スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<6>遥かに伸びたアンデス山脈の道をゆく 自転車大好きなコロンビア人の歓迎ぶり

  • 一覧
初めて上るアンデスはとても厳しかった初めて上るアンデスはとても厳しかった

【2010年7月下旬~8月下旬】コロンビア ポパヤン周辺

 数年前までとても治安の悪かったコロンビアは徐々に治安維持が強化されはじめ、問題なく自転車旅行ができる国になった。独特な空気感があるこの国は、多くの旅人を惹きつける。

 南米大陸を貫くアンデス山脈に向けて、カリブ海の港町であるカルタヘナからしばらくは、田畑や木々の生い茂る平地を走る。

平地はとても暑く、木陰は社交場になっている平地はとても暑く、木陰は社交場になっている

 アンデス山脈は突然目の前に立ちはだかり、荒々しく削り出した道が、見上げる遥か先まで伸びていた。標高差2000m以上の山道を、息を荒げながら上る。標高が低いところは暑さに、高所では酸素の薄さに苦しめられた。とても厳しいアンデスとの出会いだったが、その美しさに圧倒された。

 そして、そこで生活する人々や村はとても優しさに満ちていた。山間に突如現れる小さな村でも、教会と広場があり、それを囲むようにレストランや商店、宿屋などがこじんまりと並んで旅人の疲れを癒してくれる。なにより、大の自転車好きのコロンビアの人たちは、大荷物でアンデスを越えてくる僕を、本当に英雄のように迎えてくれた。

美しい白いコロニアル(植民地の)都市、ポパヤン美しい白いコロニアル(植民地の)都市、ポパヤン
プラタノと呼ばれる調理用バナナは南米の定番食材プラタノと呼ばれる調理用バナナは南米の定番食材

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載