロードバイクに乗ってみると、1日何時間でも乗っていられる。「なんて楽しいんだろう」と、あっという間にのめり込んでいったそうです。

キム・キジュンさんの初めてのレースは、最下位だった(2008年7月27日)キム・キジュンさんの初めてのレースは、最下位だった(2008年7月27日)
 「クロコダイルトロフィー」を完走したキム・キジュンさん(2011年10月26日) 「クロコダイルトロフィー」を完走したキム・キジュンさん(2011年10月26日)

 初めてマウンテンバイクに誘われた時には、「大怪我をして散々な目にあった」そうですが、楽しさが勝って病気も改善され、みるみる体も変化。30kg以上の減量に成功しました。本業は別に持つキムさんですが、現在は大手企業で自転車を通じた体験談を講話したり、本を出版したり、今レースを年に一度主催したりという活動もしています。

キム・キジュンさんは、世界各地での参戦記を著書にしている。隣は池田祐樹を起用したレースパンフレット Photo: Sayako IKEDAキム・キジュンさんは、世界各地での参戦記を著書にしている。隣は池田祐樹を起用したレースパンフレット Photo: Sayako IKEDA
レース宣伝用の横断幕やパンフレットに起用された池田祐樹。試走時、オーガナイザーのキム・キジュンさんと一緒に横断幕の下で Photo: Sayako IKEDAレース宣伝用の横断幕やパンフレットに起用された池田祐樹。試走時、オーガナイザーのキム・キジュンさんと一緒に横断幕の下で Photo: Sayako IKEDA

レースの利益は寄付金へ

スタートの様子。カテゴリー毎に分けてスタートとなる Photo: Sayako IKEDAスタートの様子。カテゴリー毎に分けてスタートとなる Photo: Sayako IKEDA

 レースへの参加費は日本円にしておよそ1500円。市から補助金が出るため、それでまかなっているそうです。またレースに出店するスポンサーへは、出店料などは課されていません。

 レース参加者の他に、87人のボランティア、30人の警察官、25人の韓国MTB協会のスタッフ、友人や家族、近隣住民といった500人以上のゲスト。選手だけでも主催者だけでもない、多くの人が参加し楽しむことで、レースでありイベントのグミ・セマウルMTBチャレンジは成り立っているのだと感じました。さらにキムさんの人柄も、レースによく現れていると思いました。

レース後の会場にて。氷水を乗せたトラックの荷台には、水のペットボトルがプカプカ。スタッフが選手に「お疲れ様!」と配っていく Photo: Sayako IKEDAレース後の会場にて。氷水を乗せたトラックの荷台には、水のペットボトルがプカプカ。スタッフが選手に「お疲れ様!」と配っていく Photo: Sayako IKEDA
開会式で、参加者や市の協力のもと開催できることに感謝の意を述べるキム・キジュンさん Photo: Sayako IKEDA開会式で、参加者や市の協力のもと開催できることに感謝の意を述べるキム・キジュンさん Photo: Sayako IKEDA
栗味のマッコリも限定500本で配布。スタッフも「私も写るわ!」と明るく元気 Photo: Sayako IKEDA栗味のマッコリも限定500本で配布。スタッフも「私も写るわ!」と明るく元気 Photo: Sayako IKEDA

 「レースは時々赤字になることもあるけど、もし利益が出たら寄付に回しているよ。利益のために開催しているのではない。以前の私は病気もしていたし、友達もいなかった。それが自転車に出会ったことで、大きく人生が変わった。健康になったし、沢山の仲間もできた。私を救ってくれた自転車には心から感謝しているから、恩返しがしたいと思っているんだ。だから、自転車を通じて入ってきたお金は寄付をさせてもらっている」

こんなこともやってみました。宿泊施設にて韓国伝統衣装に身を包んで、記念撮影 Photo: Sayako IKEDAこんなこともやってみました。宿泊施設にて韓国伝統衣装に身を包んで、記念撮影 Photo: Sayako IKEDA

