スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<1>冒険心を掻き立てる荒野の一本道 自転車と馬で駆けたモニュメントバレー

  • 一覧

 小さい頃からの「世界一周をする」という夢を叶えるため、2009年の7月に自転車で世界へと漕ぎ出した昼間岳さん。それから2015年4月までの歳月をかけて、5万8000kmの旅のゴールを迎えました。Cyclistでは、昼間さんが自転車旅のなかで出会った風景や人々、そこで味わった感動を、美しい写真とともに連載でお伝えしていきます。

ナバホインディアンの聖地モニュメントバレーナバホインディアンの聖地モニュメントバレー

◇         ◇

【2009年11月下旬~12月上旬】アメリカ ユタ州、モニュメントバレー

映画「フォレストガンプ」に登場した荒野の一本道を行く映画「フォレストガンプ」に登場した荒野の一本道を行く

 映画「フォレストガンプ」で印象的なシーンに使われた荒野の一本道が、冒険心を掻き立てる。

 この地はナバホインディアンの聖地で、友人にナバホインディアンのレアリさんという方を紹介してもらい、彼らの伝統家屋である「ホーガン」という土壁の家に数日間滞在させてもらった。石炭で暖を取る室内は、柔らかい暖かさと優しい光に包まれる。

 自転車で自由にモニュメントバレーを走り、インディアンに乗馬の手ほどきを受けて荒野を走り回るという、ぜいたくを味わった。

レアリさん(左)に乗馬の手ほどきを受けるレアリさん(左)に乗馬の手ほどきを受ける
インディアンと荒野を駆ける夢のような時間インディアンと荒野を駆ける夢のような時間

文・写真 昼間岳

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載