スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

つれづれイタリア〜ノ<50>マルコ直伝!ジャージの着こなし方 色の黄金比を意識しておしゃれライダーになろう

  • 一覧

 約2年前の2013年5月10日にこのコラム「つれづれイタリア~ノ」が誕生し、今回で50回目を迎えました。いつも支えてくれる読者のみなさん、指導してくれる編集部のみなさんには感謝の気持ちしかありません。

 イタリアの自転車文化を日本に紹介することで、日本でも独自の自転車文化がもっと開花すればと願い、さまざまなテーマを扱ってきました。グルメやサイクルイベントのような軽いテーマから、自転車盗難やドーピングといった重いテーマまで。ただし、いつも注意を払うのが、好奇心と遊び心を忘れないことです。私の心に響くテーマでないと、お願いされても取り上げません。

 そして50回という節目に、イタリアと関係の深い、ファッションの話をします。

マルコ・ファヴァロさんのジャージコレクション。今回はモデルでもあるマルコさんがジャージの着こなし方を伝授しますマルコ・ファヴァロさんのジャージコレクション。今回はモデルでもあるマルコさんがジャージの着こなし方を伝授します

 ファッションといえば、つれづれイタリア~ノでは過去2回に渡り、プロチームのジャージを批評しました。

 私はサイクルウェア「ウエイブワン」のオリジナルブランド「カペルミュール」のモデルをしていて、普段もファッションを楽しんでいます。記念すべき今回は、私のサイクルウェアの着こなし方を伝授したいと思います。ぜひみなさんも参考にして、おしゃれを楽しんでください。

母からの教えは「色を減らす」

 イタリア人も、生まれもっておしゃれなわけではありません。イタリアへ行ったことのある人ならよくわかると思いますが、イタリア人全員がファッションに精通しているかというとそうでもない。とはいえ他のヨーロッパの国と比べても、イタリアはたしかにおしゃれな人が多いです。その秘密は家庭の教育にあります。

 子どもたちは小さい頃から、着こなし方の基本を母に学びます。靴の履き方や磨き方、服の選び方、色の組み合わせ方など――私もそうでした。そして、母から一番大切な教えを学びます。「色を足す」のではなく「色を減らす」ということです。

マルコさんの親戚のみなさん。注目はシンプルなファッションマルコさんの親戚のみなさん。注目はシンプルなファッション

 この写真を見てください。昨年、イタリアの実家の庭で撮ったものです。たまたま90歳のおばあさんが遊びにきて、親戚も集まりました。みんな一般人で、撮影のために特別な服を着ているわけではありません。このシンプルなファッションスタイルに注目してほしいです。

 どの人の洋服も、基礎的な2つのカラーからなっています。アクセントとしてデコレーションやアクセサリーがあるだけで、どれをとってもバランスがいいです。つまり、この着こなしのように、かっこいいサイクリングスタイルを目指すなら色を減らすことです。

カラーバランスの術

 サイクルウェアはスポーツウェアの一つですので、大胆なデザインや派手なカラーのものが多い。一つ一つはかっこいいですが、主張の強いウェアを組み合わせると、痛い結果になります。

 まず、究極にダメな例を見てみましょう。

まとまりがない組み合わせ(撮影協力:ウエイブワン)まとまりがない組み合わせ(撮影協力:ウエイブワン)
ごちゃごちゃしています(撮影協力:ウエイブワン)

 ウェアはすべてウエイブワン製ですが、異なる色を取り入れたので、まとまりがありません。

 この写真、まさに一つ一つはいいウェアですが、合わせてしまうとごちゃごちゃ感が半端ではなく、明らかに違和感を覚えます。具体的に何がだめでしょうか。

 色には、面積のバランスが重要です。黄金比と言われているのが、7:2:1のバランス。ベースカラーが7、テーマカラーが2、アクセントカラーが1という割合です。

 さて、これを参考にして先ほどの組み合わせから色を減らしてみましょう。

ごちゃごちゃしていたので、色を減らしました(撮影協力:ウエイブワン)ごちゃごちゃしていたので、色を減らしました(撮影協力:ウエイブワン)
よくなったけれど、もう少しバランスをよくしましょう(撮影協力:ウエイブワン)

 まずヘルメット、ソックス、ゴーグルを入れ替えてみました。

 もう少しがんばってみましょう。ジャージを変えてみました。

ジャージをパンツやシューズと一体感のあるカラーに(撮影協力:ウエイブワン)ジャージをパンツやシューズと一体感のあるカラーに。これでバッチリ!(撮影協力:ウエイブワン)
これでバッチリ!(撮影協力:ウエイブワン)