 先日も、孤児を数人連れて日本の対馬に旅行をしたそうです。彼はよく言います。「My Life is simple. (私の人生はとてもシンプルだ)」と。私と祐樹さんはキムさんからうかがったこういった話や、滞在中に彼から受けたホスピタリティーに、ただただ驚くばかりでした。

韓国若手を連れて「SDA in 王滝」に参戦

 そして、この2週間後。キムさんは「若い選手のために」と、今レースでの大学生・ミドル・ファーストという3つのカテゴリーの各優勝者を、日本の長距離レースの最高峰とも言える「SDA in 王滝」へと連れてきました。「例え韓国で一番になっても、海外のレースを経験することは若い選手にとって環境的に難しいのが現状。若くて実力のある選手にどんどんチャンスをあげたい」

「SDA in 王滝」参戦のため、来日した韓国選手勢。スタート前の朝5時過ぎの様子。向かって右から、韓国のレースでファーストレベルカテゴリー1位のYOO JUNPIL選手、KIM KIJUNG選手、ミドルクラスカテゴリー1位のDO HYUNKYU選手、大学生カテゴリー1位のGOO NAMWOO選手 Photo: Sayako IKEDA「SDA in 王滝」参戦のため、来日した韓国選手勢。スタート前の朝5時過ぎの様子。向かって右から、韓国のレースでファーストレベルカテゴリー1位のYOO JUNPIL選手、KIM KIJUNG選手、ミドルクラスカテゴリー1位のDO HYUNKYU選手、大学生カテゴリー1位のGOO NAMWOO選手 Photo: Sayako IKEDA

 「韓国には60km以上のマウンテンバイクレースは存在しない。今回の王滝120kmへの参戦は、経験したことがない世界が待っているかも」と期待を表していたキムさん。3選手のうち、2選手が20代のカテゴリーで見事優勝、準優勝を果たしました。新たに日韓の交流が生まれた気がしました。

 フィニッシュ後、韓国からの選手の1人に感想を聞いてみると「レース前に差し出されたお尻のクリームを塗っておけばよかった。いつもこんなに長く乗らないから、最後は足よりもお尻の痛みが辛くて10人に抜かれた」という答えが返ってきましたよ。この体験も「経験したことのない世界」で得たことのひとつですね!

実質国内最高峰長距離レースである「SDA in 王滝」120kmの部で2年ぶりに優勝した池田祐樹 Photo: Sayako IKEDA実質国内最高峰長距離レースである「SDA in 王滝」120kmの部で2年ぶりに優勝した池田祐樹 Photo: Sayako IKEDA
「SDA in 王滝」パレード走行の様子。2列目には、韓国選手たち Photo: Sayako IKEDA「SDA in 王滝」パレード走行の様子。2列目には、韓国選手たち Photo: Sayako IKEDA

 池田祐樹の結果の方は――韓国のレースでは体調を崩してカテゴリー別順位で5位。王滝120kmでは2年ぶりに優勝しました。やはり自国のレースで選手の力が発揮されるものですね。

■「グミ・セマウルMTBチャレンジ」 cafe.daum.net/mtbgumi
■「SDA王滝クロスマウンテンバイク120km 2015」 powersports.co.jp/sda/15_otaki_bike_9

池田清子池田清子(いけだ・さやこ)

アスリートフード研究家。モデル事務所でのマネージャー経験を生かし2013年夏よりトピーク・エルゴンレーシングチームUSA所属ライダー、池田祐樹選手のマネージメントを開始、同秋結婚。平行して「アスリートフードマイスター」の資格を取得。アスリートのパフォーマンス向上や減量など、目的に合わせたメニューを日々研究している。ブログ「Sayako’s kitchen」にて情報配信中。

関連記事

この記事のタグ

MTB競技 グルメ はらぺこサイクルキッチン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載