スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報MERIDAがUCIプロチームにロードバイクを供給へ 2013年モデルで積極展開

  • 一覧

 台湾のスポーツバイク・メーカー「MERIDA」(メリダ)が2013年から、新たにUCIプロツアー・チームをスポンサードし、ロードバイクを供給することが決まった。これに合わせて同社はロードバイクのラインナップを強化。プロツアー仕様のハイエンドモデル「SCULTURA(スクルトゥーラ) SL TEAM」を開発し、2013年モデルとして世界市場に投入する。日本ではミヤタサイクルから発売される。

2013年モデルでロードのフラッグシップとなる「SCULTURA SL TEAM」2013年モデルでロードのフラッグシップとなる「SCULTURA SL TEAM」

 メリダはMTB界でレーシングチームを擁し、男女の世界チャンピオンを輩出するなどめざましい活躍をみせてきた。2013年のUCIプロツアー参入を機に、ロードでも確固たる地位を築きたい考えだ。プロツアーへの参戦体制は9月下旬にもワールドワイドでアナウンスされる見通しで、関係者によると、チーム名にメリダの名称を入れるなど、全面的なバックアップを行うという。メリダはこれまでも、傘下に収めたスペシャライズドへ製品をOEM供給してきた実績があり、ロードバイクの技術力や生産能力は十分に有している。

プロ仕様からエントリーグレードまで戦略的展開

 「SCULTURA SL TEAM」はフレーム重量830グラムと軽量ながら高剛性とシャープなハンドリングを備え、カーボン繊維に微振動を吸収するバイオファイバーを重ねる新技術によって乗り心地も向上させた。フレームセットは標準価格269,000円に抑える。完成車はスラム・レッドのフルコンポーネントで重量6.9kg、699,000円。

 プロ仕様ではこのほか、従来からラインアップされているエアロロードタイプの「REACTO(リアクト)」シリーズで、新たに電動コンポ対応の909-Eが登場。シマノ新型デュラエースDi2コンポを搭載した完成車は105万円となる。

 ミドルグレードでは、カーボンフレームに電動コンポのシマノ・アルテグラDi2を搭載した「SCULTURA EVO 905-E」が完成車で299,900円。エントリーグレードでは、カーボンフレームにシマノ・ティアグラを搭載した「SCULTURA EVO 901」が149,000円と、いずれも戦略的な価格で展開する。

MTBは今年も世界選で活躍

MTB26インチのハイエンド「NINETY-NINE CARBON TEAM」MTB26インチのハイエンド「NINETY-NINE CARBON TEAM」

 MTB界では、今年の世界選手権(8月31日~9月9日)でもメリダ勢が活躍した。XCO(クロスカントリーオリンピック)女子エリートではガン・リタ・ダール(ノルウェー)が銀メダルを獲得。生きる伝説となって走り続ける彼女は、5度目のXCO制覇こそ成らなかったが、自身とメリダの高い能力を改めて示した。男子ではXCE(クロスカントリーエリミネーター)でラルフ・ネフが金メダルを獲得した。

・MTB世界選(1) ミナーが2度目のDH世界王者に輝く 清水一輝は70位、末政実緒は20位
・MTB世界選(2) 今季絶好調のシューターが世界王者を獲得 山本幸平は29位完走、片山梨絵36位

 世界トップクラスのMTBレースを支えてきたメリダは、2013年モデルでも幅広いタイプのマシンを展開。26インチ・フルサスの「NINETY-NINE CARBON TEAM」は、ドライブトレインにSRAM XXを採用するなどチームモデルと同じパーツアッセンブルの完成車で799,000円。人気の29erハードテイルのハイエンドモデル「BIG.NINE Carbon TEAM」は、フレームを前年比で100g軽量化した。完成車で699,000円。

女性向けやキッズバイクも充実

若いデザイナーがフレームを描いた「CROSSWAY BREEZE TFS 200-MD JULIET」若いデザイナーがフレームを描いた「CROSSWAY BREEZE TFS 200-MD JULIET」
メリダもついに日本国内でキッズバイクに参入メリダもついに日本国内でキッズバイクに参入

 従来から女性向けモデル「JULIET」(ジュリエット)シリーズを豊富に展開してきたメリダ。2013年モデルでは、シティユースに似合うクロスバイクに、ユニークな千鳥格子柄や、個性的な水玉柄をとりいれた。前サスペンション仕様の「CROSSWAY U-TRAIL TFS300-MD JULIET」は59,900円、スチールフォークの「CROSSWAY BREEZE TFS200-MD JULIET」は53,900円で、いずれも前後ディスクブレーキ搭載の本格派だ。

 女性向けロードバイクでは、カーボンフレームにシマノ・ティアグラの変速機を搭載した「SCULTURA EVO 901 JULIET
」が149,900円、ホワイトのアルミフレームにダークシルバーとマゼンダピンクのアクセントがお洒落な「RIDE LITE 890 JULIET」もティアグラ搭載で99,000円と、手の届きやすい価格設定にした。

 また、2013年モデルから新にキッズバイクを展開。12インチから24インチまで5モデルで、幅広い年齢に対応していく。
ミヤタサイクル オフィシャルサイト

別室で展示されていたMIYATAブランドの高性能スティールバイク「Elevation Extreme」。完成車重量はわずか6.54kgメリダの展示会で、別室で特別展示されたMIYATAブランドの高性能スティールバイク「Elevation Extreme」。完成車重量はわずか6.54kg
チューブの内側にらせん状の溝を刻むミヤタ独自の加工技術「SSTB」チューブの内側にらせん状の溝を刻むミヤタ独自の加工技術「SSTB」

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

MTBレース クロスバイク ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載