 だんだん色を減らすことによって、ジャージがおしゃれになっていきました。やはりおしゃれの秘訣は、色を減らすことです。

マルコさんのジャージコレクションを公開

 私自身、日常的にジャージを着るので、多くのジャージを持っています。ごく一部ですが、公開します。

マルコさんのジャージコレクション20枚。これ以外にもありますマルコさんのジャージコレクション20枚。これ以外にもあります
ヘルメットは全部で14個持っていますヘルメットは全部で14個持っています
シューズは6足を使い分けシューズは6足を使い分け

 ご覧の通り、暗い色から明るい色までほぼ全色そろっています。個人的には明るい色が好きです。元気が出るだけでなく、車から見やすく事故防止の効果があります。

 しかし「ヘルメットを10個も買うお金はない!」「シューズが5~6足なんてありえない!」と思う人がほとんどでしょう。

 もちろん、たくさんのジャージやヘルメットを持つことは、それだけさまざまなおしゃれができることを意味します。とはいえ、うまくおしゃれをするには、適当にジャージを買いあさるのではなく、よく考えてから買うべきなのです。

 簡単におしゃれするためのルールは、「上下セットのジャージを買う」「好きなカラーを中心に買う」というパターンと「ベースカラーのジャージを買う」というパターンがあります。先ほどの黄金比で「7」にあたるベースカラーに主張の弱い色を選べば、着回しが効きます。着回しのしやすいカラーは、次の通り。

【白・黒】 何でも似合うカラー
【赤】 黒、グレー、白とベストな組み合わせ
【青】 黄色、オレンジ、白、グリーン、ピンク。色で攻めたい時に買うべきカラー

 例えば、ブルーと黄色を組み合わせてみましょう。ブルーのパンツを中心に、ジャージ、グローブ、ヘルメット、サングラスを黄色にしました。あえて難しい黄色を「7」にしてみましたが、いかがでしょうか?異なるウェアブランドの組み合わせですが、結果は鮮やかで気持ちがいいものです。

基本アイテムのブルーのパンツに、イエローを組み合わせました(撮影協力:ウエイブワン)基本アイテムのブルーのパンツに、イエローを組み合わせました(撮影協力:ウエイブワン)
相性のいいカラーで、鮮やかな仕上がり(撮影協力:ウエイブワン)

 色の黄金比を考慮すれば、異なるブランドでもかっこういい着回しができます。その配置も大事です。今まで試してみた中で理想的な着回しは次の2パターン。

【ベストパターン】

 パンツを中心にして、ジャージ、グローブ、ヘルメット、ソックスを1色にまとめて強調。

【セカンドパターン】

 パンツとヘルメットで1色。ジャージとソックス、グローブで1色。この組み合わせでも、きれいにバランスが取れます。

初めての買い物はシンプルにカラーを統一

 初めて自転車やジャージを買う時に、ジャージなどの種類の多さに迷う人がいます。ヘルメットとシューズは絶対に買うべきものですので、まずは組み合わせのしやすい色にしましょう。シューズが白なら、ヘルメットも白。シューズが黒なら、ヘルメットも黒。その次に買うべき物は、パッド付きのパンツとグローブ。これもシューズとヘルメットの色に合わせましょう。最後はジャージ。ここで思い切って、好きな色を楽しみましょう。

 コツをつかめば、色の配置と組み合わせを変えるだけで、失敗せずに無限の可能性が広がります。

カペルミュールのウェアを中心にした、シックな着こなし(撮影協力:ウエイブワン)カペルミュールのウェアを中心にした、シックな着こなし(撮影協力:ウエイブワン)
白、黒、グレーは着回ししやすい(撮影協力:ウエイブワン)

 これは、カペルミュールを中心としたコーディネートです。白、黒、グレーですが、シックな感じで、好きです。異なるシリーズでも着回しが効きます

 さて、今回はとてもわかりやすいジャージの選び方を書きましたが、もしこのコラムが100回まで続けば、上級者向けの絶妙なおしゃれ術を教えます。もともとこのコラムは、以前に連載していたイタリア語講座「きょうの自転車イタリア語」の補助的なコーナーとして誕生し、自転車イタリア語の終了後も単独で続くことになりました。つれづれイタリア~ノが100回続くように、まずは自分自身ががんばらなければいけませんね。だいぶ先になりますが、気長にお待ちください。

文 マルコ・ファヴァロ

マルコ・ファヴァロMarco FAVARO(マルコ・ファヴァロ)

イタリア語講師。イタリア外務省のサポートの下、イタリアの言語や文化を世界に普及するダンテ・アリギエーリ協会で、自転車にまつわるイタリア語講座「In Bici」(インビーチ)を担当する。サイクルジャージブランド「カペルミュール」のモデルや、Jスポーツへ「ジロ・デ・イタリア」の情報提供なども行なう。東京都在住。ブログ「チクリスタ・イン・ジャッポーネ

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

つれづれイタリア~ノ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載