スマートフォン版はこちら

サイクリスト

都内7エリア、総延長約200km 五輪会場や観光地…専用レーンなどです~いすい 東京都が「自転車推奨ルート」発表

  • 一覧
「自転車推奨ルート」を整備する7エリアの1つ、皇居エリア(東京都の発表資料より作成)「自転車推奨ルート」を整備する7エリアの1つ、皇居エリア(東京都の発表資料より作成)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、環境に優しい自転車での観光が安全にできるようにするため、東京都は4月17日、皇居や新国立競技場周辺など7エリアに整備する「自転車推奨ルート」を発表した。総延長約200kmで、五輪までに車道沿いに専用レーンなどを整備する。

 都はこれまでも、幹線道路を中心に、歩道上や車道脇に専用レーンの設置を進めてきたが、ルートが途中で分断されるなど細切れになっていた。推奨ルートはこれらがつながるように整備し、外国人も含め、五輪施設や観光地を円滑に移動できるようにする。

道路の左側端に整備された自転車ナビライン =東京都港区(写真・小林健一)道路の左側端に整備された自転車ナビライン =東京都港区(写真・小林健一)

 整備エリアは、五輪施設の集まる新国立競技場▽臨海部▽葛西臨海公園▽大井埠頭(ふとう)▽武蔵野の森周辺―のほか、観光客の多い皇居周辺と浅草・東京スカイツリー周辺の7つに設定。専用レーンや、自転車が頻繁に走る「自転車ナビライン」などを整備して、観光地などを結ぶ。

 推奨ルートのうち、約50kmはすでに整備されている部分を活用。残る150km分を、区市向けに補助金を出すなどして、平成27~31年度に整備する。

 コースの設定にあたっては、千代田区などが取り組むレンタル自転車の貸し出し拠点なども考慮。遠方から来た人も、気軽に自転車に乗れるようにして、環境への負荷を減らす。

産経ニュースより)

「前進…でも中途半端」 自転車活用推進研究会・小林理事長が指摘

 東京都内の自転車通行ネットワーク整備を提唱してきたNPO法人自転車活用推進研究会の小林成基理事長はCyclistの取材に対し、都が発表した自転車推奨ルートについて「前進だ」と歓迎しつつ、「自転車にとって“世界一の都市”を目指すには、まだ中途半端」と指摘。推奨ルートの一部で自転車の歩道通行を認めている点に苦言を呈し、自転車専用レーンか車道を走るよう社会全体で移行していく必要性を訴えた。

「自転車活用推進研究会」の小林成基理事長「自転車活用推進研究会」の小林成基理事長

 小林理事長は東京の交通環境について「多様な移動手段があり、環状鉄道や地下鉄の便利さは世界の大都市の中でも群を抜いている」と賞賛する一方、自転車の利用環境については「整備が始まったばかり。自転車らしい速度で、ある程度長い距離を移動できる車道上の走行空間計画は、いまのところ細切れ状態だ」と分析する。今回の自転車推奨ルートについては「五輪・パラリンピックの関連施設がある区域だけでも自転車レーンをネットワーク的に整備しようという取り組みだ」と限定的に評価している。

 自転車の歩道通行については、「都内には視覚障がいを持つ人が3万7000人いるといわれているが、歩道上で白杖を自転車に折られる事故が絶えない」「子どもを乗せたママチャリは歩道のほうが安全と言う人がいるが、よちよち歩きの子どもの手を引いたお母さんのことを忘れている」と例を挙げて危険性を指摘する。

 その上で小林理事長は、東京で自転車も歩行者も安全に暮らすことができ、外国人の訪問客も自転車で快適に走れる街になるために、今回の推奨ルートが「大きな一歩になることを祈りたい」と語った。


■東京都の「自転車推奨ルート」7エリアの地図
 ※東京都ウェブサイトのPDFファイルが開きます
→皇居周辺地区
→新国立競技場周辺地区
→臨海部周辺地区
→葛西臨海公園周辺地区
→浅草・東京スカイツリー周辺地区
→大井ふ頭中央海浜公園周辺地区
→武蔵野の森周辺地区

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 自転車レーン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載