スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報フジから新型軽量ロード「SL」登場 フレーム重量695gと前作より19%削減

  • 一覧

 アメリカのバイクブランド「FUJI」(フジ)から、最軽量モデルのロードバイク「SL」が登場した。設計を洗練させ、高い製造技術を用いることで、フレーム重量695gを実現した。10月の発売を予定している。

フジ「SL1.1」完成車イメージフジ「SL」

 SLは前代の軽量モデル「アルタミラ」から削れる箇所を限りなくそぎ落とし、さらに19%の軽量化を達成したという。フレーム表面のように滑らかな内部を製作する「ハイコンパクション モールディング」(HC)を用いることにより、内部のバリやシワを極力排除。この製法はカーボンの積層をより強く圧縮することが可能で、剛性のアップや耐久性の向上にもつながった。

フォークもフレームと同じ「HC」製法が用いられ、内部のリブと合わせて高いハンドリング性能を生むフォークもフレームと同じ「HC」製法が用いられ、内部のリブと合わせて高いハンドリング性能を生む
アルタミラから継承した細身のシートステーは振動吸収で性能を発揮するアルタミラから継承した細身のシートステーは振動吸収で性能を発揮する

 フレーム作成の際、アルタミラでは8カ所のジョイント部分が存在したが、SLでは4カ所に削減したことで、カーボンの高弾性をより発揮できるようになったという。また、サイズの違いによる走行性能の差を抑えるために、2種類のフォークオフセットと3種類のヘッドアングルが用意された。カーボン積層もサイズによって変えられているので、あらゆる体格のライダーがパフォーマンスを発揮させられる。


フジ「SL1.1」フレームセット
税抜価格:260,000円
サイズ:XXS(46cm)、XS(49cm)、S(52cm)、M(54cm)、L(56cm)
重量:695g
カラー:カーボン/シトラス

 

関連記事

この記事のタグ

20~30万円のロードバイク フジ(FUJI)のロードバイク

20~30万円 フジ ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載