スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

栗村修の“輪”生相談<48>19歳男性「トレーニングの質とは、具体的に何なのでしょうか?」

  • 一覧

 
 19歳の大学生ローディです。私の脚質はスプリンターかパンチャーです。

 筋力トレーニングは全部自重で出来るものばかりです。具体的には脚力トレーニングにフロントランジ(最低でも左右計100回以上を2セット)、体幹トレーニングには…(略)。心肺機能のトレーニングは基本的に実走で行っていて、平坦路で理論値の最高心拍×90%くらいで…(略)。

 輪生相談でも何度かお見受けしましたが、トレーニングは量だけでなく質といわれます。トレーニング本やネットの指南などでも、質の重要性について説かれている記事が多いのは印象に残っています。
  
 その質についてなんですが、具体的に質とは何なのでしょうか? 強くなるためのトレーニングとは本来、どの程度の強度でやるのが適当なんでしょうか? 毎回毎回ヘロヘロになるまでやるのが良いのか、それとも少し筋肉に刺激、痛みが残る程度が良いのか。ご教授お願いします。

(19歳男性)

 超・長文のご質問ありがとうございます。スペースの都合上恐縮ながら割愛させていただきましたが、非常に熱心な方とお見受けします。また、ご質問も非常に重要なので、その意味でもありがたいですね。

 僕は、著書や監修したムックで、なんどもトレーニングは質が大事なのだと強調してきました。そのことについてのご質問です。僕も負けずに、長文になりますがお答えします。

 質の対義語は「量」です。トレーニングについては、量に基づく「形」と言ってもいいでしょう。あるいは目的(レース)に対する手段とも言えます。たとえば「FTPの95%・ケイデンス90回転で10分走」というメニューの形があったとして、FTPとか95%とか90回転とかは全部量ですよね。質じゃありません。ここには質に関する表現は皆無です。

 一方で「質」というのは、綺麗なフォームで速く走るとか、アドレナリンが出た状態でレースのような走りができた、とかいうことです。より、レースという目的に近いのです。

 質問者さんは、(割愛させてもらいましたが)数字をたくさん使い、理論的に、具体的なトレーニングメニューを作られていることからもわかるように、形がお好きなタイプなのだと思います。僕のいう、規律を愛する「犬型」タイプですね。感性で生きる「猫型」ではないようです。犬型の常としてパソコンもお使いだと思いますが、ソフトでいうならば、エクセルの表を使ってきっちりと、トレーニング管理をする印象があります。

 しかしですね、トレーニングの質は、縦横の罫線でガチガチに固められたエクセルよりも、パワーポイントやイラストレーターで表現するものなんです。究極的には、白い紙と鉛筆でしょうか。なぜなら、質は型にはめられないものだからです。トレーニングとは本来、何もないフリースペースに感性に基づき、フリーハンドで絵を描く行為だからです。

 これじゃなんのことだかわかりませんね。では、会社での仕事に例えてみましょうか。

 仕事の量(≒形≒手段)と言うのは、10時間働いたとか、企画書を10枚書いたとか、キーボードを10万回打ったとかいう話です。これはエクセルに書けますよね。より科学的に精緻を極めたいなら、9時〜12時にキーボードを36723回打って企画書を4枚書いた、とか、いくらでも細かくできます。

 が、それはどこまで行っても形であり、手段でしかありません。目的じゃないんです。ここでの目的は、いうまでもなくいい企画書を書く事です。あるいは、その企画を実現することですよね。

 ただし、普通はいい企画書を書くためには時間がかかるし、いっぱいキーボードを打たなければいけない場合が多い。だから時間などの量を指標にしているわけですね。しかし量(≒形≒手段)は指標でしかありませんから、そこにとらわれてしまっては本末転倒です。

 極論を言えば、3分で書いた企画書でもいいんです。クライアントに絶賛されて、実現すれば。なぜなら、それが目的だからです。胸を張って「今日は18時間も企画書を書きました!」と言っても、その内容がイマイチじゃ、ダメですよね。「ずっと企画書を書いていたせいで、腱鞘炎気味なんですよ」と自慢されても困りますよね。手段についての指標に、本来は価値はないからです。

 話をトレーニングに戻します。「最大心拍数の90%で10分走」とか「FTPの120%で3分走」とかいうのは、会社に何時間滞在した、キーボードを何万回打ったというのと同じ話です。ご質問に「ヘロヘロになるまでやる」とありますが、それは「腱鞘炎になる」「目がしょぼしょぼする」というのと同じ話です。目的じゃないんです。手段であり、指標なのです。もちろん指標は大事ですから、質問者さんの努力は立派だと思います。しかしトレーニングの目的は、楽に速く走ることですよね。レースで勝つことですよね。

 手段のために走るのは、ナンセンスです。目的を忘れて、手段や指標を追求してしまうと、人は逆立ちしてしまいます。「徹夜して企画書を仕上げたぜ」「300wで一時間も走れたよ」と自慢する人がいたとしましょう。しかし企画書は(質が同じなら)短時間で仕上げたほうがいいですし、レース時のワットは(成績が同じなら)低ければ低いほうがいいに決まっています。それを忘れてしまうのです。

 質は、数値などの量に落とし込めません。300wで10分走る、という量は数値化できます。しかしその時モチベーションはどうなっているのか。フォームは美しいか。苦しまず、気持ちよく走れているか…という質は、数字にはなりません。

 トレーニングというのは、真っ白なキャンバスに、感性に基づいてあなたというレーサーを描き上げる行為です。その絵の美しさが、質です。

 念のため申し上げますが、僕は指標を否定するものではありません。強くなるための手段は、トレーニングには欠かせないはずです。上の例えに乗っ取るなら、絵の具に何を使うとか、絵を描くのに何時間掛かったということを分析する必要は絶対にあるはずです。

 でもそれは手段なんですよ。もっと本番に近いものが質です。逆立ちには気を付けたほうがよいかもしれません。

(編集 佐藤喬・写真 砂田弓弦)

回答者 栗村修(くりむら おさむ)

 一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役、ツアー・オブ・ジャパン 大会副ディレクター、スポーツ専門TV局 J SPORTS サイクルロードレース解説者。選手時代はポーランドのチームと契約するなど国内外で活躍。引退後はTV解説者として、ユニークな語り口でサイクルロードレースの魅力を多くの人に伝え続けている。著書に『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』『栗村修の100倍楽しむ! サイクルロードレース観戦術』(いずれも洋泉社)など。

※栗村さんにあなたの自転車に関する悩みを相談してみませんか?
 ml.sd-cyclist-info@sankei.co.jpまでお寄せください。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

栗村修の“輪”生相談

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載